ゆっくり行こうよ

今日一日を楽しく深く生きて居たい

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最後の 一か月

2017-07-06 11:33:00 | Weblog
夫の闘病中 メモのような書き方で 記録を残してきました。
夫 亡き後 それを読もうと思っても とても読むことの出来ない気持ちでした。
だから いろいろ思い出しても 正確な日は覚えていなかったのです。
少しずつ もう一度読もうと思えるようになったので 今朝 記録した メモノートを
読み始めました。

2016年 7月8日(金) 
  夜 胸がムカムカすると言った。
  少し 腹痛も有るという。

  (此の頃は 夜風呂から出ても いつもの様に 夕食の食卓に着かなくなった。
   どうしたのかなと思って見に行くと ベットで寝ている。
   入浴後 疲れるように成って来たのだと 思う。)

   ・今の私の記憶では 食事は普通に食べていたと思う。

他人は 「日にち薬で 日が経てば元気になるから。」と言ってくれるが 気持ち的には
日が経っても いいえ 日が経つに連れて いろいろな思いが出て来て なかなか 夫の
死を 受け入れる事はできない。
表面で 「元気そうだね」とか「元気だから 大丈夫ね。」と言われると うなづくより
仕方ない。
でも むしろ 何にも言わないでくれた方が 良いのにと思う。
励ましてくれる気持ちは 十分にわかっているけれど 私の心の中は いつも「そうじゃない 違うの」
と 思って余計 孤独になってしまう。

これが 残された 残った者が 通る道なのでしょうか。
 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私 鬱じゃあ無かったみたい | トップ |   
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事