あらしっく…からの、あらしあんず☆生活

泣いたり笑ったりの毎日のそばには、いつも嵐。

日経エンタの櫻井さん2016

2016-10-16 17:28:30 | 櫻井さん
年イチ恒例企画!(←) 今年も櫻井さんが日経エンタのインタビューに答えております。

毎回ファンをザワつかせる事でも注目のインタビュー(←) 今年は一体どうなっているのかとドキドキワクワク発売を待っていたら、「コンビ萌え」について言及しているらしいと風のウワサが流れてきたので、あぁ今年も波乱の予感!と思っていたら、読んで納得!やはり自分の目で見て感じないと見えてこないものだと思いました。

文の前後の流れありきでしたね。

ま、納得と言っても流れを納得しただけで、やっぱり色々言いたいことはあるので(←)、今年も書かせて頂きますよ~

なんで日経エンタに関してこうも熱が入ってしまうのだろう?という自身のナゾはさて置き・・・(笑)


まず・・・

スーツとラフなお衣装での櫻井ON・OFFグラビア、ありがとうございまーす。(深々礼)

どれもステキなのだけど、鏡越しテクにはやられました。(注・翔ちゃんのテクではないが)

(見た目の感想から入るあたり翔担。笑)


キャスター10周年については・・・

「読んで伝える」だけでなく「自ら発信する」ところまできた、というのが10年続けてきた証なんだろうな~と感慨深くなりましたね。

あと、取材のカメラ回ってないところで聞いた話はオンエアでは使えないけど その時の話が胸に残っていれば自身のコメントも違ってくるというその姿勢、ちゃんと見てる人にも伝わっていると思うし、取材された方も嬉しいと思うな。(だからファンが増えちゃうんですよぉ~ 特にアスリートの方々。笑)

リオ到着ホヤホヤの櫻井キャスターのあの時のウラ話も聞けて良かった。

メイク問題ね。笑

ま そこは、キャスターではあるけどアイドルを預かる身のスタッフさんとしては見た目 気にしますよね~

でも本人も言っていた通り、どんな姿であれ画面に映ることに意味がある瞬間だったので、アレで良かったんですよ。

櫻井間に合ったー!って、ZERO見てた人 全員思ったと思うもん。笑

11年目となり、自ら発信するところまできた櫻井キャスターのその先を、これからも見守り続けたいと思います。

あ、都知事や総理大臣より嵐の方がずっと世の中の役に立つ色んなコト出来ると思うからこれからも嵐でいてね~


エンタメ方面では・・・

「紙で読まないと頭に入ってこないからプリントアウトしてホチキス留め」に、めちゃんこ共感だよー!爆

PCのファイル整理ではなく紙袋でのリアルなファイリングってのが何ともアナログで愛おしい昭和世代。笑

Japonism のアリーナツアーの意味もちゃんと聞けて良かった。

そういう事なんだろうなってのはなんとなく想像出来ていたけど、こうしてインタビューで活字となって伝えてもらえると、答え合わせが出来るからありがたいです。

長時間番組をいくつも任されるうちに時間の感覚バカになってるって、それウチらと一緒だね。笑

グッズ列も3時間くらいじゃ「早かったね~」って3時間も並んでた人の感想ではないです。

おかげでどこ行っても平気で並べるカラダに成長しました。

でも感覚がバカになってても身体は疲労しているだろうから、お互い気を付けましょうね。

もう気力でカバー出来る歳でもないし・・・って翔ちゃんを一緒にしてはいけない?笑

おぉ!ワク学の転機をさりげなくお知らせしてきたぞ~

6回目ともなると学校というしばりで出来る事もだんだん限られてしまうから、全く新しいイベントに一新して社会貢献を続けて頂けたらと思いますね。(イベントは続けてネ!の願望)

で、いよいよあの話題。笑

ファンの喜ぶコンビ萌えとかBLノリなどから翔ちゃんが目を逸らしてきていた事は今さら言うまでもないコトかと。笑

てか、コンビ萌えやBLノリをファンが喜ぶものと認識しているのなら、アイドルとしてそこはやりなさいよ!と突っ込みたい。

ワタクシ コンビ萌えとかBLノリを喜ぶタイプのファンてわけでもないのですが「アイドルってファンを喜ばせてナンボじゃないの?」っていうのがワタクシのアイドル定義(←)なので。笑

その自身のアイドル定義を翔ちゃんに押し付けてツッコミ入れようと思っていたら、コレ書くのに今一度日経エンタの記事読み直していた時に、全く別の話題のところで「僕もアイドルの定義がよく分かっていませんけどー」って答えてて、ツッコミ封じられたよ。爆

ま、ファンも翔ちゃんが"そっち派"じゃないと分かってるところに時々ノリでそういうコトするからキャー!が増すわけで、そういうの全部分かった上で、なんだかんだ翔ちゃんもアイドルやってるんだなって再認識致しました。(←)

そして新アルバムとツアーのお話・・・

アルバムとツアータイトルにもなっている「Are You Happy?」の問い掛けに「Yes I'm Happy」と単純に答えられた自分はホントに平和な日常を送っているのだなと思った。

嬉しい楽しい事もそうだけど、悲しいニュースが多い世の中も含めた喜怒哀楽からの問い掛け・・・「Are You Happy?」

どんな歌詞の曲が詰まったアルバムになっているのか、ますます楽しみになってきました。

そしてツアーも「これまでとはまた違った見え方になるんじゃないかな?」に期待。(ワクワク♪)

コンサートチケットが取れない件について聞かれ・・・ちょっとずつ出来る限り本数を増やしてはいるけど、すべての人に行きわたるにはどうしたら良いか?イメージ出来ない状況のようです。

そこでハワイの時のようなライブビューイング案も出てくるけど「それも毎年やってしまうと・・・ライブのライブたる価値がちょっと、変わってきてしまうから。そこに対しては慎重でありたいですし。」との櫻井さんの見解。

ワタクシ個人的にはライブビューイングやって派です。

ライビュをやるからといって、ライブの価値が変わるとは思えないけどな~(そこのとこの櫻井さんの真意が知りたい)

やっぱりコンサートは生で観たいに決まってる!

でもチケットが取れなかったりあるいは色んな事情で会場に行けない人もいるわけで、そういった人たちにも別の場所で同じ時間を共有出来るチャンスとなるのがライビュだと思っています。

現にハワイの時はそれでかなり救われました。

あの日あの時、ハワイの嵐と日本のファンも繋がれた瞬間はホントにホントに嬉しかった。

って、ハワイは特別と言われればそれまでですが。苦笑

ツアー当落結果後に、チケット取れなかった人や都合でツアーの申し込みが出来なかった人たちを優先的にライビュの受付したらどうかな?

それで定員割れのライビュ会場があった場合は、すべての人向けに発売するとか。

ずっとそれを続けてくれって訳ではなく、今はそういう手段も必要なんじゃないかなって、そう思います。


20周年に向けて・・・

「これからも、これまで通り自分たちのやるべきことをやっていこう」

つい最近、メンバーとそんな話をして確認した、と。

「これからも嵐は何も変わらないと思っています」

その力強い言葉を噛みしめて、これからも嵐に風を贈り続けたいと思いました。


最後に・・・

村尾さんが見てきた櫻井キャスターの10年間が語られていてとても嬉しかった。

この10年のたゆまぬ努力が今の櫻井キャスターなのだと改めて感じました。

もちろんそれは彼ひとりのチカラではなく、周りのスタッフさんや私たち視聴者も含めた10年ではあるけれど。

あまりにも日常化されてしまってて普段は感じることが無かったけど、10年続くってホントに凄いことですよね。

彼のやりたい事がここには沢山詰まっていると思うので、これからもずっと続いてゆくといいな~とイチ視聴者として応援していく所存です。

もちろんビジュアル込みで。(スタッフさんヨロシク!)笑

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月15日(土)のつぶやき | トップ | 10月16日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む