日々のひとりごと

日々の生活の中で感じたこと、誰かに聞いて欲しいことなどを綴って行きたい。

孫の病気

2016-10-18 23:23:51 | 日記
鼻が詰まって口呼吸なのか・・
朝、喉が痛くなっている

今日は音楽教室にも行けるね~と言っていた・・・

孫が「おしっこ」ってトイレに行ったが
途中で痛い!と言ってやめてしまう
しばらくして場所を変えてさせたが
また途中で痛がりやめる

小児科に通院したら
おしっこの検査をすると言うが
痛がって出さない
結局、尿道炎かも?ということで
1週間分の抗生物質が出た
それを飲み切ってから朝一番の尿をもって通院するようにとのこと

帰ってきてからも痛いという思いからか
トイレに連れて行っても
場所を変えても嫌がりお昼寝をしてしまった
3歳児なのに、痛いからと絶対しない根性はすごい・・が困った

起きてもおしっこをしない
一日しないなんて大丈夫か??
水分を取らせても出さず我慢している感じ
トイレに行こうと言うと
「行かない、行かない、痛いから」と抵抗する
それでもいつも違って
「ばあばだっこ」と言って抱っこしたがる
診療時間内に相談しようと思って小児科に電話する

水分を取らせると出すはずだから・・
抗生物質が聞くと痛みが治まるだろう
おしっこ検査もしてないので原因はわからず
今の状態では何もできないと言う

そのうち、パンツでおしっこすると言うので
残っていたおむつをはかせる
トイレ=痛みと思っている感じだったから

しばらくしたら抱っこしながら
「ばあば~おしっこ出た」というので
おむつを見ると少し出たようだった

痛くなかったと言っているが
その後もトイレは嫌がりおむつをしている

8時ころになって
「ばあば~おしっこした」という
良かったねとその姿を見たら
一日分のおしっこを出したみたいで
たっぷりしていた
さすがに嫌だったようですぐ着替える

痛くなかった~と言っていたので良かった・・安心

抗生物質を見せてこれを飲んだからもう痛くないよと言い聞かせた

落ち着いたころに息子が迎えに来た
大変な状態はわからず・・

自分も喉が痛いと言っている
私たちも喉が痛い・・孫から移ったんだよと言ったら
孫のせいだとか言っていたので
一番の責任はママでしょ!と言ったが反論せず

なかなか帰らないので早く帰って
あなたも家事を手伝いなさいよ・・
お風呂は入れているんでしょうね?というと
入れてると言うが・・・
もっと手伝えよ!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 喉の痛みが悪化する | トップ | 通院の連続 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
可哀想に痛かったんですね (ゆうき)
2016-10-18 23:58:45
とにかく幼児は病気が多いですね、娘も幼稚園入ってからはすごくて。そこから毎回私に感染(T_T)
寒い日でも暑いと言って上着を着なかったり。難しいです。相変わらず風呂から出ても裸で遊んでいる。やっと自分で髪を拭くようになりましたが。

親代わりでお孫さんのお世話をされてますからうつりますよね。小さい子は菌をいっぱい持ってるからねと医者が言ってました。でもそうしてだんだん丈夫になる・・・。

共働きなら夫婦で家事育児分担は必須ですね。

今日ネットニュースで、その若い親の共働きのあおりで孫育てしてる祖父母が増えて、祖父母の負担が大変だ、というものが掲載されていました。体力的にもきついと。中には金銭的なことも。

私の母も父の世話をしながら孫の面倒で疲弊しています。(弟の子を毎日預かってます)

これからの時期は風邪を引きますからある程度は仕方ないですけど・・・。
本当に (らん)
2016-10-22 17:21:51
痛みはかわいそうでした。
我慢していて、初めておしっこして痛くなかった時の
孫の安心した顔を見てほっとしました。

最近は孫から風邪をもらってしまっています。
子供からも仕事上でもインフルもうつったことがなかったのですが・・
今年のインフルは危険だなあ~と心配しています。
予防接種はしていますが・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。