つきすみわたりてめいめいたる。

2016-12-24 20:54:28 | 浮世見聞記
都内の舞台にて、「生田」を舞い仕る。

平敦盛と、その遺児との哀別を、数分の舞で表現する。


仕舞とは、一曲の能の“サワリ”のみを、紋付き袴と扇で云々。


しかしわたしは、“サワリ”のみでその一曲の“全て”を表現しなければならなゐものが、仕舞であると考へる。


わたしはその事実を、水道橋の能楽堂で舞ふ達人たちから、教へられた。


衝撃だった。


それは、

おのれがいかに不勉強であるかを、

思ひ知らされた瞬間でもあった。


国立劇場の研修生時代、

「いいかい、見るのなら“いいもの”を見なければ駄目だ」

と講師に言われたことが、脳裏に甦った。


目から鱗。


しかし、それで満足などしてはいられぬ。


おのれも“伝統芸能デザイナー”と称する表現者の端くれである以上、学んだことは体現できなくてはならぬ。


今日、その機会を得た。


結果は、

……?


探究は、まだまだ始まったばかりだ。



ただ、一つ確実に言へることがある。


能楽に“女流”は、

『無い』。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しんぶんはなにをつたゑるか。 | トップ | 火の用心 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

浮世見聞記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。