あられの日記

散歩先で心に触れたあれこれを記事にしてます。カテゴリーは場所優先。鶴岡八幡宮は寺院・仏閣ではなく「鎌倉」に入ってます。

鶴見川の春の土手

2017年04月20日 05時05分28秒 | 桜散歩
江川せせらぎ緑道を後に。鶴見川の土手に到着。時刻は午後1時。土手に上がったら、対岸の桜並木が見えてました。
川に群落を作るのはおそらくオギ。
説明板発見:鶴見川は自然回復を進めています。
不法耕作や外来種の侵入で破壊の進んでいたこの生態系を回復してゆくために、まず、在来植物であるオギの大群落をボランティアの力で取り戻す活動をしてゆきます」
トップ画像奥の川に繁茂してるのはやっぱりオギの模様です。

こっちはヨシかな?アシかな?それともススキかな??
あ!河原に降りる階段がある!

階段から土手に咲く菜の花(?)と奥の桜のコラボ画像を撮影してみた。

こっちは河原に降りて対岸の桜並木を見上げて撮影しました。

菜の花の向こうは、こんな感じ。言ってはなんだけど、水が臭い。ニオウ!!のどかな風景ですが、ここはやっぱり下流に近い大都会の川なのですよ。もしかして、かつては鶴見川は汚染された川だったのかな?側でおじさんが釣り糸を垂れてた。こんな川にどんな魚がいるのかな?…せいぜい鯉?

さて、川の西側の土手に桜並木がありますが、東側に桜並木はありません。上の桜は土手の下にある工場の敷地に咲く桜の木です。それが大きく育ち、土手の上に届いてました。

こんな感じですね。

また階段があったので降りてみた。

上の画像には写っていませんが、白い花は護岸のコンクリートの隙間から伸びています。

土手へ戻ろうとして、チューリップのプランターが並んでいるのに気づく。
そういえば、足元にも春の草花が一杯でした。

そんで土手の反対側はこう。

鳩が一杯。この鳩はオジさんが餌付けした鳩かしら?
慎重に近づいて撮影していたのだけど、ちっとも逃げないので大胆に近づいてみた。

それでも逃げない!

こっちはあっちゅー間に逃げられた。違いは何だろか?

上の画像奥にはお寺が見える。桜で一杯ですねえ〜。

ここまで来たらゴールはすぐそこ。もう一度河原に降りてみる。

野の花が一杯。

対岸の桜並木も終点です。時刻は午後2時過ぎ。まだまだお散歩出来る時間です。

予定ではJR横浜線鴨居駅から電車に乗って、成瀬駅で途中下車して、恩田川の桜を見に行こうと思ってたのですが、空が暗い。曇った空の下の桜を見上げたくないの!ってな事で、帰宅する事に。

小田急線の町田駅に到着。と?朝大混乱していたダイヤも平常に戻ってました。
実はね。この日の朝の6時40分ごろ、我が家の最寄駅の小田急相模原駅の近くで飛び込んだ人がいたとかで、小田急線が停まってしまったらしい。1時間くらい。まさに通勤ラッシュ時にわざわざ飛び込むとは〜。
私が駅に到着した時は既に電車が動いてましたが、電光案内板には各停・新宿行きと表示してあっても、発車時刻の表示が消えていました。
人身事故発生時のマニュアルもある模様。駅員は粛々とマニュアルに従い行動するのね。朝、町田駅に到着したら、遅延証明書を配ってました。記念に1枚ゲットしたので、遅延証明書をよくよく観察すれば、日・10と、遅延時分・90にパンチがつけてあったので、4月10日の電車の遅延時間は定刻から90分遅れだった模様です。う〜む。4月4日に城山カタクリの里の時に続いて4月10日に人身事故にいきあうとは。春ですねっ。暖かくなると死にたくなるの?見上げると桜が咲いてるのよ?それ見て和んで気持ち切り替えようよ。生きてればいいこともあるよ?ねえ。

今日、フォトチャンネルに桜散歩(2017.4.13まで)の画像を追加しました。現在64枚まで増えた!
母への写真手紙

良かったらごらんください。よろしくお願いします。
ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 江川せせらぎ緑道2017.4.10現在 | トップ | 町田の桜の画像を比べてみる。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。