あらさき美枝(新崎美枝)いのちかがやく大阪を                   日本共産党

日本共産党大東市議会議員で看護師のあらさき美枝(新崎美枝)が思い、感じる政治のこと

大東市の谷田川  洪水リスク

2016年10月20日 | 日記
少し前に谷田川についての問い合わせがありました。



草が茂っていて、雨で増水したときに溢れて、洪水を起こさないか浚渫が必要なのではないか?と相談を頂きました。

確かに心配になるぐらい河川が草でおおわれています。

谷田川を、管理している枚方土木に問合せてみました。

「浚渫については川の流れの阻害率や周りに民家があるか、田んぼかなど溢れた時の影響度で優先順位を決めています。 
 土砂等、10%以上あれば浚渫の対象、20%以上であれば急いで浚渫する必要があると判断している。
 草であれば雨水が流れて来たらパタンと倒れるから影響は低い」

との事でした。

また、大阪府下の河川はすべて洪水のリスクと言う想定図が作られています。

谷田川は100年に1度の大雨でも洪水リスクはほぼゼロという図になっていました。 だからと言って大丈夫と言いきれないのは自然の怖さ。
常に備えは必要だと思います。

各河川について、洪水リスクが見れるページをアップしておきます。
関心があれば見てみてください。
おもしろいです。

大阪府洪水リスク表示図

例えば寝屋川は30年に一度の大雨で破堤する箇所が数か所あり、広範囲で浸水すると予測されています!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 来週は決算委員会 | トップ | 維新は右寄りやね »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL