顔かたちとお心持ち。

2017-06-10 22:51:54 | 浮世見聞記
上野広小路亭で、雷門助六の落語を聴く。

今日の噺は先代譲りの「長短」。

サゲは、「継ぎの裂(きれ)じゃ」。

それは上方男が江戸男の仕立ての着物を褒めたあと、端布(ハギレ)があるかを訊ねる件りに掛かってゐるわけだが、今日の口演では、そこがスッポリ抜けてゐたやうに思ふ。

だから初めてこの噺を聴ゐた人は、サゲの意味がわからなかったはずだ。

録音や録画放送では出くわせなゐ、生の寄席ならではのこと、ではある。

中入り前の出番で踊りはなかったが、その前に出た小唄と新内の区別がはっきりしなゐ音曲師が、「潮来出島」を踊ってゐた。

日本髪に結った扮装のわりに色気の無ゐ苦笑モノのそれに、だうせなら助六師で“糸あやつり”を見たかったと、つくづく思ふ。



芸事で食ってゐる者は、いくら実力があっても人気がなければダメだといふ。

ごもっとも。

人気はあれど実力は微妙な輩が、横溢してゐるご時世じゃによってな。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 万物みな等しけれ。 | トップ | ニッポン徘徊─二十三区内最高峰 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

浮世見聞記」カテゴリの最新記事