たらんの蜘蛛日記/toriuta

蜘蛛好き息子との蜘蛛観察記

渓流の蜘蛛

2017-04-20 14:06:14 | 蜘蛛、その他
おつかれさまです。

今日は先週の渓流での記録です。
たらんは新生活と蜘蛛の世話に忙しくてやっぱり更新できそうにないみたいです。。。


先週、里山の渓流に行ってきました。


まずたらんがナナフシの子供を見つけました。

糸みたいに細いです。ゆらゆらしてました。



そしてすぐに渓流の石の下を調査開始。

アオグロハシリグモがいました。

「やった!」

アオグロハシリグモらしい、青みがかった勇ましい風貌。
理想のアオグロハシリグモに近いそうです。


サイズも大きめで、約4cm。
ぷくぷく太ってました。
(なにを食べたのかな?)


成体??
アオグロハシリグモは2年で成体になると、何かの資料に書いてありました。

たらんいわく、「あと1回は脱皮するかも」。






私もアオグロハシリグモらしき蜘蛛を発見。





その後もたらんは次々に発見してました。



これも?


青くも黒くもなく、茶色っぽい。。。。


「アオグロハシリグモじゃないかも。。。。」

個体差もあるのでしょうが。
いくつか見るうちに、たらんも分からなくなってきたようです。





こちらも石の下にいました。
クラークコモリグモだそうです。







それにしても渓流にこんなに蜘蛛がいたなんて!

今まで気づかなかったのか、いても無意識に避けてたのか。。。。


(“意識”も不思議)

きっとたくさんの生き物を見落としているのでしょうね。






朽木の下にはカエルもいました。


サワガニも数匹。

魚も。。。

次回は網を持っていこう♪





この日はアオグロハシリグモ2匹を持ち帰ってきました。

一番大きなアオグロさん、ケースに入れるとすぐに潜水。

水中に入った瞬間に、空気の膜に覆われます。
なぜだか見とれてしまいます。



アオグロハシリグモ3匹のレイアウト。

お水は2日に一度は交換して、石や苔も洗ってるようです。

真夏は屋内に入れてあげなきゃね♪




toriuta
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« サガオニグモ(コガネグモ科) | トップ | 子持ちアシダカグモと、ゴミ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL