私の好きな時間

日々の暮らしをゆっくりと綴っていきたいと思っています。

「佐原」の街へ

2017年05月20日 | お出掛け

18日の木曜日。

「千葉県観光ボランティアガイド協議会」の総会がありました。

毎年、この時期に総会が開かれ、開催土地は毎年違います。

今回は「佐原」と知り、

「佐原」にはいつか行ってみたいと思っていたので、

主人の許しを貰い参加、できることになりました。

 

「総会」は出なくても、

ガイドさん付きの散策にはどうしても参加したかったのです。

 

ただ、ガイドの仲間の皆さんとご一緒させていただくので、

朝から電車の時間に遅れないように緊張しながら?参加してきました。

 

総会は午前中で終わり、

先輩が「拍手」だけしてればいいのよ。というアドバイスをくださったので、

素直な私は毎回大きな拍手を送りました。(笑)

 

ランチも皆さんと済ませ、

いよいよ、「街歩き」です。

 

古い建物が残されていて、今もなお、手を入れながら大切に使われているのです。

ちょっとどなたかのお顔が写っちゃってる。。。

新しいパソコンに画像編集機能を入れてないのでそのままです。

お見苦しいかもしれませんが。。。すみません・

 

此処の「いも」屋さんで、白あんのお饅頭を友人と一個づつ買い、

後で食べました。

焼き芋が入っていて美味しかったなぁ~

 

お住まいではなく、お商売だけです。

 

まだあった!!郵便ポスト!

私の実家にも、このポストがいまだにあるんです。懐かしい。。。

今の時代、「パーマ」の文字が、とっても懐かしくて。。。

 

「クリーニング」の看板と建物のバランスが。。。

こんなふうにあくまでも建物にこだわってお商売をされているのだそうです。

 

この前の川では、

白鳥が一羽住んでいるのだそうです。

羽を広げてくれるのを待っていたのですが。。。残念でした。。。

 

「佐原」は、

「佐原の大祭」と「佐原囃子」

いう国指定重要無形民俗文化財があります。

 カメラに収めるのが上手くできなかったので、

興味のある方はサイトをご覧になってください。

 

お祭りの時に横の信号機だと邪魔になるので、

「佐原」の街はこの縦の信号機が多いのです。

 

そして、

「佐原」には、日本地図を作った「伊能忠敬」の生家があり、

記念館もあります。

記念館の敷地の中に、

「伊能忠敬」さんがいらっしゃいました。

頭を下げて前を失礼しました。(笑)

 

ガイドさんが記念館の中を案内してくださり、

私、地図に関してもあまり興味がなかったのですが、

もの凄く感動しました!

 

「伊能忠敬」の生い立ちから人生をかけて作り上げた日本地図。

しかも、50歳からの挑戦でした。

ただ、日本地図が出来上がったのが、

忠敬の死後3年経ってから。。。

 

その時代を生き抜いて、大きな業績を残された偉人達って沢山いらっしゃいます。

その方々の遺品を見せていただくと、

当時の方の文字の美しさには感動するのですが、

この「伊能忠敬」の残された書物の文字の美しさ、丁寧さ。。。

本当に目を見張る美しさでした。

 

今の時代、便利なパソコンを使って文字を綺麗に書くことができるけど、

鉛筆やペンを使って書いてこそかな?なんて思ったりもしたのです。

言葉にするとこんな単純な言葉でしか言い表せないのですが、

私が言いたいことは、

乱暴な字を書いていたら、実際、覚えないのでは?

丁寧に書いてこそ、記憶に残るのでは?

などと、思ったのです。

 

街歩きの最後は酒蔵の見学でした。

私はあの日本酒の臭いが苦手なので、入らず、外で待っていました。

その時、

私たちを案内してくださった女性のガイドさんが話しかけてきてくださり、

思いっ切り二人で会話が弾み、

「佐原」の子供たちは小学4年生になったら、「伊能忠敬」を学ぶと聞きました。

まだ3歳の「まこと」の顔が浮かび、

あの子が4年生になったら、もう一度一緒に来て、

「伊能忠敬」の存在や街並みを散策出来たらいいなぁ~なんて思いました。

それまで、元気でいたいです。

 

この橋の左側に「伊能忠敬」の生家、右側に「記念館」があります。

この橋は「樋橋」(とよはし)と言うのですが、

橋の所から30分おきにお水が流れ、

「ジャージャー橋」とも呼ばれています。

 

「伊能忠敬」は、この橋を18歩で渡ったそうで、

同じ18歩で渡れた人の得意げな顔!(笑)

私はなんと、24歩でした。

足の短さが証明されたみたいですね。(笑)

ちなみに「忠敬」の歩幅は70cmだったそうです。

 

この流れる川は「小野川」といいます。

 

駅も古い瓦屋根に格子。趣があって、「私の好き」がここにもありました。

 

「佐原」までの道のりで、

電車の一両目に乗って、

こんな田園風景を眺めていたら、

妙に田舎が恋しくなって、

実家に向かう線路に似てて母の顔が浮かび、

泣けて泣けて。。。涙をこぼしながら見つめていました。

情けない。。。ね。

 

またいつか機会があったら訪れてみたい街でした。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ありがとう」 | トップ | 「アンデルセン公園へ」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
佐原 (みきちゃん)
2017-05-23 21:00:01

いい街並みですね~~
日本には、まだまだこうした町並みが残っていると思うと
嬉しいです。
震災の時は、だいぶ被害があったようで
崩れるところの映像をみました。
よくぞ、復興されたものです。
こうしたものを大切にしていくところに、日本人の心を感じます。

実家の町も佐原ほどではないけど、重要伝統的建造物保存地区に指定されています。
みやぎでは、この町だけ・・・
家を継いだ姉も町並み保存に貢献しました。

毎年小学生に自分の町についてお話しをしています。
自分の町のことを知るって、子供の心を育てるってことでもありますよね~

伊能忠敬の人生後半の活躍は知られているとおり
感動ですよね~
私も一度訪ねてみたいところです。


みきちゃんへ (くらり)
2017-05-23 23:30:23
みきちゃん、こんばんはぁ~

「佐原」は是非、行ってみたいと思っていた街でした。
ガイドさんの説明で震災の時の被害の様子を見せていただきました。
以前と同じ瓦を探しても無く、。。。
それでも、当時の姿に近く直したお話も聞きました。

守っていくことも大変ですが、このような街並みを拝見するとずっと残して欲しいなぁって思いますね。

みきちゃんのお姉様も活躍されていらっしゃるんですね。
ガイドさんも仰っていましたよ。
小学生の子供たちが熱心に学んでくれます。って。
だから、「佐原の子供達はすごいんですよ。」って。

生まれ育った故郷にこんなに立派な人が存在してたって誇りですよね。羨ましいなぁ~って思いました。

伊能忠敬を改めて知ることが出来て今更ながらに感動しました。
みきちゃん、いつか麦さんと一緒に行きましょう~
だから、元気でいましょうね~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。