gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

担任からのコメント

2016-12-24 16:20:56 | 日記
高校の二学期が終わり、
通知表がきました。

英語は2つありますが、
どちらもクラスでトップの
テスト結果でしたので、
片方は10段階評価の10。

もう片方は8。
テストはクラスでトップなのに8??

どうやら、課題提出や宿題提出をしなかったからみたいです。
担任の先生の担当教科なのですが、通知表の担任のコメントは勉強をすれば成績はあがりますが、信頼関係は1度失ったら取り戻すことはできない。無駄なことは1つもないんですよ。

っていうようなコメントが
殴り書きのような感じで
書いてありました。

また、課題や宿題を提出しないことを指摘されて、なんか余計なことを
担任に言ったんだろうな。
だから8なんだなぁ。

担任は20代の若い女性教師。
昔から息子は、若い女性教師とは合わないんだよなぁ。
(^_^;)))

どうして息子はこうなんだろう。

最近、友人に私の息子は
アメリカ人気質だよぇ。
って言われて調べてみました。

早速、ネットで調べてみたのですが、アメリカ人は効率よく、成果を上げる行動力を
重点に置いて仕事をする。
ポイントは効率という部分に重点を置くこと。

これはアメリカ人の面倒臭いことはさっさと終わらせたいという気質からきているらしい。

そう考えると、
息子からしてみると、週に1度、塾で習っている英語の講義こそ大学受験で必要なことで、
高校で出される課題や提出物は簡単で大学受験にあてはめると全くをもって意味の無い非効率的な無駄な事なのである。

確かに息子は、常にどうしたら楽が出来るのかということばかり考えている。

指定校推薦は全ての教科で
ある程度、頑張らなければいけない。
でも、苦手な科目まで努力はしたくない。

なので、早々に最低限、2科目で受験できる大学を検索。
息子にとっては簡単な英語と
もう1科目だけ頑張れば良い省エネ受験を高校1年の段階で決めて、他の科目をあっさり捨ててしまったり

根本的にあるのは楽をしたい
、無駄な努力はしたくない。
勉強は大嫌い。

アメリカ人的な思想??

いんや、せめて、英語、国語だけではなく、文系数学を加えて
3科目で受験勉強、やってもらうからなぁ。💢💢





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やはりそうか | トップ | 首が痛むし »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。