アレコレ

猫たちとの暮らしの中で、やりたいこと・やらなきゃいけないことがたくさん。

命の灯

2017-05-10 15:10:00 | 日記・日常のこと

 

実は、

 

お隣Tさんの猫の茶々丸君、

先月の4/12(水)に亡くなりました。

続くときは続きます。

 

茶々丸くんは、ミーちゃんが産んだ5匹の中で唯一の男の子。

ひなとこはくのお兄ちゃんです。

 

ミーちゃんの遺伝子はかなりのもので、

特に茶々丸君は、不慣れ頂点に達するほど人間に慣れない子で、

Tさんはずっと「この子が病気になったら大変だわ。」と言っていました。

 

「なんだか茶々丸が元気がないのよね。」と言っていたのは、

私が実家の八の介護に行っていた前後くらいの頃。

Tさんは意を決して、ひっかかれて出血しながら捕まえ病院で検査を受けると、

血液検査では、白血球が多く、片耳の中が炎症を起こしていて、

あとは膵臓だったかな?その値も高かったようです。

それなりの薬を処方されましたが、一向に症状が良くなりません。

そのうちTさんは強制給餌になり、ある日耳の下あたりにしこりを見つけたのでした。

 

それでも獣医さんは悪性腫瘍とは思っていなかったようです。

でも、しこりはあっという間に喉の方にも増え、

結果、たぶん悪性腫瘍(悪性リンパ腫?)の診断になり、見込みもないことになり、

Tさんは、自宅で看取ることを決心しました。

 

痛いほど気持ちがわかるので、「何かあったら言ってください。」

とは言いましたが、

「ありがとう。大丈夫よ。」と。

 

それから数日後、茶々丸君はTさんに看取られて天国に行きました。

 

Tさんはこれまで何十匹看取ったことでしょうか。

でも決して慣れることなく、今回も見送った後少々体調を崩されました。

それでも愚痴を言うことなく、

「やっぱりへこむわね。でも看取る責任があるから。」って。

 

 

茶々丸君のご冥福をお祈りします。

 

 

にほんブログ村 猫ブログへ  

 ※返信は控えさせていただきます。いつもありがとうございます。

 

 

 

犬猫と幸せな暮らしをしてみませんか?

『淡路ワンニャンクラブ』

にゃんむすび

あーもんさんちはニャンとも幸せ

暖かいご支援、よろしくお願いいたします

 

 

 

 

大切な家族、思い出、いろんなものを。

『POPTEKOさんの粘土作品』

売上の一部が淡路ワンニャンクラブ様に寄付されます

猫とインコと一緒。Happyな毎日。

 

 

★ 

 

 

<2匹の猫を探しています>

ツッキー

ニャニャ春ちゃん

 

 

『猫』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もうすぐの初夏 | トップ | 後から後から、気がかりさん »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (なると)
2017-05-15 10:07:31
Tさんもナオさんも沢山の猫さんのお世話をしているから、サヨナラも沢山経験してしまいますもんね。
お別れは辛い…
でもその代りお二人がお婆ちゃんになって虹の橋を渡る時には、
皆が待っててくれてるから寂しくないに1000点。

Tさん、介護お疲れさまでした。
茶々丸君、安らかに。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL