おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

第13回バローこども将棋まつり

2012年03月25日 | 大会結果

 なんとか、今回も無事(?)盛会のうちに終わることができて一安心。 なんといっても教室の父兄の力に寄るところが大きい… どれだけ感謝の言葉を重ねても足りないくらいです。 

 これまでの会場準備や大会の運営だけでなく、今回より、こちらで放送や司会進行も行うことになり、機材の確保やアナウンスなど、今まで以上に色々と動いていただき、大変さも倍になったような感じで… 本当にありがとうございました。 

 今回、若干少なめな参加者(32名)ではあったものの、そのような感じがしなかったのは、中学生の参加者が多かった(瀬戸からの団体さん?)~体が大きいので会場が狭く見えた?~のと、なにより小さな子どもさんがたくさん来てくれたから。

 参加者の将棋も熱戦が多く、また「どうぶつしょうぎ」を楽しむ子たち、まだまだ将棋のルールが怪しい?(チノさん、ユウト君、ミユウさん)会員へのお父さん(リュウパパさん、リョウパパさん)たちの指導を見ていると、とても嬉しい気持ちになりました。(ウッキー自身は相変わらずパタパタしてましたが)

 中田先生も、物静かな方ではありますが、本当に本当に(大切なことなので2回いいます)お優しい先生で、色紙もたくさん書いてもらった上に、ご自身で詰め将棋の本や他の棋士の扇子をたくさん買って持ってきて頂くという…

 あと課題というか反省点というかは、皆全て私の手抜かり(「わたしって、ほんとバカ」)でありました。 次回、無事にまた開催できるよう最善をつくしていきますので、何卒至らなかった点はご容赦の程を。

 参加者の皆さん、遠方から来られたご父兄、スタッフの皆さんに、心より感謝申し上げます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バタバタバタバタ

2012年03月23日 | 日記・エッセイ・コラム

 こんだけ日にちが詰まってから、奨励免状の件や、名簿の件や、取材申し込みとか、教室への問い合わせ(年配のご婦人?から)とか、出場キャンセルも2件。

 ついでになぜか、勉強を教えにいってる所で、カレーを作りいの、景品を配りいのしてる私… 手違いで会食場所が隣の部屋と知らされたときには、思わず「うぉい!」と叫んでしまったわけで。 (それでも、電話口では、隣でオカンが「気持ち悪い…」と言うくらいとってもソフト。 笑)

 3手詰め・5手詰めはチョイスして解答用紙も作成完了。 あとは… 明日にしよう、ホントに。

  20120323 景品の数を間違えてジャンケン大会… スミマセン、ご厚意で買ってもらったお菓子詰め合わせをorz

 p.s. 安西先生、手がカレー臭いです(涙

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テンパってマス

2012年03月22日 | 日記・エッセイ・コラム

え~っと、県外からの申し込みが6件。 ところが肝心な高山市内の申し込みが、リュウ君とダイ君という身内のみ?!

 どうなるんでしょう…?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何度もリトライ

2012年03月21日 | 日記・エッセイ・コラム

 昨日(20日)、尼崎から帰ってきて、「とりあえず、細かいことは明日~」という内容で書き込んだはずなのに、朝(4:30ごろ)見るとナイ。

 それで、しぶしぶもう一度書いてUPした…ら、また上がってない。

 やけくそで、とりあえずタイトル未記入・内容無しで、21日分のを書く予定が、バタバタしてました。 …なんでUPできんかったんかなぁ。

 

</object>
YouTube: Legend Of The Galactic Heroes Ending 2

故人を偲んで… いや、前エントリ(歓送の歌~第3シリーズED)をUPした時は「昔よく見てたなぁ…」という感じだったんだけど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

So Long!

2012年03月18日 | 将棋(その他)

今日の教室はパンパン… 級位順に言うと、コータ君、久々のユーキッチ君、ユーゴ君、これまた久々のリン君、ヒロ君、アオ君、リンタロウ君、カンタ君、ユート君、ユーシ君、そして仮入会?のミウさん(ソウ君妹)。

 大人の部では京都からK西さん、大学進学の決まったムサシ兄さん、仕事に行かれる寸前までのリュウパパさんに来てもらって、小1からアラフィフ(suwa師範まで)、幅広い年齢層。

 さらに途中からチノさん、終わりまで1時間切るくらいにイツキ君(昨日「サッカーでしばらく来られないので特別に教えて下さいって、マンツーしたのにw)まで来て、…と、今日は最近メインに使っている3階教室ルームではなく、クリスマス会以来の4階中会議室だったけれど、それが一杯な感じ。

 (最後の方は、コータ君の弟妹、リン君・チノさんの弟さんたちも来たから、ふと見渡すと、オオ!っとびっくりw)

 駒の動かし方から始めているミウさんが退屈しないように、10枚落ちとかしてるけれど、同じく1年生のユーシ君も手が離せないし、ユート君も他の子と対局できるレベルにないので、この3人をなんとかする。

 となると、残りの中級組(ヒロ君・リン君・アオ君、リンタロウ君・カンタ君)、勘を取り戻したいユーキッチ君やユーゴ君(←もう上級・上級生の部に)まで手も目も届かない…(ゴメン) リュウパパさんに相手をしてもらっていたが、回転が速かったので(ちゃんと考えて指してたのか)チョット不安。

 この3月で、リン君が愛知県に引っ越し、ムサシ君も中国地方の大学に行かれるということで、記念?に皆で写真を撮る。 このように教室卒業?という形で生徒さんを送るというのも、考えてみれば初めて。 やっぱり、来られなくなるときはどんな理由であれ、顔を合わせてお別れしたいモノ。 そういう意味では今日は悲しい・寂しい<<<温かい気持ちで見送ることができた。 

 これから、進学やスポーツなどで教室から離れていく子たちも増えてくると思うのだけれど、『離れていく』のではなくて『巣立っていく』という感じに。指導する側も何か『将棋教室に通って良かった』と言えるものを持たせて、『卒業』させていきたいと考えてたりする。

 

 

</object>
YouTube: 小椋佳 歓送の歌

コメント
この記事をはてなブックマークに追加