あらさき美枝(新崎美枝)いのちかがやく大阪を 日本共産党大東市議会議員

日本共産党大東市議会議員で看護師のあらさき美枝(新崎美枝)が思い、感じる政治のこと

朝も夕も3000万署名を訴え

2018年01月18日 | 日記
今朝は日本共産党後援会の皆さんと宣伝。


夕方は野崎駅周辺9条の会の皆さんと宣伝。


安倍改憲NO!9条を守ろう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は一日雨。学習日にしました。

2018年01月17日 | 介護保険制度
 今日は朝から一日雨でした。
朝は介護保険の認定調査に立ち会わせていただきました。
大東市では介護度が他市に比べ軽く認定されるとよく聞きます。
しかし、認定調査では家族や看護師からの聞き取りも丁寧に行われていました。
毎回これぐらい丁寧に行われているのであれば、なぜ実態より軽く認定されるのか。
審査会にも立ち会ってみたい。

本日は一日雨でしたので、午後からは学習日にしました。
子どもの貧困や子どもの権利、DVや虐待、成人のひきこもりなど学びたいものが多くて、時間がなんぼあっても足りません。
夜は「わかりやすい」文章を書く全技術100 という本を読んで過ごしています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月7日出初式

2018年01月07日 | 日記
 寒い中でしたが、多くの方が参加した出初式が行われました。

気合の入った挨拶が続きました。




地域の安全を、守るため日夜違わず本当にお疲れ様です。今年もよろしくお願い致します。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

中学生時代の嫌な思い出。

2018年01月04日 | 日記
思い出してしまったのでブログに書いておく。
吉良よし子参議院議員が、昨年12月、国会で「個性を否定するような指導はあってはならない」と、統制を図るような校則を批判してくれた。
非常に嬉しかった。
私は中学生のころ、制服のカッターシャツの下に赤いタンクトップを着ていたら、校則違反なので脱ぐように指導された。
逆らうと怒鳴る先生だったので、タンクトップを脱いだ。
しかし、カッターシャツは薄いので、下着が透けて見える状態。
半日は、そんな嫌な状態で過ごした。
その時の先生が現在大東市の中学校の校長先生になっている。さらに嫌だと思っていた。

制服の着こなし方や髪形など、それぞれの個性は認めるべきだと思っていた。
吉良さんの指摘は本当に嬉しかった。

吉良議員校則見直し提起
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悔いのない最後。頑張ったね。

2017年12月29日 | 日記
知人のお母さんが亡くなられ、お通夜に行ってきました。

施設で元気に過ごしておられましたが、肺炎にかかり入院されました。
重症でいつ命がなくなるか分からないとされた為、亡くなるのであれば病院ではなくて家で行かせてあげたい。と、家族が決意し家に引き取って2週間弱で息を引き取られたそうです。

最後、悔いなく見送ることが出来たそうで、悲しいながらも晴ればれとしていた知人は本当に凄いなと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜警〜火の用心

2017年12月29日 | 日記
 夜警では地域の隅々までゆっくりと見て回る。
暗い場所、危険な箇所など点検しながら地域を回れる貴重な時間でした。 

寒い中、皆様本当にお疲れ様です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年末いかがお過ごしですか。私はもう少し仕事が残っています。悔いのない年末を。

2017年12月27日 | 日記
 年末押し迫り、寒さも厳しいですね。
今朝は調子がイマイチでぐずついていたら相談の電話がありじっとしていられなくなり、さらにその直後、大東民報がまだ仕上がっていない事を知りました。
今日、しんぶん赤旗日曜版新年号の仕分け日。
仕分けされ、地域へ運ばれるまでに大東民報を仕上げなければ大変です。
すぐに事務所へ行き、大東民報を完成させ、校閲を経て14時に印刷を開始することが出来ました。
その後は地域の忘年会に参加。
2018年度の意気込みを話させてもらい、皆さん活気づいていらっしゃいました。
その後、夕方から夜にかけて1月中旬に発行予定の議会版大東民報の記事を作成。
夜は町内会の夜警へ。
「火の用心」カチカチ。私はこの響き好きです^^
寒い中、みなさま地域の安全のためにお疲れ様です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

餅つき

2017年12月24日 | 日記
12月24日
さんじょう館前で行われた恒例の餅つきに参加。





餅つきは11時から始まり17時まで長時間に渡り10臼ほどついたのではないかと思います。

つきたてのやわらかいお餅は絶品でした(^^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女子お食事会

2017年12月21日 | 日記
色とりどり素敵なお料理が並び、おしゃべりも盛り上がりました。


政治の話、子どもの話、健康の話、年金や保険の話など尽きませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018年度予算及び政策要望書を提出しました

2017年12月12日 | 介護保険制度

2018年度予算及び政策要望書を提出しました。

右から西辻副市長 東坂市長 あらさき市議会議員 天野市議会議員 木村日本共産党後援会代表 小松日本共産党大東市委員会副委員長

要望事項

〈1〉市民みんなが安心して住み続けられる大東市にすること
①払いたくても払えない高い国保税を引き下げ、減免制度の拡充を行うこと。
 例えば、他市では国保税の負担割合が所得の16%を超える額が自動的に減免されるようになっているなど、実態生活に見合った負担にすること。
②国保の減免や納付相談は市民の立場に立ち、相談者との信頼関係を築き、その方の抱える問題にも向き合い適切な対応を行うこと。
③国保税未納者への制裁措置はおこなわないこと。保険証を持っていない事や、支払いが滞っていることが負い目になり、受診抑制につながり重症化するケースが良く見られます。
④市営住宅の入居基準を大幅に引き上げ(緩和して)、若い子育て世帯も入れるように改善すること。
⑤前立腺がんは医学界でも今後増えて行くと予測されており、早期発見早期治療が重要になってきます。本市でも前立腺がん検診を大腸がん・胃がん・肺がん健診と同様に制度健診にいれ、受診率向上に取り組むこと。
⑥介護予防健診を大阪市と同様に、民間の医療機関で実施できるようにすること。
⑦特定健診の無償化を行い、健診期間を通年実施できるようにすること。(現在700円の負担。無料で特定健診を実施している市町村あり)
⑧国保ドックを広く市民に知らせること。同時に、助成金引き上げを行うこと。
⑨平日、土曜、日曜日の夜間救急診療を大東市内に開設すること。
⑩障害者雇用枠を充分に確保し、障害者が安心して働き続けられるようにフォローすること。また、経済的自立を目指せる賃金体系を確立していくこと。
⑪憲法25条に基づき、市民に寄り添った生活保護行政をおこなうこと。
⑫本市の市民生活や収入の実態と生活保護受給率に大きな乖離があります。住民生活実態を把握し、適切に生活保護申請の援助を行うこと。
⑬特別養護老人ホームを増設し、希望する方が全員入れるようにすること。


〈2〉安心して子どもを産んで育てられる大東市にすること
①新婚家賃補助やひとり親家賃補助など、制度の創設をすること。
②子ども医療費助成制度の年齢を高校卒業まで引き上げること。
③公立保育所の保育士は正職採用を基本とし、母親への子育て指導や障害者児、病気を持っている子どものケア、一時保育など公的責任を果たすとともに、保育計画など先の見通しを持った保育実践ができるように環境を整えること。
④保育所の待機児童を年間通してゼロにし、さらに保留児も入所できるように努力すること。
⑤多子減免の所得制限を撤廃すること。
⑥保育所待機児童期間に無認可保育園を利用される保護者負担を軽減するため、無認可保育園の保育料補助制度を創設すること。
⑦無認可保育園に通う子どもたちの環境を整えるため、環境整備補助金制度の創設をすること。
⑧保育士の処遇改善をさらにすすめていくこと。
⑨休日、夜間などいつでもどんな時も、安心して子どもが医療を受けられる条件の整備と充実をはかること。
⑩子どもの居場所づくりに真剣に取り組み、子ども食堂は市独自の補助金制度を創設して充実すること


〈3〉誰もが人権を尊重され、必要なときに必要な介護を受けることができるように制度の改善をおこなうこと
①介護新総合事業への移行が、利用者の生活や事業所の運営に影響がないか実態調査を行うこと。
②サービスからの卒業がその方のQOL(生活の質)の低下につながらないよう、きめ細やかなアセスメントを行い、介護サービスの利用制限をなくし、必要な人が必要な介護サービスを受ける事が出来るよう改善すること。
③介護保険料減免と利用料負担の軽減及び減免の周知に取り組むこと。
④高齢化が進む中、市民の介護予防や日々の暮らしをさまざまな側面からサポートする地域包括支援センターの役割はさらに重要となってきます。よりきめ細やかなサービスが実施できるように地域包括支援センターの設置数を増やすこと。
⑤一人暮らしの高齢者の生活実態を調査し、必要に応じて生活支援、見守り施策を充実させること。


〈4〉一人ひとりを真に大切にする民主的教育を実践する大東市にすること

①日本国憲法にもとづいた教育行政をすすめること。
②日本国憲法第19条にもとづき、教育現場に日の丸・君が代を押し付けないこと。
③競争を前提とした教育の在り方を反省し、子どもの悩み、苦しみ、SOSを見つけられるように、子ども主体の教育環境を築くこと。
④全国的に見ても、小中一貫校は弊害が続出している。小中一貫教育モデル校プロジェクトを廃止すること。また、小・中学校の統廃合をおこなわないこと。
⑤国立教育政策研究所でも少人数学級の効果は実証済である。「教員の質の確保の困難性」などの理不尽な理由による少人数学級編成の遅延は許されない。ただちに全学年で35人学級をすすめ、どの子にも行き届いた教育環境をつくること。
⑥侵略戦争を肯定する歪んだ歴史観を持つ育鵬社などの教科書は採用しないこと。
⑦非核平和宣言都市・平和首長会議加盟都市にふさわしく、戦争体験聞き取りや被爆証言聞き取り、被害実態・戦跡巡りなどの平和教育資料室を設け、教育現場の願いに応じた資料整備を進めること。
⑧就学援助金のうち、中学生(現小学6年生)の入学準備金を平成29年度末(平成30年2~3月)に支給されたい。
⑨現場教師が一年間の学習活動を評価し、さらに学校が評定を行うというこれまでの内申書制度をくつがえし、弊害が噴出しているチャレンジテストを中止し、実施しないよう府への意見具申を行うこと。
⑩全国で約60市町村が学校給食費の無料化を実施している。義務教育の無償化・子どもの貧困対策・子育て支援の観点からも本市でも早急に実施されたい。
⑪小学校給食に比べ、デメリットが多く、食育の観点を欠落したランチボックスを改め、中学校でも自校調理方式を目指すこと。
⑫児童数の増加が著しく、狭小となっている学童保育(放課後児童クラブ)の施設を早急に拡充すること。また、指導員の待遇(給与)改善に努められたい。さらに、指導員の研修の機会を保障されたい。


〈5〉市民がまちなかで、元気に快適に暮らせる大東市にすること
①バスやタクシーなど福祉パスなどの創設を行い、高齢や障害者、子ども連れの外出を支援すること。誰もが安心できる「ユニバーサルデザインの福祉のまちづくり計画」を策定すること。
②自動車運転免許を自主返納した高齢者への公共交通やタクシー利用などへの支援策をつくること。
③ゴミの減量化を推進すること。市民の安心・安全のためにもゴミ収集業務にかかるリスク対応ができる、ノウハウをもつ職員が必要である。民間業者100%収集を見直し、直営比率を高めること。
④下水道の100%普及を早期実現すること。
⑤水洗への切り替えが負担なく出来るよう補助制度を創設すること。
⑥社会教育の施策・施設の充実をはかり、文化的な活動の一層の促進をすること。青少年教育センター「ほくと」の様に、市内各地へ市民が自由に使える音楽室の充実、自由に遊べる体育館の充実を行うこと。
⑦大東市JR住道駅前のイルミネーションは、来年から見直し、同財源を道路灯や防犯灯のLED化に活用すること。
⑧防犯灯は市の直接管理にすること。
⑨歩道の段差解消や公園の増設、公衆トイレやオムツ替え、授乳スペースの設置など、子育て家庭が外出しやすい環境整備をすすめること。


