おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

金曜日は見る人が少ないので…

2017年11月10日 | 将棋(居飛車)

 コソーリ居飛車って難しいけど楽しい。と言ってみるテストw この歳になってちょっとだけ分かったような(遅いよw 良く分かんない中で手探り感というか手作り感があるというか。ネットでお試し中の印象としては、振り飛車ー居飛車の対抗形より、相居飛車とかお互いにあんまり強くないなぁ…という感じ。

 腰掛け銀お試し期間中から、こちらはココから腰掛け銀にしたのだけれど、相手が6三銀のままで、そうなると、もうどうしてよいのか分からない(涙 悩んでるウチにコッチの4五歩より先に6五桂~8六歩と先攻された。(原因はこちらの▲1六歩に手抜きだったので、1五歩と伸ばした手がヌルかった?)

   

 一歩持っての3五歩~3六歩が見え見えだけど防ぐ良さげな手も無い。▲4七金は喜んで△3八角が有りそうだし… やっちまったか?と思いつつ、相手の言いなりどおりに進んだけれど、そんなに悪くない?ような。 (▲6六角に△4三金、4五歩と相手玉頭から迫ってるフリ?で)ただ、この△4六角と打ってきた手に…

 

 ▲4七金と上がった手がどうだったかなぁ? このまま3七歩成を許すわけにはいかないけれど先に4四歩と取り込む手の方が効いてるような? 上がってしまったために3五角、4四歩、同角とされ、角交換するとヤッパリ△3八角… 仕方がないので▲5五銀と角を殺して一瞬だけ角銀交換の駒得。 でもすぐに3八銀の飛車金両取り…

  泣きそう…

 こうなったら「両取り逃げるべからず」で1一角成と飛び込み、2九銀成にじっと8八玉、△4九飛に4四歩と打ってとりあえずイヤミイヤミと。4四歩に4七飛成、4三歩成に4三竜と竜を引き上げられるのを気にしたけれど。5四金と逃げてくれたのでチャンス到来。

 こっちも▲5六金と逃げ、△7五歩(たぶん緩手)に▲4六香△4五歩を利かし(ホントに利いてるのかな…?) ▲3三桂成が何で取っても1六角の王手飛車… 

  運が良かったのよ…

 たぶん、ハゲ指君かワザ巧君にかけるとダメだしのオンパレードだなぁ…と思いつつも、普段の対抗形よりオモシロイ(居飛穴ばかりだとウンザリなのよ…)なぁと。 新しい形なら、これまでの定跡も知らなくていいし(苦笑 もうちょこっと続けてみますかね。

 

 焼酎~チリワインで世界一周したのかな?

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加