おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

段級の認定について…

2017年11月23日 | 将棋教室

 ボチボチ進学の書類を学校に書いてもらう時期(三者懇談とかありますわね…)になるので、そこに将棋の段や級を載せたい、との要望もチラホラ。

 書道や英検とかと同じように、ちょっとでも見栄えのする段級をあげよう…と思うのだけど、一応三級くらいが知らない人にも「おおっ?!」と思われるラインでせうか? 何はともあれ、背筋伸ばして、手つき良く、真剣な表情で指してれば、一見有段者ふうに見える?! 実力がバレそうになったら長考して、「時間になったので帰ります!」良い(って井上ひさしが言っておったw)

 まぁ、認定ってアバウトだがら…(震え声 『県代表で三段』という厳しいところもあれば、教室に通っているうちに初段の認定(連盟の教室ってどんな感じでしょう?)をプロから頂けるというのもあるわけで。 

 子供のころ、読んでた本だと、二上センセは下図で「ここで黙って▲5九飛と引けたら初段」

  昔懐かしツノ銀中飛車

 ひふみんは「(下)図までの指し手の意味が分かって、スラスラここまで指せたら四級」

  「△5四歩は五筋位取りへの警戒」…

 ということを踏まえて、マサヤ君に矢倉新24手組みの復習⇒テストOK、ということで三級の認定を。 たぶん彼は真面目で頭の良い子だから、ウッキーの言いつけを守って、棋力を秘密のベールに包んだまま居てくれるに違いないw 

  豆腐は畑のお肉…w

 浦野センセの『初段になるための勉強法』って、中高生で将棋教室から離れる子に餞別としてあげて良いくらいの本だなぁ。 (でも戦法はどうだろ? ノーマル系振り飛車や矢倉は初心者~の戦法ではないような…) また『初段』のラインについてどっかにまとめておこう…

ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結局堂々巡りか…w(3) | トップ | 鬼が笑うが… »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
天野氏基準 (北國の将棋父)
2017-11-25 09:23:56
将棋の段級って進学書類とかに書くものなんですねえ。
当方団塊jr世代で高校も大学も入試1発点数のみ(高校は定員ボーダー上で同点の場合のみ内申点?というシステムの学校)だったので。書道やら珠算は履歴書とかに書いてもいい最低ラインくらいのものはありましたが、それを期待されても困る(笑)ので何かに書いたことはなかったですねえ。

名目段級はおいておいて、
段級はうちの息子で考えても関東有名道場での五段(たまにしか行けないから、大御所の判断)から、某有名教室での2,3級(全国大会上位からが初段かな)までですね。
某有名道場では常連の多い現役奨励会員の級位者は四段、有段者は五段で、息子らは席主判断で三段にしてもらえるというシステム。奨励会員らに平手で教えてもらえるようにというザックリしたものです。まあ、それぞれの場でお客の層に合わせてのシステムが良いサービスだからこうなるんでしょう。(大会エントリーの際に混乱の元にはなるんでしょうけど)

今うちにとっての道場といえば栄道場ですが、研修会員(のみ?)は昇段の1局は原則、アマ界のレジェンド天野七段戦というのが暗黙?のルールです。初段になるには二枚落ちで勝つ必要が有りますが、これが中々大変な様です。他の連盟道場より栄は一段分以上は厳しいと思いますがその理由かなと。
それにしても天野氏はそんなストッパー、激辛駒落ち指導役しかしないのに、勝率は優に9割を超えているし、席料も都度払っておられる様でなんというか本当に凄い人だなあと思います。アマ大会にはもうあまり参加しておられないようですが、その分東海の普及の底硬さに貢献されているなあと。

すいません話が流れました(笑)。
なんというぐう聖 (ウッキー)
2017-11-25 14:05:35
コメントありがとうございますm(_ _)m
>進学欄 
 上の学校は特に見ないと思います(たぶん…) ただ真っ白という子も中には居るんです。(1/100位?で)
 部活・コンクール、英検・漢検…学校にフツーに来てるのに掠らないケースもある(そういう子に限って成績の方も…涙) ので
 書く方としては何か一行でもあった方が(溜息)という事もありますね。
 
 棋力・段級位って本当に各県・各道場の隔たりが大きいというか…正式な認定じゃ無くて「何段『格』」というのも多いのもミソですし。
(五段は盛り杉?とは思いますが、2~3級ってのは激辛すぎ?と思います?)
バロー将棋まつりでは、プロに二枚落ち以上(一応昔の基準で初段の目安?)を希望する人は一番上のクラスに行ってもらってます。そっちの方が段級位よりいいかな?とは思いますが…
 
 栄の初段ってそんなに厳しい(まぁ研修会以上でしょうけど)ですか…(震え声
たぶん私もご本人(1~2年上?ですけどスターでしたもんw)を前にするとカチコチでダメでしょうねw
 それで席料自分持ちとか…聖人にも程が有るというか、謝金とは別に指導員の更新料もらえませんか~?って言ってる自分は穴に入りたいですorz
相応しい場所 (北國の将棋父)
2017-11-25 18:03:14
棋力の記入はそういうものなんですね。興味のあるものとして手がかりとしては良いかもしれませんね。うちの子もそうですが、学校では将棋の話は自分からはしない子も多いみたいですが。

研修会に入ってしまえばそこが全てで、他の格付けやレートはあまり意味は無いかも。仮に、他では強くても研修会では。。。というのはむしろ悔しいネタかもしれません。一瞬一瞬の喜びとしては記録の残る大会での結果が大きいのだろうと思いますが。

ウッキー先生も普及には充分御尽力と思います。天野氏の存在は奇跡的なのかもしれません。例えとしては、道場にとっての座敷童子的な?(適切かどうかわかりません)
夢というか妄想というかw (ウッキー)
2017-11-26 19:47:24
学校で「俺って将棋やってるんだ~!」って大きな声で言う子はいませんねぇ…(だいたいが大人しい子多いですから)
もっと声高に、誘ってくれてもいいんですがw (さすがに休み時間に将棋をするNGでしょうが。)

研修会員というのも、微妙なところですね… 本場所で勝ってナンボですから、大会より例会ですね。
ただ、サッカーのユース(学校とは別な組織)等を見てると、色々なルートがあることは子供たちとって良いことだと
思って見ています。

天野さんの話をしたら、ウチのヒラノ師範も大ビックリ。 漫画で良くある引退した老人キャラ(亀仙人では失礼なので
アバン先生にしてみましょう?)が、弟子(悟空かダイ)たちに教えてるみたいですね。ありがたい事です。
Unknown (Unknown)
2017-11-26 23:53:00
将棋って、知ってるけど、そこまで時間を費やす対象として見てないというか知らないというか。(自分の母校の大学もなかなかの強豪校というのも自分の子が将棋をして初めて気が付いたという。学生時には存在すら知らなかった。。。)

天野氏はそういう視点で考えると、ベスト・キッドの指導者的な?もちろんそんなお歳ではないけれど。プレイヤーとしてもまだまだお強いと思います。
Unknown (北國の将棋父)
2017-11-26 23:55:59
スイマセン。さっきの名無しは私です。
そんなもんなんです… (ウッキー)
2017-11-27 17:14:15
もっとハデに将棋部を!って思うんですけど。
大学時代に全国大会の旅費を補助して貰おうと部長会議に出たら、
全国大会出場の将棋部<<越えられない壁<<運動系の合同合宿費(オイ
でしたからねぇ。(ナンでポンと数十万の補助を出すんだ! と未だに根に持ってます。

>ベストキッド …ジャッキーの方ですね、パッドモリタさんの方ではないですねw 
必要なのは輝く笑顔、ほとばしる汗のイメージ? (北國の将棋父)
2017-11-27 18:35:00
将棋のイメージですかねえ。漫画にするなら少年誌より青年誌(笑)。〇月のライオンみたいに少女コミック?でもOKなのは平成も終わろうとしてる時期だから?(息子曰くはあれは将棋漫画では無いそうですけど)

いつもお世話になっている将棋関係の方からは高校県代表になっても学校の許可が得られなくて全国大会には出れなかったという話を何回も聞いたことがあります。昭和40、50年代?

ちなみに、F四段と同じ学校に通う将棋女子情報では彼がいわゆる普通の人気者というわけでは。。いくら賢い大人びた子らが通う学校だろうとはいえ、将棋ヒーロー代表としてそれなりに公共的に同世代の黄色い声援を浴びて欲しいなあ(笑)と思うんですが、どうでしょう?スポーツ系と同じ土俵ではないのはわかるんですけどね。。

今将棋ブームなんでしょうけど、あれだけキャストも豪華だった将棋映画、僕が観たときの客の入りはお世辞にも。。(初日にあれはイカン)興行的にどうだったのか要らぬ心配をしてしまいます。
前向きに、まだまだ普及の余地がある証拠と思ってはいますけど。

ベストキッドって、リメイク版有るんですねえ。ジャッキー・チェンなら天野氏もまずまず納得して頂けるだろうか?
スミマセン、夢とか妄想ってコメは (ウッキー)
2017-11-28 20:21:09
息子さん、ナカナカよく見てなさる(感心 「3月…」は少女マンガの延長です(キッパリ
「月下…」「ハチワン…」う~ん。 将棋の純粋な面白さをマンガにするのは難しいかもです。

こちらでもホンの数年前、高校で将棋部を作ろうとして失敗しましたし、
う~ん、今のプチブーム?に便乗して…というのも中高生に広告塔になってね、
…というのも無理ですわね。(名古屋の人たちが許しませんわねw)

映画はハッキリアカンですね…キャストの問題なのか脚本の問題なのか…
(「聖の青春」の方はまだしも、ウチの?「氷菓」のコケ具合を見ると…w)
むしろネットとの親和性が高いようなのでそちら方面を、とも。
(でも、連盟ではそこまでねぇ… 角川もう~ん)

 そういう意味では「亀仙人」ではなく「アバン先生」と言えば、喜んで頂けるかも?

コメントを投稿

将棋教室」カテゴリの最新記事