おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

着きました

2013年01月31日 | 日記・エッセイ・コラム

 朝6時半に家を出て、やってきました初九州(笑 学生の頃西日本大会で来るチャンスは有った。無かったのは棋力とお金(ウウゥ… 車1台で新潟→九州に行く(5人)だと、ウッキーの部内ランクだと微妙だったわけで…(北信越予選は7人チーム→西日本は5人。なぜ?) というわけで、2●年振りに九州に行くチャンスが来たので、これは乗るっきゃないと。(ありがとうアンヌさん)

 ウッキーより先に着いたsuwa師範は元気に小倉城まで歩いて観光。 ウッキーはさっそくお風呂と、年齢と逆の行動(苦笑) というわけで、ブログうpはウッキーから。

 丸天うどん美味しかったので、あとで写真うpします。(笑

p.s.料理だけでなく、料理人さんたちやお店の外観まで師範がキレイにUPされると思います。(笑 思わず「まだ撮るんすか?」と言ったのはナイショ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早めに

2013年01月30日 | 日記・エッセイ・コラム

 明日は朝早いので、今宵はこの辺で… (早すぎて寝られない 苦笑)

</object>
YouTube: グッド・ナイト・ベイビー ザ・キングトーンズ UPC‐0103

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日々進化の渦に巻き込まれ…(2)

2013年01月29日 | 中飛車

 土曜日のカンタ君との将棋から。 カンタ君は教室の中では、言葉遣いも丁寧で、マジメで大人しそうな印象で、ダイちゃんに近いかな?と。 筆箱の中身を見たとき、キッチリ揃えられた鉛筆と落書きや消しカスが全くないのに驚いた。(「ダンスイ」ではないw)

 棋風もそんな感じ。一応メインは角換わり棒銀+対振り急戦で、コツコツ向かっているのが良い。ゴキゲンに対して超速を教えた(というか、立ち上がりが▲2六歩△3四歩▲7六歩なので…横歩は合わない感じだし。)ら、積極的に仕掛けてきたきた。(▲6八銀~▲3八飛~▲3五歩は自力の指し手)その姿勢は良し。

 20130126_kanta25 穴熊じゃないのが良い。

 プロの相穴熊というのは並べてたんだけど、このシンプルな仕掛けはどうしたら良いのか、全然ワカンナイ(苦笑 ここまでの駒組みに問題は無いように思うのだけど… とりあえず、普通に銀交換から△5六歩と捌き、桂損ながら△5五角に期待したんだけど。

 20130126_kanta34 先に△5七歩成かしら?

 当然?▲4三竜△4二金?▲5二竜△同金寄▲6六角△1九角成▲1一角成…と進んで、スッキリしたところは振り飛車指せてるような気がする?のだけど、カンタ君の確実な攻めにポカをしてしまい(情けない…)、気がつけば必敗に(アウアウ

 20130126_kanta57 どうしてこうなった(涙目

 ここから指導者にあるまじきウソ手を連発して、ひっくり返ったものの、ここまで指せるようになったことに感心。 派手な大捌きをするタイプではなく、相手の最後の王手に投了してしまう(実は何でもなかったのだが…)するくらい、ウソのない正直な将棋なので、できればできるだけこのまま、真っ直ぐに強くなってほしいと、生温く見守ってる。(苦笑 だってウッキーとは正反対だもんw)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日々進化の渦に巻き込まれ…(1)

2013年01月28日 | 四間飛車

 某所のテーマが鷺宮ということらしいので、ちょこっとだけ。 居飛穴と並んで大学時代散々な目に合わせてくれた二大戦法の一つ。何度「棒銀とか位取りなら負けないのに…(ギリ)」っと思ったことか。(いや、別に他の戦法でも負けてますけどねw)

 登場初期から、四間飛車側はカナーリ長いこと試行錯誤しつつ、その間しっかり負かされ続けてきたのだけど…

 1984011330 1984/1/14棋聖戦第3局

 △3二銀型のまま、▲3八飛に△4五歩から角交換して、▲3三角成を△同桂で取って… という、当時はトッププロがこう指してるので、こうなるんだろうな…と思ってた(そして良く負けたw)のだけど、今の目で見ると、「こんなんで戦ってたのか…」と唖然とする。

 プロもアマも、相当以上に痛い目にあってから、1)△6四角を残すために△6四歩は突かない方がよい。2)△1二香とする手が非常に大きい 3)1と2の形であれば△4三銀として居飛車の攻めを止めることができる。

 2013012942 ▲2六飛に△4二角が好手順…

 …ということが分かるまで4~5年かかっただろうか? しかし、ここに至るまで、どれほど苦汁を飲まされたことか。(涙

 2013012952 目一杯でウマーな図

 これでも、ちょっとした違い(▲6九金のまま仕掛ける)とか、△6四歩と突けい!とばかりに▲1八香とか(ウッキーの実戦で▲1八香△1四歩▲1六歩△1三香▲1七香!△9二香?!▲9八香!?…と狂ったような手順になったことが…)で、全然違ってくるのがコワイ… (▲3九飛とか▲6六歩とかの新鷺宮?はウッキーが勤め始めてからなので良くワカンナイ…)

 そうこうしてるうちに、やはり「穴熊が勝ちやすい」ということで、全く現れなくなってしまった「消えた戦法」の一つになってしまったのが、なんというか寂しい感じ。(てんてーのせいでもあるのだけど。あの人の序盤の研究はスゴイ…) 棒銀とか▲4五歩早掛けはポツポツ出るかもしれないけど。『藤井以後』の振り飛車はホント別物だわ…

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手抜かり

2013年01月27日 | 日記・エッセイ・コラム

 二十四日市の日はこんな感じで暖かった()のだが、天気予報を見れば週末から火曜くらいまで、とんでもない寒波が来ると。

 賢明なウッキーは、1週間は買い物に出なくても良いように、肉・野菜・魚などを買い込み、あるものは冷凍に、あるものは塩漬けに…と、献立にも留意して。「よし来い寒波!」作戦準備完了wwとニヤニヤしていたのだが…

 オカン「…米が無いのよ。もう1回分も…」

Anago

 今日、ちょっと晴れててホントに良かった。(でも、昨日夜の支部の前に買いに走ったのはナイショw) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加