ミカエルにチョップ

こころ、からだ、たましい、ときどきねこ

怒りと悲しみを手放す

2017-01-03 23:27:41 | エンパス
半年くらい前に書いた記事が出て来たのであげてみます(^^)






気に入らないことがあると、すぐ怒る人がいます。
「自分にあんなことを言うなんてあの人は間違っている」
「電車で足を踏まれた。腹がたつ」
「思った通りの接客をしてもらえなかった。ひどい店員だ」
など、気にくわない事が怒りに直結するタイプの人たちです。


うまくいかないことがあると、自分を責める人がいます。
「自分にあんなことを言うなんて、何か悪いことをしてしまったのだろうか」
「電車で足を踏まれたのは、自分の立ち位置が悪かったから」
「思った通りの接客をしてもらえなかったのは、自分がきちんとした格好をしてなかったからだ」
など、うまくいかない原因をすべて自分に置き換えるタイプの人たちです。



怒りと悲しみ・傷つきって種類が同じだということをご存知でしたか?
怒る人は自分が悲しんでいることや傷ついていることを感じたくないから怒るんです。怒ってしまえば悲しみを感じなくて済む。でもそれをわかって怒っている人はほとんどいません。全て無意識にしていることです。

うまくいかない原因を全て自分に置き換えている人は、心の奥で本当は怒っています。もっと自分を大事にして欲しいし、もっと自分を認めて欲しい。でもそういった人は優しすぎて相手に怒ることができません。だから自分を責めるというやり方で怒りを発散していきます。




怒りと悲しみは表裏一体。全然違うものに見えて、実は似通ったものなのです。何か不安になった時、人の心の表面ではなく、そのもっと奥を見つめること。これは全ての人が人間関係を築いていく中でとても大切なことだと思います。



怒りや悲しみを感じた時、すぐにコントロールしようとしないでください。自分でコントロールしようとすればするほど、あなたはエゴの罠にはまっていきます。
怒りや悲しみを感じたら、まずはその感情を一旦天に投げます。


「この怒りをおさめる、素敵な方法をどうか教えてください」
「この悲しみが癒えるよう、お力をお貸しください」


特にエンパスの方は怒りや悲しみを感じるとパニックになりやすいもの。その怒りの感覚がダイレクトにハートに入ってくるので、普通の人が感じるよりも傷つき、自己価値を損なっていきます。(これが精神的病の根本にあるものの1つです)
そしてパニックになってしまうと、自分自身をコントロールすることができなくなり、どんどんネガティヴな方向に引き寄せられてしまいます。そんな時は是非、この方法を試してみてくださいね。



今年は感じやすいことに苦しんでいるたくさんのエンパスの人の覚醒スイッチを押せたらいいなと思っています








ラインブログでは、星のことなどちょこちょことアップしています


http://lineblog.me/archangelcat/





Twitter@HarukaI55755697
Instagram@haruka.ichinose_



2017年3月シータヒーリングセミナーのご案内はこちら


ランキングに登録してみましたよろしければ、1クリックお願いします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへにほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

精神世界ランキング
占いランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年の目標 | トップ | 小野神社 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL