ヨット「ARCADIA号」の航海記

「ARCADIA号」の自由で気ままな航海記。自然の雄大さ、寛大さ、また、訪問地での出会い等を写真で記録しました。

2017年4月海洋生物調査船「Tara号」沖縄(北谷港)寄港

2017-04-18 12:49:06 | ヨット
4月17日



昨日、海洋生物とその生態系を調査している大型ヨットが北谷港に寄港。2016年5月フランスのブルターニュを出港後、大西洋を横断、パナマ経由で太平洋に入り、南太平洋を横断後、九州、瀬戸内海、東京などを経て沖縄に到着。今後、南太平洋を南下してオセアニア、南シナ海から太平洋を再横断後、パナマ経由で2018年10月にブルターニュ港に帰還予定。



船長120FT(36m)のケッチ(2本マストのヨット)




船籍国の仏国旗がたなびいていた。



コックピットは完全な気密性が施されていた。


整然と航海計器が並ぶコックピット内からは「Bonjour‼」との声・・・思わずこちらも「Bonjour‼」


昨今のサンゴの白化現象に見られるように海洋生物にとっても地球温暖化現象が深刻化しているようだ。



詳しくはwww.taraexpeditions.org



…to be continued.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年4月夙川、京都、... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。