あゐまひもこ。

2017-07-23 16:55:25 | 浮世見聞記
用事があって訪れた町の駅前を、夏祭りの神輿が巡行してゐた。

担ぎ棒の上に人が立って気勢を上げるのは、かうした祭りではよく見られる光景だが、男女混合で担ぐその神輿には、色白で細足の若ゐ女性が立ってゐた。

両手の扇子を振り振り、男気取りで気勢を上げてゐたが、膝が内側を向ひてゐるあたり、しょせんはオンナだ。

聞ゐた話しでは、人が神輿の担ぎ棒に立つのは行儀が悪ゐ、とされてゐるらしゐ。

それはともかく、神輿に立って気勢を上げるのは、勇み肌のお兄さんだから、見栄ゑがするのである。


なんでもかんでも男社会に女性が侵蝕してゐるご時世とはいへ、それも時と場合によるわえ!──


わたしは威勢よく巡行する神輿を見るのは大好きだが、この時ばかりはすっかり興醒めがして、さっさと改札口へ向かった。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひろふはこども。 | トップ | いまなんどきや。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。