馬馬虎虎FishingDiary其の弐

なかなか釣りに行けない(行かない?)へたれ釣師の日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

湯川で「こんにちは!」

2006-06-08 19:15:12 | Weblog
前々日は呑みで終電、翌日二日酔いで昼からの勤務、帰宅は午後十一時半。

で翌朝三時にTam氏が迎えに来る・・・また寝れない・・・(笑)


かくして「二日酔い明け」二人組の今年最初の釣行は始まります。
(どーせ眠れないならとKomさんの湯川釣行記などをチェックしたりしていたら本当に寝る時間がなくなったよ・・)


六時半には湯滝駐車場に到着、七時にレストハウスが開くのを待って、入漁券を購入、湯滝より入渓します。


九時頃から大挙押し寄せるとされる学生君達(林間学校?遠足)が来る前に禁猟区までを釣る予定です。

ちょいと川面を覗くと、いますねぇ流れの緩やかな障害物側に並んでいます。






小型ですがTam氏が続けざまにDRYで・・笑顔がこぼれますなぁ。


心配した天候もうす曇で無風、GoodConditionですね。





この辺でワタシもとリーダーにティペットを足そうとすると・・久しぶり過ぎてなかなか結べません(汗)やっと結び終わり、いざフライを結ぼうとすると・・・・


なかなか#18のフライのアイにティペットが通せませーん(悲)
ショックですよねぇ・・


まぁやっと結べてブルックもちゃんとGetできたんですが心のダメージは甚大ですよ。





禁猟区に付いたのが十時頃、一度湯滝へ戻り腹ごしらえをして車を赤沼茶屋へ移動させ、その後はその付近から釣り上がることにしました。


遊歩道を湯滝へ向かって引き返して行くときに・・来ましたよ、小学生の集団。

皆元気に「こんにちはー!」と挨拶していきます、最初は「元気のいい挨拶、気持ちが良いもんだねー」って思ってましたが延々と続いてやってきます(笑)

中には帽子を取り会釈しながら挨拶する子もいます、行列とすれ違い終わるまで「こんにちは」言いっぱなしです。

小学生が終わると今度は高校生の行列です・・又しても「こんいちはー!」ひとりひとりが挨拶してすれ違っていきます、向こうは一人一回言えばいいんですが、こちらは長い集団とすれ違い終わるまで言いっぱなしです。

「こんにちは地獄」とでも言いましょうか?(笑)
高校生の集団はざっと一学年はいたでしょうねぇ・・・修行ですね。






午後、赤沼茶屋付近から入渓し釣り上がります、湯滝からのコースと違い湿原をゆったりと流れるスプリングクリークといった風情です。

目の前の木から鶯の鳴き声がします、春蝉も盛んに鳴いています。


今度はウェットを結び、クロスにキャストしてメンディングを入れて流して行きます、連発です!「空気も風も全てが素晴らしい」そう思っていると・・・


「こんにちはー!」ま・た・で・す・か・・後ろの湿原の遊歩道を一列になって歩きながら、小学生の一団が叫ぶように挨拶していきます。

振り返りながら「はぃ・はぃ・こんにちは・・」と力なくワタシ、これも延々続きます。


そんな時、キャストしたリーダーがフッと止まりました、合わせると「ぐんぐんっ!」そして、水しぶきが上がります。

すると例の小学生の一団が「すっげー!釣れてる」「初めてみたーっ」と・・この時ばかりは(あー何度でも言ってくれ)と思う私でしたがね(爆)


しかし、この後リリースしていると「なにが釣れたんですかーっ!」って皆で怒鳴るような声で連呼されるので・・・納竿しましたよ。

挨拶って基本ですものねぇ、えぇワタシが大人気ないですよ?修行が足りない?えぇそうですとも(笑)





その格好なら、田植えもアサリ漁師も出来るねって嫁に言われております。

(仮upです、あとで書き直すかも・・・笑)




ジャンル:
ウェブログ
Comments (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中禅寺湖は遠し・・(苦笑) | TOP | RF(range finder camera) »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
湯川FF (Tam)
2006-06-09 09:37:35
いやいや、昨日はお疲れ様でした。

久々のFFでしたがサイコーな一日でした。

天気もロケーションもGoodで

言うこと無しです!

また、行きましょう!
Unknown (kom@昼休み)
2006-06-09 11:31:51
こんにちは~♪

やはり湯川でしたか!! 正解ですね♪

C&Rが成功した例ですよね。毎年良くなってますが、今年も最高のコンディションです。気掛かりな事と言えば、中流域の濁りですかね。湯川な人たちの所で話題になってますが、原因がまだはっきりしないようです。何時までも、素晴らしい環境であって欲しいと願うばかりです。
Unknown (arcticchar)
2006-06-09 13:30:47
Tam氏、送迎までさせちゃった挙句、携帯忘れまで・・申し訳ない。



しかし、良い所でしたねー。

FF引退か?なんて言われ出してましたがこれで完全復活になりそうです。



そろそろSaltも始まりますがまた御一緒しましょう。
Unknown (arcticchar)
2006-06-09 13:38:25
Komさんこんにちは。

今日は休養日という事で休んでおります。

(そんな根性だからフライのアイにテュペットが通せないのかも?)



中流から下の濁り、あれは気になりましたね。

底も立ち込むにが躊躇われるような泥質、なにが起こってるんでしょう?。



Tomcats23さんやmorioさんのブログを読んでますます心配になってきてます。

post a comment

Recent Entries | Weblog