日日是好日

人生の半分はトラブルで、あとの半分はそれを乗り越えるためにある。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

続々・つれづれなるままに

2007-11-30 23:55:52 | 日常雑感
こんばんは。
センセに頼まれてエントリを作成してみたはいいのですが、
草稿段階で酒に手が伸び、飲んで寝るを繰り返しているArdbegです。

今回は好奇心でスコッチを嘗めてみたい人向けに、
幾つかの飲み方を紹介してみようと思います。
…こんなん読む人いるのか?

■ウィスキー・ソーダ(ハイボール)
 強い酒を飲み慣れていない人にはお勧め
 サッパリした飲み口で、チューハイ感覚で飲めます
 ベース1に対してソーダ2~3程度で割る
 最初は1:2で始め、好みの割合までソーダを足して行くとお手軽かな

■ウィスキー・ジンジャー
 上記のソーダ割りに対して、こっちはジンジャーエール割り
 口当たりが良い上に若干甘みも加わって更に飲みやすい
 ウィスキーの辛味や渋みに不慣れな向きには、これがお勧め
 …嫌なら止めてもいいんじゃよ? 

■マミー・テーラー
 ウィスキージンジャーにライムジュースを少し入れる
 作るのが簡単だが出来の良いカクテルだと思う。
 口当たりの良さに加えてサッパリした後味で人気の一品
 スッと入るが飲み過ぎると危険
 
バーボンベースならともかく、スコッチベースのカクテルとなると案外少ない。
加えて自宅で飲むとなればシェイクもステアも出来ず、ビルドのみ。
結局無難なところに落ち着きました。

スコッチ本来の美味しさを味わってみたい!と言う方には、以下の飲み方を。

■ストレート
 私の場合はいつもコレ。
 ショットバーなんかで面白い銘柄を飲む時は、
 まずはストレートで最初の半分を楽しむ
     ↓
 水を貰ってトゥワイスアップにして残り半分を飲む
 のパターンが多い

■水割り(トゥワイス・アップ)
 ウィスキー1に対して常温の水1で割る
 プロのブレンダーもテイスティングに使う手法
 アルコールの陰に隠れがちな風味や香りが良く引き立つ
 水道水ではなく、是非ミネラルウォーターで試して欲しい。
 (私見になるが、エビアン等の硬すぎる水だとイマイチ)


最後に我流のテイスティング方法を紹介して、
延々と書き殴った駄文の締めとします。

1グラスに鼻を突っ込む様にして香りをかぐ。
・片鼻→両鼻とやると何やら分かった気分になれる。
・グラスを回してからだとより一層分かりやすい。
・慣れない人は既にこの段階で一発かまされる
・いわゆるトップ・ノート

2少量をゆっくり口に含む
・熱いお茶をすする程度の量でok
・口に含んだ時の風味は銘柄によって様々
・業界用語で言うところのインパクト
・お子ちゃまは既に涙目

3鼻からゆっくり空気を吸い、舌の上で転がす
・口の中で空気と混ざると、一気に香りが変わる
・舌の上で広がる風味を味わう
・舌の脇や奥で転がすと分かりやすい
・酒通が言う「パレート」
・飲み慣れない人の苦悶の表情を見て楽しむ

4.飲み込み、鼻からゆっくり息を吐き出す。
・ゆっくり消えていく香りをかぐ
・トップノートやインパクトと全く異なる違いを分かったつもりになる
・最後までむせなかった人に拍手を送る
・アフターテイストが云々と言うと通ぶれる


ここまで駄文にお付き合い下さった物好きな諸兄に感謝。
忘年会など、酒の入る事が多くなるシーズンとなって参りました。
もし何かの機会がありましたら、スコッチに触れて頂ければ幸甚です。

追伸:センセ
上記内容を踏まえた実体験のレポートとテイスティングノートを提出するように。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

続・つれづれなるままに

2007-11-28 00:23:39 | 日常雑感
さてさて、前掲のArdbeg
これはスコッチウィスキーの中でもアイラモルトと呼ばれる銘柄。

スコッチウィスキー、シングルモルトなんて聞くと、
何か小洒落た高尚な酒を想像するかも知れないが、別に身構える必要はない。
ぶっちゃけて言えばスコットランド産の地酒。
少々変わった点として、産地ごとに香りや味わいに特色がある。

アードベッグの蒸留所があるアイラ島はと言えば、
スコッチの中でも正統派とは程遠い異端の地域。
決して万人受けするとは言い難いが…
その際立った個性で、一部にコアな支持層を持つカテゴリである。

曰く、
・強烈な個性がある
・最初に飲んだ時の印象は『こんな酒を好んで飲む奴がいるのか?』
・飲んでいくにつれ、この手の強烈な個性を好きになっていく傾向が強い
・個性的であるが故に、一度好きになったファンは離れていかない

…褒めてるのか貶してるのか分からない評判である。
だが、このアイラモルトと呼ばれるスコッチ達は
佐渡島程度の小さな島にある多数の蒸留所から世に出ており、
世界中で多くの愛好家に飲まれ続けている。

ハードリカーが以前ほどの人気を失った昨今。
移り気な消費者を今なお惹きつけて止まないアイラモルトの面々。
これは、単なるキワモノではない事の証左だと思うのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つれづれなるままに

2007-11-26 00:21:06 | 日常雑感
爺ちゃんの頭上に冠されたArdbegの名。
どこか変わった響きを持つこの名前、由来を知るのは極一部の物好きに留まる。
Ard-beg = ゲール語で”小さな岬”を意味する単語である。

