ごゑんきゃうげん2

2017-03-20 05:17:10 | 戯作
驚いて振り返った僕は、慄然とした。

ついさっきまで寝そべっていたあの浮浪者風の男が、刃物を振り回して暴れていたのだ。

床には、年配の警備員が、血潮のなかに倒れていた。

悲鳴をあげて逃げ惑う客たち。

昼下がりのエントランスは、いっぺんに地獄風景と化した。

男は相変わらず獣のような咆哮をあげながら、今度は目の前にいる女性警備員に襲いかかろうとしていた。

危ない……!

僕はそう叫ぼうにも、あまりの恐怖に舌がひきつって、声にならなかった。

それどころか、足もすくんでいた。

暴漢は刃物を握った手を、腕ごと振り回して女性警備員に突進した。

女性警備員は寸でのところで、体をかわした。

至近距離にもかかわらず、みごとな敏捷さだった。

誰もいない空間に向かって突っ込んでいく暴漢の姿が、なんとも間抜けに見えた。

女性警備員が逃げるなら、この瞬間だった。

しかし、暴漢はそれより僅かに早く振り返ると、刃物を振り回しながら再び突進した。

すっかり逆上した暴漢の眼は、激しく血走っていた。

このタイミングで女性警備員が逃げたら、その背中に暴漢の凶刃が、間違いなく突っ込むだろう。

彼女は、絶体絶命だった。

しかし彼女は、後ずさりしながらみごとな敏捷さで体を逸らして、刃をかわし続けた。

が、そのうちに刃先が制帽のつばに当たり、制帽がパーンと音を立てて宙を飛び、僕の足もとに落ちてきた。

つばが深くザックリと切れているのを見て、僕はゾッとした。

と同時に、心のなかで何かが動いた。

最近の俗世では、よく「スイッチが入る」なんて言い方をする。

この時の僕が、まさにそれだった。

エントランスの柱まで追い詰められた女性警備員は、暴漢の腕を両手で、必死に押さえていた。

彼女の額と暴漢の刃先の間が、だんだんと縮まっていく。

やがて暴漢はわめきながら、女性警備員の腹部に、膝蹴りを食らわせ始めた。

膝が彼女の腹にめり込む鈍い音と、彼女が低く呻く声に、僕は傍らに設置されている消火器を、ほとんど反射的に掴んでいた。

そして安全ピンをひっこ抜き、暴漢に向かって走った。

おい……! と背後から怯えて声をかける人々など気にもせず、僕は左手でホースを、右手でレバーを握りしめた。

こちらに気が付いた暴漢が、顔を振り向けた。

その瞬間、僕はホースの先を相手の顔に突き付けて、力いっぱいレバーを握った。

勢いよく噴き出した消火液が、暴漢の顔面に直撃した。

暴漢は悲鳴をあげて、両手で顔を覆った。

その拍子に、刃物が床に落ちた。

暴漢は、今度は僕に襲いかかろうとした。

が、床にこぼれた消火液に足を滑らせ、ステン! と滑稽なまでに両足を宙に振り上げ、転倒した。

難を逃れた女性警備員は、刃物を素早く遠くへ蹴ると、四つん這いになって起き上がろうとする暴漢の背中に、体ごと乗っかって組伏せた。

しかし、女性の体では無理があった。

暴漢は彼女を、はね飛ばそうとした。

そこで僕はすかさず、暴漢の脳天に、消火器を叩きつけた。

ゴン、という音がして、暴漢は静かになった。

女性警備員は制服の肩に通している組紐を外すと、先端に警笛がついているそれで、暴漢の両手を瞬く間に縛り上げた。

僕と女性警備員は、初めて顔を見合わせて、ふうっと息をついた。

女性警備員は、かなりの若かった。

色白で化粧っ気がなく、美人というより可愛い顔立ちで、黒髪のショートカットがよく似合っていた。

たった今の勇敢さが、とても想像できないような顔立ちだった。

そして僕は、右の目許にポツンとある泣き黒子が、そんな彼女の顔立ちにひとつのアクセントを与えていることに、気がついた。

これが彼女―金澤あかりとの出会いだった。


ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごゑんきゃうげん1 | トップ | すべてをはなしてやるわえ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。