オスモカラー塗装仕上げフローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインクにお任せ下さい。京都発

好きな色や心ときめく素敵なデザインのフローリングなら毎日がもっと楽しくなります。


三分艶仕上げは過去の物なのか・・・

2017年04月26日 | フローリング系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

最近は三分艶仕上げが殆どないのですが。今回はテーブルの天板として使われるので
琥珀なら120フローリングの三分艶仕上げになりました。

一昔前は三分艶しかオーダーがなかったのですが、無垢フローリングが
定着した今では、艶消しがスタンダードになっているようです。

琥珀ミモザも三分艶で仕上げてみたら

化粧シート貼りの様な陳腐な感じになってしまいました。
サンプルが勿体無いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都は快晴、オスモカラー塗装作業がはかどります。

2017年04月23日 | 作業場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

桜色が街を染めていましたが、新緑に変わりつつある今日この頃
ここ山科のアルブルインク倉庫は、オスモカラー塗装で別嬪さんになりました
フローリング娘で一年中春のようです。

年に2〜3件ですが、新築マンション一棟全て弊社の「オスモカラー塗装仕上げ
フローリング」を図面に指定していただくことがあります。
とても有り難いことなんですが、ご存知の通りオスモカラー塗装仕上げは
私が一枚つづ手作業で行なっています。そんな手作り工房のような所に
2000m2超えのオーダーが入ったら大変どころではすみません。
もう価格とかそんな話では無くキッパリお断りしたいのですが、
オスモカラー仕上げのフローリングを使いたいと言う有り難い気持ちに喜び
見積書を発行しています。

その後は、わかると思いますが
倉庫がフローリング娘でイッパイになり四苦八苦した
経験は未だにありません。

そうそう、大阪の豊中でちょっと高級な小ぶりのマンションに
納品した事はありました。

今日も「くり90ナチュラルフローリング/オスモカラー塗装仕上げ」を行なっています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

情熱と丁寧しかありません。

2017年04月22日 | 作業場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

今更なんですが、アルブルインクには立派な事務所や洒落たショールームもありませんし
女性のアシスタントなんて居りません。

あるのはたくさんのオスモカラーと

どれだれ塗装仕上げを施したか分からない作業台

文句も言わずにフローリング娘を運んでくれたボンゴトラック

こんな所なのに、わざわざお越しいただいた方と
熱心に打ち合わせしたDEESAWAT社のチークウッドのテーブル


忘れていました、うるさいマニアなオヤジが一人おります。

どこにでも手に入る既製品の無垢フローリングは扱っていません。
お施主さんの好みの色合いに塗装仕上げを施します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

掃除しています。

2017年04月20日 | 作業場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

ここ2ヶ月程、倉庫内はフローリング娘でムンムンしていましたが
くり90ナチュラルフローリング/オスモカラー塗装仕上げが山形県に嫁いだので、

倉庫を掃除しだしました。
普段からこまめに掃除はしているのですが散った桜の花びらが
茶色になり隅々に溜まり見た目が汚くなってます。

窓もシャッター全開、掃除機で吸いまくり

あぁスッキリしました。水まいて終わり。
明日から、また頑張ります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なら琥珀フローリングに色をたしました。

2017年04月20日 | 作業場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

「ミモザ琥珀90フローリング」に続いて「なら琥珀120フローリング」の
オスモカラー化粧になります。

この琥珀シリーズは丁寧に使われた様な経年変化を楽しめます。
着色では無く樹種本来の油分に反応してアンティーク感が出たのです。

ユニットタイプにした事で異なった色合いが生まれ、とても良い雰囲気を醸し出しました。


通常の「くり琥珀120フローリング」はオスモカラーフロアークリアーエキスプレス#3362艶消し塗装仕上げですが
デザイナーさんの要望でフロアーカラー#3041ナチュラル色にウッドワックス 3161エボニーを数滴混ぜて
少しだけグレー色に近づけました。

床では無くテーブルの天板として使われるので、仕上げ塗装はフロアークリアーエキスプレス#3332三分艶となります。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウッドワックス#3166チーク色は定番カラーと言えます。

2017年04月18日 | 作業場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

ブログサイトの観覧者数が300名を超す日が最近多く、更新していなくても200名は超しています。
この数字が多いのか少ないのか全くわかりませんが、たくさんの方に見て頂けている事がありがたいです。

この前からオスモカラーのお化粧に掛かっています「くり90ナチュラルフローリング」です。

このフローリング娘も山形県に嫁ぎます。

ウッドワックス#3166チーク色で着色を施し、仕上げはフロアークリアーエキスプレス#3362艶消しになります。

しっかり乾燥してもらっています。

【商品情報】
くり90ナチュラルフローリング/オスモカラー塗装仕上げ
サイズ/1820mm×15mm×90mm
形状/ユニタイプ、小節付き
下地塗装/ウッドワックス#3166チーク
仕上げ塗装/フロアークリアーエキスプレス#3362艶消し
入り数/1ケース、10枚、1.638m2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォルム木村浩一建築研究所様の現場です。

2017年04月15日 | 納品現場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

久しぶりに「フォルム木村浩一建築研究所」様の物件に採用いただきました。
今回は住宅では無く、不動産会社の打ち合わせ室になります。

階段と廊下はロクファーのランダムフローリングを採用いただきました。



室内はチークウッドヘリンボーンをシックな色合いにラッカー着色を採用いただきました。

最近は、ややカジュアルで分かり易い雰囲気が好まれる傾向ですが
木村さんのプランはいつも「ワクワク」させてくれます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘリンボーンフローリング現場写真が届きました。

2017年04月12日 | DEESAWAT
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

昨年末Christmasカードを送ってくださいましたお施主さんの住まいが完成し
建築業者さんから現場写真が届きました。


お施主さんはとても喜んでおられ、私もとても嬉しいです。
ヘリンボーンフローリングと階段、キッチンの色合いが揃い
いい雰囲気を出していますね。

【商品情報】
DEESAWAT FANCY PARQUET “HERRINGBONE”
樹種/ホワイトオーク
塗装/オスモカラーウッドワックス#3111ホワイトスプルース
裏面/合板直張り用コットンメッシュ貼り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

D0MINOフローリングにもオスモカラーフロアークリアーエキスプレス。

2017年04月12日 | DEESAWAT
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

4月に入ってからと言うもの、忙しい訳でも無いのにバタバタとした日が多いです。
昨日現場納品しましたモザイクフローリングのオスモカラー塗装作業風景です。

設計士さんは現地工場オイル仕上げではなく、私のオスモカラー塗装仕上げを選ばれました。
ありがたいことです。
撥水性、耐久性、防汚性が発揮できますように、
オスモカラーフロアークリアーエキスプレス#3362艶消しでしっかり2回塗装しています。




納品時の撮影忘れを当日の雨のせいにします。

【商品情報】
DEESAWAT FANCY MOSAIC FLOORING “DOMINO”
樹種/ホワイトオーク
サイズ/8mm×300mm×300mm
裏面/合板直張り用コットンメッシュ貼り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春やし、綺麗にしないと/アルブルインク

2017年04月08日 | 作業場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》


アルブルインクの前の通りは桜満開でとても綺麗ですよ。
4月に入りはや8日になりましたが、今年度も新入社員が来る気配無し。
おっさん一人だったら汚くなるので、整理整頓した後、寄せ植え買って並べて見ました。
これだけでも明るくなった気がします。

ついでに大きなサンプルの棚も作り、新入社員が来ないのなら

ゴチャゴチャになっていたカットサンプル棚を一新します。

午後からはいつも通りフローリング娘のオスモカラー塗装作業になります。

くり90ナチュラルフローリングをオスモカラーウッドワックス#3166チーク色で化粧します。




ウッドワックス#3166チークや#3163ウォルナットは定番色になりましたね。

【商品情報】
くり90ナチュラルフローリング/オスモカラー塗装仕上げ
サイズ/1820mm×15mm×90mm
形状/ユニタイプ、小節付き
下地塗装/ウッドワックス#3166チーク
仕上げ塗装/フロアークリアーエキスプレス#3362つや消し
入り数/1ケース、10枚、1.638m2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まるでチークフローリング

2017年04月06日 | フローリング系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

月曜日に兵庫県たきの市に届けたミモザ90フローリングなんですが

いつも通りにオスモカラーウッドワックスで着色塗装を施したところ

こんな感じに仕上がったのです
もうこれは「ミャンマーチークウッド」と同じような雰囲気です。

名前は出せないですが、チークフローリングとして販売してる業者の気持ちがわかります。

近いうちにショッピングサイトに登場させますので、宜しくお願いします。

【商品情報】
ミモザ90ナチュラルフローリング/オスモカラー塗装仕上げ
サイズ/1820mm×15mm×90mm
形状/ユニタイプ、小節付き
塗装/ウッドワックス#3166チーク
入り数/1ケース、10枚、1.638m2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動画がお見せできないのが残念です。BLUETOOTH SPEAKER

2017年04月05日 | 作業場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

DEESAWAT社のUP LAMPにブルートゥーススピーカーを組み込みました。

ほとんどのブルートゥーススビーカーは軽量な為にイマイチ音に重みがありません。
それとスピーカー本体が見えるので音源はここってすぐに解りますよね。

こんなロマンチックな場所でも、UP LAMPスピーカーなら
雰囲気を壊しません。

アルブルインクの打ち合わせ空間に置いています
UP LAMP スピーカーです。



AFN放送のカントリーサウンドが一日中流れています。

近々販売する予定です。まず雰囲気を楽しみに来てください。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いい日旅立ち フローリング娘が嫁ぎました。

2017年04月05日 | 納品現場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

とても天気のいい3日月曜日でした。
朝からミモザフローリング/オスモカラー塗装仕上げの毛羽立ちサンディング処理を施し
箱入り娘になるために梱包して、兵庫県たつの市に向かいました。

山の麓にたたづむ大きな住宅がフローリング娘の嫁ぎ先です。

お施主さんは若い設計士さんで、ご自身も大工さんの手伝いをされているようです。

到着して挨拶するなり、大工さんがフローリング娘の置き場所を作ってくださり
トラックから最短距離の通路となる外部足場を移動してくれました。
「仕事するから後はよろしく」で二階に上がっていかれました。

降ろし終えた頃にお施主さんが来られて

フローリング娘を確認いただきました。

とても喜んで頂き、これからの設計物件に使えるので
宜しく頼みますとありがたいお言葉を頂きました。

いつも通り、施工の注意点を伝えて現場を後にしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

発送しました現場が2件とも山形県酒田市でした。

2017年04月04日 | 作業場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルプルインク

偶然ですが、1日に西濃運輸さんに発送をお願いしたフローリングは
2現場とも山形県酒田市なんです。

一件は古民家焼肉屋さん改修工事で、もう一件は建設会社社長さんのご自宅改修工事です。

焼肉屋さんに使っていただいたフローリングは
アルブルインクのオリジナルで「琥珀」シリーズと言います。
着色では無く、木が持っている油分に反応して濃淡が出ます。
丁寧に使い込んだアンティーク感があるフローリングです。

【商品情報】
ミモザ琥珀120フローリング/オスモカラー塗装仕上げ

ご自宅改修工事は、2年程前に新築工事の設計指定でお世話になりました建築会社さんで
その時使ったフローリングが良かったので今回も注文頂いた次第です。

【商品情報】
かば90ナチュラルフローリング/オスモカラー塗装仕上げ
着色/ウッドワックス#3166チーク色


アルブルインクのすぐ近くに西濃運輸の業者さんがあるので、とても助かります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

琥珀シリーズ出ました

2017年04月01日 | 作業場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

アルブルインクのオリジナルフローリング「琥珀」シリーズ第4弾
「ミモザ琥珀」が山形県の古民家焼肉店に嫁入りしました。

ミモザ琥珀の製作方法は秘密ですので、
オスモカラーフロアークリアーエキスプレス#3362艶消し塗装の仕上げしか
お見せできません。

塗装仕立ては100%ツヤツヤですが、乾燥するとしっとり艶消しになります。

オスモ社は3〜4時間で感想すると言ってますが、春とはいえまだ肌寒いので
一昼夜感想させています。

感想すればこんな男前になります。
フローリング娘なのに男前って・・・・あっ宝塚の男役ですね
「柿」のフローリングみたいですね!
着色塗装はしていません。自然の反応でこのような色合いになりました。
琥珀シリーズは4種類同じ工程で商品化しています。
今回の「ミモザ」「くり」「なら」「かば」どれを取っても
美しい経年変化を表現しています。

【商品情報】
ミモザ琥珀120フローリング/オスモカラー塗装仕上げ
サイズ/1820mm×15mm×120mm
形状/ユニタイプ、小節付き、赤白込み
塗装/オスモカラーフロアークリアーエキスプレス#3362艶消し
入り数/1ケース、7枚、1.5288m2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加