態々ゲール語でキャラに名付けた理由はと言えば…
「キャラクター作成時に飲んでいたスコッチが”Ardbeg”だった」
実はただそれだけの事。事実はかくも散文的である。
仮に焼酎を飲んでいたら、今頃「Iichiko」なる爺がヴァナを闊歩していた事だろう。

キャラの命名はどうにも苦手なので、倉庫キャラもスコッチで統一した。
ジュノ倉庫は”Bruichladdich”
サンド倉庫は”Laphroaig"
バスの倉庫は”Lagavulin”
スコッチにも多々ある中で、お気に入りのアイラモルトのみをチョイスした。

うんうん、一貫性・統一感。申し分ない命名じゃないか。
ご満悦でジュノにキャラを送ってから気が付いた事が一つ。
ポストに荷物送るのめんどくさい…

ジュノに行くまで気づかなかった自分が、ちょっと嫌いだ。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

めでぃありてらし~ ネタばらし編

2007-04-01 00:00:00 | 日常雑感
このエントリは下記の解説です
http://blog.goo.ne.jp/ardbeg_2005/e/3941bc538f472ce9e7c1a5c312d23fe1

水の規制を!

水は無色、無臭、無味。それとはあまり関係ないけど水の事故で毎年沢山の人が死ぬ。
殆どの死亡例は溺死。あと氷に長時間触っていると凍傷になるよ。
水を飲み過ぎると汗が出て、トイレが近くなり、腹が膨れ、吐き気がして、つーか吐き、酷いと水中毒になる。
でも水がなくなると人は死んじゃうね。

酸性雨も中身はほとんど水ね。水蒸気も実は立派な温室効果ガスなのよ。
熱湯はやけどするから気をつけて。
フィヨルドやグランドキャニオンって浸食現象で出来たんだよ、知ってた?
水をぶっ掛けると金属が錆びるよ。電気系統にぶっかけようもんならそりゃアナタ。
ブレーキ液は吸水性があるから放っておくと劣化する。車検で交換しないと下り坂とか危ないよ。
人体の70%は水。どこ切り取っても水は見つかる。

多量の水が川や湖沼や貯水池にある、だから何?って言われても困る。
南極って氷がいっぱいあるよね。越冬隊員になれたらカキ氷シロップ持っていこう。
中西部とカリフォルニアの洪水被害は数百万ドル規模なんだってさ。

水は何かを溶かしたり、冷やしたりするのに良く使うね。
排水する時は汚染物質を含まないように綺麗にしてからね。

政府は水を勝手に作るなとか配るなとかアホな事を言わない。
そりゃそうと、海軍は海水の効率的な淡水化技術などを研究しているんだってさ。
兵隊さんも水がないと困るからね。
多くの軍事施設には地下に貯水槽や浄化設備があって、水を貯めているんだよ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Wの悲劇、或いは非日常のツケ

2006-02-27 00:08:04 | 日常雑感
深夜に及ぶ残業を終え、会社を辞去。
退屈な日常に僅かでも変化をつけようと、
いつも通る道とは別のコースを辿って駐車場へ向かう。
…そして、読者の期待を裏切る事無く、事件は起きる。

「ボベゴン!」

読者諸氏は、安普請のアパートの流し台に
カップ焼き蕎麦のお湯を捨てた時の音を聞いたことがあるだろうか?
あれと寸分違わぬ音色で、路傍の看板に激突する私のイケメンフェイス。
やや間延びした音とは裏腹に、お嫁に行けない顔になってしまう私。

激痛に悶絶しつつ、鼻腔を滴る液体の感触に慄然とする。
来た…
間違いなく鼻血だ…
しかもダブルで来やがった…

僅かなりと非日常を演出しようとした試みは
思いもかけない展開を私にもたらしてくれた事に間違いはない。
…本意か不本意かはさておいて。

深夜の国道、闇夜を切り裂くかの様に疾走する一台の車。
運転席で眼光鋭く闇の先を見つめるのはダブル鼻血マン。ちょっと涙目。
鼻の穴に詰め込んだティッシュが赤く滲んでいる所がチャームポイントだ。
鼻腔が塞がっているため口呼吸
必然的にポカンと開け放たれた私の口。
そこから漏れるハァハァと言う吐息。
…とてもじゃないが人様にお見せ出来る姿ではない。

家人が全員寝入っている、真っ暗な我が家に帰宅。
帰りを労うべく出迎えてくれるのはワンコのみ。
深夜残業明けのハイテンションも手伝って、
ワンコに対して暴挙に出る。

「ターゲットロックオン完了」
「照準、射角よし。」
「発射管内圧力正常。」
「シグナル・オールグリーン」
「発射!!ヽ(`Д´)ノ」

ワンコに向けて、主砲の二連斉射。
私の鼻から飛び出したティッシュに
眠たげだったワンコの目がクワッと見開かれる。

すっかり目が覚めてしまったワンコに満足し、ふと我に返る。
客観的に今の自分の姿を把握してみようじゃないか。
深夜遅くにダブル鼻血を出しながら帰宅して…
あまつさえ飼い犬めがけて鼻血止めのティッシュを飛ばす…

いいトシこいて、何やってんだろ私…

束の間、部屋の中を吹き抜けた荒涼たる風。
部屋の空気がやたらと寒いのは、上空の寒気団のせいだけでは無いようだ…
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加