おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

何であれ名前が残るのはいいこと…なのかしらん。

2017年03月07日 | 三間飛車

 ユーシ君と師範の下敷きは先手石田流でシンプルに6五歩から仕掛ける将棋。 このとき後手の飛車は8四なのか9二なのかというのはある。 ウッキーも若い頃9二飛ー8八角ー8二飛ー9七角の千日手になった記憶が…

 一応プロの決定版というのは9二飛から6五歩の仕掛けに同歩同銀のあと6二飛と回るもの

   

 2004年の将棋という…

 ここから先手は7四歩同銀に6四歩と押さえたのだけど、強く7七角成同飛6五銀と二枚替え

    

 将棋世界の3月号では「駒得が大きく居飛車指しやすい」って本人のコメントがあったのだけれど、ここからユーシ&ウッキーで指し継いでも結構大変に。 実戦の7五飛と浮いて7四銀に同飛と切っていったのは、どう見ても切れ筋だと思うんだけどなー。

    

 7四同飛以下同歩に4一銀1五歩5二銀成同飛6三歩成9二飛5三と1六歩1八歩の進行はハシを詰められたのが厳しすぎるような。

 …対戦相手の中尾五段って、この将棋で名前を見ることが多いけれど、逆に言うと「この将棋だけ」取り上げられてるような… フリークラスも宣言組でなくて、陥落者なので10年しかいられないわけで2007年度陥落ということは… 熊坂五段(2004年)のようにネタになったり最後輝いたり、藤倉五段(2009年度)のように本とか出してたり、解説の仕事が多かったり、と言うことはナイ方なので、正直who? でも、こうやって石田流の歴史の中では切られ役?として名前が残る… どうなんでしょうね…


 オカンを藤原において高山に帰ってきた時に、念願の一人焼き肉w 「うおォン…」やったぜww

  

  牛タン

  カルビ

  ロース

  冷麺

 食べすぎて苦しくなったのが歳のせいか悲しい…

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どやしつけたいくらいではあ... | トップ | 今日は会合があるので予約投... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。