ひろふはこども。

2017-07-14 21:45:02 | 浮世見聞記
東海道は旧戸塚宿の八坂神社に、元禄の頃から伝わるといふ伝統行事「お札まき」を見る。

これは顔を白く塗り、姉さん被りに襷掛けとゐった女装をした男性たちが、



『サァサこども 天王さんは泣く子がきらひ……』

云々、と渋団扇で拍子をとって囃したあと、ボテ鬘を乗せた音頭取りが掲げる“正一位八坂神社御守護”としたためられた小さなお札を、



渋団扇で煽ぎながら撒く──



一種の厄払ひ行事だ。

はじめに八坂神社の境内で行ひ、



それから一時間以上かけて、近隣地域をまわる。



子どもたちが大はしゃぎで後ろを付ゐてまわり、時には衝突して鼻血を出しながら、懸命にお札を拾ひ集める──



そんな子どもたちの無邪気さが、

いちばんの邪気払ひと言へるだらう。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かみがたことばのちから。 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。