アレコレ

猫たちとの暮らしの中で、やりたいこと・やらなきゃいけないことがたくさん。

残念ながら、

2017-03-15 15:08:01 | 母通信

 

実家の八。

昨日、亡くなりました。

 

あんじーさん、みやこさん、なるとさん。

コメント、ありがとうございました。

 

言い訳になっちゃいますが、末期の末期、だったようです。

私もたった10日間くらい実家に通い強制給餌をし、

最初は食べてくれたのですが、次の日には食べさせると呼吸が大きくなり、

どういう風に食べさせるか貧血を改善させるか、などと悶々と考えました。

でも、かなりの貧血で心肺の低下もあり、最後は酸素室になりましたが、

八は、入院する最後の日まで、少しですが母の手から好きなおやつを食べ、水も飲みました。

親孝行の猫だったと思います。

 

八は2年くらい前?に実家に居ついた猫です。

先日、はじめて母から聞いたのですが、今までアクビをしたのを見たことがなかったようです。

しかも、グルーミングもしないし、ニャ―とも鳴かない。

漢太郎は木に登るのに、八は上ったことがなく眺めているだけ。

いつまで経っても体が汚れていました。

実家に来た時点で身体が弱かったのでしょう。

 

でも、フードををたらふく食べさせてもらい、自由に行動でき、

寒い日は家の中でまったりし、と、幸せな日々を過ごせたと思っています。

しかも、最後の何日間は、声が出なくても母に「ニャ―」と口を開けるしぐさをしました。

母にお礼を言ったのか苦しかったのかわかりませんが、

意思表示をしてれくれたので、母も感慨深く感じたようです。

 

私もたった10日間の介護でしたが、情けないですが脱力してしまい、

昨夜は酒飲んで歯も磨かず、いつの間にかコタツで寝ていて、

朝5時に外から聞こえる猫のケンカの声で目覚めました。

何やってんだよ~歯ぐらい磨けよ~バカかあたしゃ~。

 

母は今どん底にいますが、彼女は立ち直る能力が私よりも長けているので、

この先は、呑気な漢太郎とともにいつもの日常を取り戻すと思います。

 

今回も、自分が何もできなった無力さを感じましたが、

何をもってしても無理な時は無理、と思いました。

でもその前に、何かすべきことがあったなって。

 

八のような病気の猫、そうでない一見健康な子もいて、

でも、どういう子でもいつ何時何があるかわかりません。

だから、症状が出ない時から、元気のある免疫のある時から、

フードを見直し、身体によいサプリなど、できる範囲で日々取り入れる方がいいなって。

どんな粗悪なフードを食べていても20歳以上生きる猫もいるけれど、

私たちは猫の遺伝子レベルを確認できないので、

人間同様、日々の食餌には気をつけたいと、また改めて思った次第です。

 

 

 

 

 

母とコタツで 幸せな猫生でした

 

 

 

 

八の冥福を祈りながら、次につなげていきます。 

ありがとうございました。

 

にほんブログ村 猫ブログへ  

 

 

 

 

犬猫と幸せな暮らしをしてみませんか?

『淡路ワンニャンクラブ』

にゃんむすび

あーもんさんちはニャンとも幸せ

暖かいご支援、よろしくお願いいたします

 

 

 

 

大切な家族、思い出、いろんなものを。

『POPTEKOさんの粘土作品』

売上の一部が淡路ワンニャンクラブ様に寄付されます

猫とインコと一緒。Happyな毎日。

 

 

★ 

 

 

<2匹の猫を探しています>

ツッキー

ニャニャ春ちゃん

『猫』 ジャンルのランキング
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八の猫白血病 | トップ | 寒くても元気 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しゃちくん)
2017-03-15 15:30:35
人の温もりを知って、幸せだったと思いますよ。
こんにちは (たにむらこうせつ)
2017-03-15 15:39:38
温もりの中で・・・最期はそうやって看取ってあげたいです。
みんなのブログからきました。
Unknown (ピッピ)
2017-03-15 17:55:18
先月、クロと3週間の壮絶な闘病といいますか...クロと一緒に闘いクロは天国に逝きました。クロは前んち(旦那の実家で飼われてる)の猫でしたが、最期は私の所に来て亡くなりました。あれからずっと自問自答の毎日ですが、姿を隠さずに看取らせてくれたクロに、本当に感謝してます。八くんはお母様、漢くんがいつも一緒にいてくれて、ナオさんにも看病してもらいとても幸せだったと思います。八くんの御冥福をお祈りしますm(_ _)m
やすらかに八ちゃん。 (はな)
2017-03-15 19:43:20
最後に良い家族に恵まれ、幸せに旅立ったことと思います。
猫との別れはいつでも、ああしてやれば良かった、もしこうしてやっていたら、などなど、悲しい気持ちに襲われ胸が締め付けられます。
が、出会えたことの幸せ、楽しかった日々のことをかみしめましょうー。 
八君、安らかに (Ichii)
2017-03-16 01:23:08
短い期間の家猫くらしだったんですね。
子猫からなら健康管理もしていけるけど、
大人になった元野良の健康状態はわからないです。
短い間でも、人との穏やかで暖かな生活を送ることができて、
八君は幸せだったと思います。
八君のご冥福をお祈りいたします。
Unknown (みりあ)
2017-03-16 06:52:15
八くんのご冥福をお祈りいたします。
今頃、痛みも苦しみもない向こうの世界で元気でいることと思います。
ナオさんも、早くお元気になられますよう。
Unknown (ナオさんへ)
2017-03-16 12:30:20
八ちゃん、どうしてるかな?と気になっていましたが。泣きました。お別れはいつも辛いです。八ちゃんは何歳だったんでしょう?単純に比較はできないけれど猫の寿命からすれば2年は人間にとっての10年くらい、10日は50日くらい、けっして短くはないです、よくお世話されましたね。最後にお母様やナオさん達と出会えて八ちゃんは幸せでしたよ。
ナオさんへ (みやこ)
2017-03-16 12:33:05
すみません、名前のところにタイトルいれて送信しちゃいました。
Unknown (なると)
2017-03-19 12:16:00
八君、旅立ってしまいましたか…

お母様と漢太郎君と
平和に暮らせて良かったね、八君。
お空でも平和に過ごしてね。

ナオさんもお母様もゆっくり気持ちを休めて下さいね。
こんにちは (たにむらこうせつ)
2017-03-22 14:05:05
ご訪問ありがとうございます。
失礼を承知の上でお願いがあります。
もし私のブログが気に入って頂けたのなら
相互読者(ブロ友)になりませんか?
私が先に読者登録致します。
後で私のブログに来て(名前をクリック)
「読者になる」をクリックして下さい。
よろしくお願いしますm(__)m
無理なようでしたら構いません。

コメントを投稿

母通信」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL