たらんの蜘蛛日記/toriuta

蜘蛛好き息子との蜘蛛観察記

トリノフンダマシ聖地へ

2017-07-27 06:27:38 | 蜘蛛、その他
おつかれさまです。

昨日はたらんと2人で蜘蛛観察会で行った森へ。
あの時に出会えなかったトリノフンダマシに会いに行ってきました。


※こちらは普段は採集禁止です。




まずは観察会でもお世話になったスタッフの杉山さんにご挨拶し、トリノフンダマシ生息域を教えていただきました。

おかげさまで、たくさん観察できました☆




アカイロトリノフンダマシ①
(以下、アカ)






シロオビトリノフンダマシ①
(以下、シロ)







アカ②

ぱっと見は水玉模様ですが、よくよく見ると滲んでいて、
サイドには黒丸があり、トンボの頭部みたいです。







シロ②







シロ③

シルエットをじっくり観察。

ふむふむ。。。こんな感じね。








シロ④



トリノフンダマシは夜行性。
夕暮れ時から網を張り出し、蛾などを捕獲して食べ、日の出前には網を片付けてしまうそうです。

昼間は葉の裏で休んでる。
よく見ると糸で身体を葉に固定されてます。

だから揺らしてもぜんぜん動かないんだね。
(撮影しやすいね)








ここから別のエリアに移動。
本当はムツトゲイセキグモを探しに移動したのですが見つからず、でもトリノフンダマシはたくさん見つけることができました。





シロ⑤
あれ?

上にも何かいる?!


「オスだ!!!」

シロ⑥

わぁ♪

すごいね!
オスまで!
やったね!





シロ⑦







アカ③

たらんがつついたら歩き出しました。

歩く様子も天然の愛嬌があります。





むむっ。
このシルエットは、、、


やっぱりね♪
シロ⑧


最初のエリアでは、ミルクチョコからダークチョコ系でしたが、こちらはキャラメル系。


アカイロトリノフンダマシにもさまざまなタイプがあり、黒いものもいるそうです。
(黒い蛾ばかり食べたとか?遺伝子かな?)




シロ⑨

白帯が無いタイプ。

キャラメルカスタード味。かな。





本日の結果を発表します。

アカ×3、
シロ×9、

すごい☆


ムツトゲイセキと、それからオオトリノフンダマシにも出会えませんでしたが、これだけのトリノフンダマシを観察できたので大満足です♪


このトリノフンダマシ聖地での観察は、トリノフンダマシ眼の良いトレーニングになりました。





採集禁止区域でもたいていは、

「クモ?!クモなら別にいいよ」
と言われることが殆どなので、たらんはなかなか納得できなかったようですが、ダメなものはダメ。

もう子供ではなく、少年ですしね。

採集禁止区域外でも自主規制できるひとになってほしいです。

(きっとなれると信じてるよ)





それにしても暑かったです。


夜は剣道がありましたが、バテることなく頑張ってました。







他の蜘蛛も観察できましたので、また別記にまとめたいと思います。





toriuta

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ヤモリ | トップ | 7月の里山と森 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL