おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

指導計画っぽく書くとこんな感じ(1)

2017年09月20日 | 将棋教室

 1.単元名 将棋を楽しもう(全9時間)

 2.単元のねらい 1)日本の伝統文化である将棋に触れ、親しむことができる。

          2)対局を通して礼節や、対戦相手への敬意を持つことを学ぶ。

 3.指導過程

 1)ルールを学ぶ・・・1時間 八種類の駒の動きと「成る」「取る」「禁じ手」を学ぶ。

 2)ゲームの流れを知る。・・・1時間 青空将棋(注)を通して、「相手の駒を取りながら、最終的に相手の王を取った方が勝ち」ということをつかむ。

 また、対局前後の挨拶(「お願いします。」「負けました。」「ありがとうございました。」)を必ず行う。

    

 3)10枚落ちの指し方を学ぶ。・・・1時間 ①「龍」と「馬」を作ることが大きな戦力アップになることを学ぶ。

  ②龍と馬を使って相手の王を「寄せる」ことを練習する。 (「玉はせまい方へ」「玉は包むように」)

 4)8枚落ちで棒銀の指し方を学ぶ・・・3時間

  飛車1:金1では破れない。

 ①攻め手と受け手が同じ数の場合は破れない⇒「数の攻め」を覚える。

 ②2対1(または3対2、4対3…)にするにはどうしたら良いのか考える。

  

 2:1なら破れるが、自陣の香車や桂馬が2筋を破る位置には来ない⇒棒銀へ。

 ③寄せの基本「王の側の金をハガす」ことを学び、「数の攻め」や「玉は包むように」という言葉を思い出しながら、玉を詰ます練習を重ねる。

 龍・馬・成銀の3枚の攻め+成銀を金と換える 

 4.平手戦に棒銀を応用する。・・・2時間 …図略(w)

 5.単元の振り返り・・・1時間 学んだことをまとめ、これからの取り組みを考える。

……風邪引いて微熱があるので、テキトーなエントリになってしまいました(汗 青空将棋の金と桂馬を抜くのと、棒銀の導入で、ハシの桂香を使うのは勝又先生からの受け売りです。m(_ _)m 詳細やその2はまた気が向いたところで。 (指導略案だねコレ。教委に見せるとリテイク喰らうの必至だわw)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「わからない」ということが... | トップ | 今日の教室 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

将棋教室」カテゴリの最新記事