あらさき美枝(新崎美枝)いのちかがやく大阪を                   日本共産党

日本共産党大東市議会議員で看護師のあらさき美枝(新崎美枝)が思い、感じる政治のこと

息子の調査能力〜販売店の「押し紙」問題〜

2017年06月14日 | 日記
毎晩、同じ時間にガシャンガシャンと大きな音をさせながら通り過ぎる車の音が気になっていました。

ある日、大学生の息子が張り込み、尾行して音の正体を突き止めました。
某運送会社のトラックが某新聞販売店に新聞を運送していたのです。

トラックは時間にゆとりがなく、赤信号は見切り発車、スピードも出ており危険であったと息子から報告を受けました。

私は、少し前に清水ただし国会議員が質問した「押し紙」の問題を思い出しました。

最初は突き止めて「毎晩うるさいんだよ」と、文句の一つでも言ってやろうかと思っていましたが、販売店も運送業者も大変な状況の中頑張ってくれているんだろうなぁと思うと、文句を言う気にはなれませんでした。

もっとゆったりと安全に仕事ができる環境を作れる社会にして行かなければと感じました。

清水ただし議員の質問をまだの方はHPへ言って見てきてくださいね↓↓

清水ただし国会議員が質問した新聞販売店の『押し紙』残紙について
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 怒りを通り越して、この怒り... | トップ | ディベート〜万博がテーマ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL