ヨット「ARCADIA号」の航海記

「ARCADIA号」の自由で気ままな航海記。自然の雄大さ、寛大さ、また、訪問地での出会い等を写真で記録しました。

2017年7月枕崎(鹿児島県)散策

2017-07-14 13:08:40 | 観光

7月13日

今日は、多少の疲れも出てきたので休養がてらに枕崎市の散策に出かけることにした。

やはり枕崎市は鰹節の主生産地であり、新鮮な魚の漁業の町である。酒と同じくおいしいものを作る処にはおいしいものがあり食の文化度も高い。地元の方の話では最近フランスでも鰹節が新しい味覚として注目されおり海外にも輸出されるようになったとのこと。最近、和食も世界遺産に登録されたような記憶あり。

海岸沿いに鰹節工場が建ち並ぶ。しかし、不思議に猫の姿はない。

海岸沿いにある海水プール。7月20日からOPENとのこと。

同じく海岸沿いの公園

枕崎市にはJR「枕崎駅」があり、日本最南端の駅とのこと。この駅舎は2013年に建て替えられたそうだ。ここが沖縄や奄美の最寄り駅ということにもなる。

駅舎の内部も立派である。多くの寄付によって建てられたようである。花の手入れをされている方も町のボランティアとのこと。

せっかく電車が入ってきたので、撮影。沖縄に来てから電車に乗ることも見ることもなかったので、懐かしい気分になった。先ほどのフラワーボランティアの方からご丁寧な説明を受け、切符もないのに電車の中にも乗せてもらい、おまけに写真も撮ってもらった。

車内は数人の通学客が乗り合わせていた。

途中、港に戻ってみると船は潮の加減で岸壁から少し下がっていた。

枕崎漁港について地元のいろんな人から情報をもらった。 現在ヨットを留めている一番奥の岸壁は朽ちかけた建物を取り壊し、岸壁は一般の船にも開放するとのこと。理由はすでに漁業用の港が外側に完成しているので現在ヨットを留めているあたりは自由に使っても良いようになるらしい。

港の反対から見た風景。これらの建物が古くて危険なため取り壊される。水道、トイレ、陸電がそのまま使えるかは不明。

今日は、市内の銭湯が定休日のため町から少し離れた「なぎさ温泉」に行った。歩いては少し距離がある。自転車では約20分くらい海岸沿いの緩い登り坂を通って行ける。

小高い山の左手にあり、露天風呂、内風呂の両方が使える。銭湯とは思えないくらいきれいな温泉なのにたったの¥330!!銭湯よりも安い。お湯はぬるめで海から吹いてくる心地よい風で普通の温泉よりも長く浸かって居られる。また、枕崎市街が一望できるので、必見の温泉スポット。タオル、シャンプー飲み物は持参のこと。

 

 露天風呂からの眺め

 

海から夏の爽やかな風が吹いて暑さも疲れも忘れ最高の気分!!温泉は九州の魅力の一つと納得!!

 

 …to be continued.

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年7月奄美大島~枕... | トップ | 2017年7月枕崎~九州西... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。