〈6〉安心・安全な災害に強い大東市にすること

①治山・治水を国や府にこれまで以上に働きかけること。
②浸水対策は想定100㎜として下水管の容量を増やすなど計画的に進めていくこと。
③赤井地域で浸水被害を繰り返している。原因を明らかにし、具体的な対策を進めていくこと。
④公共施設等の耐震化100%を目指すこと。
⑤家屋への耐震を促し、助成制度の充実を行うこと。
⑥住民の安全、景観維持を基本に、地域住民に役立つ活用を考慮した空空き家対策を進めること。
⑦避難勧告が出た時点で、避難要支援者への対応をきめ細やかに行える体制を整えること。
⑧北条踏切が狭く歩行者が危険。引き続き拡張のために取り組むこと。さらに、踏切事故を回避し、安全な街づくり計画をJR線路の高架化を視野に入れて進めていくこと。



〈7〉地域にとけこんだ商工業のまち――住んで、働ける大東市にすること
①大型店に対して、周辺住民の生活や環境への配慮など、企業責任を明確さえること。
②中小商工業者の経営基盤の安定、小口融資や起業の支援を含む融資制度を充実し、下請け業者や働く人の安定した生活を支えること。
③若者がブラック企業によって不当な侵害を受けることがないよう「ブラックな働き方ゼロ」を目指して、若者を応援すること。
④持ち家リフォーム等、建設助成制度をつくり、地元の工務店の仕事作りで活性化をめざすこと。
⑤非正規社員を正社員にした企業に助成、正規化を応援する制度を創設すること。
⑥公共事業によって低賃金労働者を生み出すことを防止するために「公契約条例」を制定すること。
⑦商店リニューアル助成や「空き店舗」の借り上げ、改装、運営支援などで商店振興をすすめること。
⑧住工混在地域でのモノづくり企業の操業環境を保全するための施策を改善、充実させること。


〈8〉市民に開かれた、公正・公平、清潔な大東市にすること
①不正腐敗の再発防止策として公正な行政運営を行うこと。
②市長・副市長・理事の2親等以内の入札・契約行為を禁止することを柱にした「政治倫理条例」を策定すること。
③談合の疑いが高い高値落札の常態化や、特定の業者に有利な下請け発注(随意契約)の問題など、不正・腐敗を根絶する行政の厳格な対応と、制度の改善に取り組むこと。
④外部の専門家を入れた入札を監視する組織を作り、談合防止に取り組むこと。
⑤役所の窓口など、民営化・民間委託を見直すこと。
⑥女性職員の管理職登用率を引き上げるとともに、審議会委員の女性の割合を引き上げること。
⑦市民参加の充分な討議と情報公開で透明な市政運営に努め、地域での事業説明・懇談会を開催すること。
⑧同和行政の完全終結宣言をすること。
⑨人権文化センターの名を改め、市民に定着し親しまれるネーミングを付けること
⑩性的マイノリティー尊重の立場に立った行政施策の推進に努めること。



〈9〉大東市新庁舎の建設において、「市庁舎の基本理念」に沿い、市民目線での庁舎づくりに徹すること

①本市が進めているコンパクトシティは国策としても進められていることだが、都市機能の集積は周辺地域の過疎化をうみ、市民生活への影響は避けられない。無理な集積はおこなわないこと。
②大東市庁舎は市民皆の持ち物として建て替えを実行すること。
③市庁舎づくりは市民参加を基本とし市民への説明責任を果たすこと。


〈10〉市内における文化活動の推進を行い、文化・芸術活動において施設利用料等の補助制度を創設すること


〈11〉非核平和宣言都市としての取り組みや自然エネルギーを推進していくこと

①自然エネルギーの推進に取り組み、自然エネルギーに関わる雇用と経済の循環を作り出すこと。
②大東市は核兵器禁止条約の実現に向けて取り組んできた平和首長会議の加盟自治体である。国連での条約成立を受け、あらためて大東市として、日本政府が核兵器禁止条約に調印するように意見具申などの働きかけを行われたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加