博多発!ささやかな幸せと安心のために

arc-compo 建築設計・住宅性能評価の現場での「雨にも負けず、風にも負けず・・・」

みんな歳をとるんですね

2017-08-05 14:37:31 | ひとりごと

昨日、以前勤めていた設計事務所の所長のちに会長だった三島庄一氏のお通夜に行ってきました。
91歳今年のはじめ頃、転けて体調を崩されたようです。訃報は突然舞い込みます。

大正15年生まれ、昭和、平成と長きにわたり現役で、近況ではまだまだお元気で、100歳までは大丈夫と風の噂で聞いておりました。

今はもうありませんが、三島設計事務所には1980年に入社して、2004年に退社するまで、24年あまりお世話になっておりました。

当初は、久留米の青少年科学館、直方の中小企業大学校などに関わらせていただきました。

後には、天神地区再開発(エルガーラ)や鹿児島西千石町再開発などの再開発事業、大型商業施設として、旧寿屋空港店、Mr.Max 宗像店、筑邦銀行、福岡信用金庫の支店をいくつも担当させていただきました。

慰安旅行で、何回も海外に連れて行ってもらったことも鮮明に思い出すことができます。

思い返してみると、大型物件も多く、残業ばかりで大変なときもありましたが、楽しかったこと、良かったことしか思い出すことができません。

ただ、経営が厳しくなったとき、最後まで力になれなかったことが心残りです。

三島所長、長い間、お疲れ様でした。お世話になりました。ゆっくりお休みください。

三島設計の方々とも久しぶりにお会いしましたが、14年ぶりという方もあり、あまり人のことはいえませんが

改めてみんな年取ったなあと実感しました。

 日本建築家協会 三島庄一

 

新米建築士の教科書
クリエーター情報なし
秀和システム
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 無事還暦を迎えることができ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ひとりごと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL