gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

せっかく日本人に生まれてきたんだから

2017-03-30 21:10:15 | 日記
今日は郊外遊歩。
たまにはぶらりと歩くのも悪くないですね。

私もこの年齢になるといろいろ考えます。
自分が生まれてきてここまで何を楽しんできたかな?

せっかく日本人に生まれてきたんだから日本各地を歩き回りたい。
伝統の祭りをみにいくのも楽しいかも。

毎日をたんたんと過ごすのも悪くはないんですけど、
最後を迎えたときは辛いことも多かったけど、
なんだかんだ色々経験できて有意義な人生だったなと思える人生を送りたいですよね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

積極的すぎる男

2017-03-29 00:09:12 | 日記
学生時代に私のバイト先に同じ年の積極的すぎる男がいました。

ちょっと可愛いなぁという女の子に対して誰よりも早く
好きになっちゃったと言って
周りに手を出すなよ的な感じにして猛烈アタックするんですよね。

迷惑こうむった女の子からも
しつこくて断れなかったなんて落ち込んで相談されたりもしたんですけど、まあ、それは置いといてそんな感じでした。
とにかく一目惚れするんですよね。

そんなある時、バイト先に
女友達が妹を連れてピザを買いにきました。
そんなわけで早速、その男は一目惚れ。
可愛いと騒ぎ出しまして、
こりゃ、俺がいくから手を出すなよのサイン。(^_^;)))

確かに可愛い。
全くしょうがねえなぁ、この男は。(^_^;)))

なんて感じで私は
いらっしゃい。こんばんわ。
程度の挨拶ですませました。

断っておきますがこの話、
ノンフィクションですからね。

その数日後あたりから、
その娘のお姉さん。
あ、そのお姉さんは私の友人の彼女でしたが
妹がバイトしているレストランに飯を食べに行こうって、
私も含めた友人6人で食べに行ったりカラオケに行く時に仲間にその女の子も混ざっていたりするようになりまして、

ある時、そのお姉さんが私を呼び出して
妹が私のことを好きだと言ってるんだ。
どうする?

なぬ?全くそんなふうに想われていたなんて気が付かなかった。
まあ、その頃から私は鈍感だったんですね。(^_^;)))
それでも、当時の私は
嘘でしょ。俺なんかを好きになるわけないでしょ。
ってのが、第一声でした。

いやいや、自信をもちなさいや。
あんたはモテるんだから。
私も私に妹と付き合ってほしい。

なんて励まされたりして。(^_^;)))

しかしそうなると
俺がいくから手を出すなよ
サインを出している同じバイトの男の存在。
いや、でも○○にわるいよ。
だって好きだって言っているから。

なんちゅう煮え切らない私。
(^_^;)))

するとお姉さん。
妹は○○くんと付き合うのは想像できないって言ってるし、
あなたは妹のこと、どう思ってるの?
って聞いてきました。

おいおい、お姉さん、押しが強いぞ。と思いながらも

そりゃあ可愛いとは思うけど。
と返答する私。(^_^;)))

じゃあ私がセッティングするから告白しなさいよ。
そこまで言われたら行くしかないな。
ってなわけで、すっかりお膳立てされる形で、奥手な私も
告白し、その娘は私の彼女になりました。

そうなるとやはり、私の彼女に恋をしている男に
この事実を伝えなければいけない。
と、思いながらも言い出せず、ある日のこと、バイトに行くと、その男の様子がおかしい、あ、バレたか。(^_^;)))

どうも彼女が私と付き合うことになったからと丁重にお断りしたんだそうでして。
私も
悪い、付き合うことになったと報告をさせていただきました。一応、許してもらえましたが。
(^_^;)))

結局、その子とはお別れすることにはなりましたが、
良い思い出になってます。
しかも、お姉さん、私の友人と結婚してまして、
社会人になってからも、
会う機会が何度かあり、
気を効かせて、二人で話すような時間を作ったりして、
まあ、お互いに良い想いでになっているといったところでしょうかね。

以上、積極的過ぎる男のお話でした。
(笑)









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

看護学校との飲み会

2017-03-27 23:38:57 | 日記
大学1年の時に看護学校の生徒さんと飲み会をする機会がありました。

いや、カラオケだったかなぁ。
相変わらず女性慣れしていなかった私ですが一人可愛いなぁという女の子がいて
デュエットしたりしましたが、まあ緊張して何を話したかも思い出せない始末でして。

それでも後日、人生初のデートに誘ったと言ってもどうやって誘ったらいいのかわからず友人に言われるまんまデートコースにミスド前で待ち合わせみたいな感じの内容を計画し、
その女の子に電話を、そりゃあかなりの勇気を出してしたんですけど、
はい、断られたんですよね。

19歳のうぶな私はかなり落ち込んでカラオケで18番にしていてその女の子に歌ってあげた歌が歌えなくなる。
他の歌は歌えるのにその歌に関しては声がでなくなるという現象に陥ってしまいました。

いやぁ、ホントに落ち込みましたよ。もう女の子はいいやってぐらい。(^_^;)))

そこからは益々、私は自分に自信を持ちたいと思って自分磨きにせいを出すわけです。

2年後にその子とまさかの再会を果すわけですけど。
2年後の私は心の傷は癒えてすっかり体も
スマートになり茶髪のチャラ男に外見がなっていたわけですが、

ピザ屋のバイトで配達を
たまたまその女の子のアパートの部屋にすることになります。
全く忘れていて、
今晩わ。
○○ピザですと玄関を開けられた先の女の子が、
もしかして○○君ですか?
あ、間違えてたらすみません。ごめんなさい、忘れてください。

実は私はその女の子ってすぐに気が付かなかったので、
なんでこのこ、俺の名前を知ってるんだ?
って顔をしたもんだから
人違いと思ったんでしょうね。(^_^;)))

あ、ごめんなさい、おっしゃるとおり○○です。はい。

あ、やっぱり、
覚えてる?○○です。

私もよく俺のことなんか覚えてたなぁ。何年前に1度カラオケにみんなで行き、しかも振った男を。(^_^;)))

と思いながらも
あ~○○さん。ここに住んでたんだ。久しぶりだね。元気だった?
看護婦さん頑張ってるの?

仕事、大変だよ~。○○君も元気そうだね。
なんていう会話。5分ぐらいしましたかね。
そして、お互いに何か言いたいような微妙な間があり。

今思えば、そこからなんかあるパターンもあったかもなんですけど、外見は変わっても
相変わらず、人見知りで
奥手な内面は全く変わらずの私。
どうも有り難うございました。
仕事頑張ってね。
と会話を終わらせて
特になんもなく終わってしまいました。
まあ、根には持ってなかったですが、フラれた女の子でしたしね。
リベンジする気持ちもわいてこなかったなぁ。
(^_^;)))


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大学受験(その6)

2017-03-26 21:46:28 | 日記
今日は車で一時間程度の道のりの高校まで息子の練習試合会場に応援に行ってきました。
帰りは息子を乗せて帰ってきましたけど、そんな車中ではわりと本音ではなす機会の場になったりします。

今日の試合を観てきましたが
うまい選手が相手にはたくさんいて流石は全国を狙っている高校だな。
っとは思いましたが、全国を夢見て入部した子供たちなんでしょうが、Cチームとかでサッカーをしている現実。
きっともう少し実力の下の高校に入学していれば中心になっている実力はあるはずなのに。
この先を考えるとどんな道を進んで行くんだろうね。
なんて会話から大学受験の話題に自然と移行していきます。

今日の話は2科目受験だと、
受験できる大学が限られてるところのお話。
息子的にもそれは少しずつ感じているところらしいですね。
3科目とかにすると普通に
受験できる大学が多くあるからもう1科目受験科目を増やした方がいいのかなと感じ始めているらしい。
1つ増やすとしたら科目はどうしたら良いと思う?
GMARCHとかに入学できたとしたら勉強についていけないのかな?
とか聞いてきます。

まあ、中学生の時は数学は点数がとれてたわけだから
数学はありだと思うし、
例えば日本史とかは、ビリギャルの受け売りで、暗記ではなくドラマとしてマンガ日本史とかを読むと頭に入りやすいらしいよ。
お前はキングダムとかじっくり読んで随分前の巻の内容を細かく覚えていてあれはこの部分の導線だったのかとよく言ってるでしょ。

それに
お前はまとめテストとか範囲の広い試験になると順位が
上位になるんだから記憶力はあるってことだよ。
日本史とかは間に合うと思うよ。
等々、アドバイスをしてみました。

日本史に関しては、成る程、
それなら覚えやすいな。
でも数学は形を覚えてしまえばできるんだよな。
図形とかは覚えるのが多いから途中から面倒臭くて勉強やらなかったんだよね。どうしようかな。
なんて悩んでいましたね。

英語については文法の復習を夏までやってそれ以降は長文と英単語を覚える事を同時進行していくそうで、いろいろ塾先生にも聞いているようです。
一時期、第一志望にしていた
某大学芸術学部はAOでは受けるけどダメだった一般では受けないかも。だそうです。

私は
どこどこの大学はそこそこ遊んで楽しんでるらしいぞと、入手した情報を教えてあげ、大学に入ったら興味のあることはやってみた方が絶対いいから。
劇団とかもやってみたら良いじゃん。
サークルなんかも別の大学の学生も入ってたりするから
きっと楽しいよ。
なんてアドバイスみたいなこともしました。

まあ、前向きな選択で塾の
受講科目が増えたとしてもお金は出す心の準備はしておこうと思います。
私も頑張って働かないとですね。(^_^;)))


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どろどろ

2017-03-26 21:35:47 | 日記
女性の世界ってのは恐ろしい世界。(^_^;)))

ちょっと、とある裏話を聞いて心底思いました。
なんかひねた人から聞きましたけど、半分はホントのことなんでしょうね。
しかも、心の中にしまっておいた方が良いだろうねっていう内容です。

厳しいわ。
ほがらかに頷いて、良かったわねぇ。
と言いながら、実は煙たがってたり。
まあわりと口の軽い職員なので時々は話しても良いかもしれないですね。信頼性は半分半分の情報ですけど振り回されないようにしないと。
(^_^;)))
コメント
この記事をはてなブックマークに追加