たらんの蜘蛛日記/toriuta

蜘蛛好き息子との蜘蛛観察記

竜洋昆虫自然観察公園のかたつむり展

2017-06-19 10:13:12 | 蜘蛛、その他
おつかれさまです。


仕事やアレコレ忙しくて更新できませんでしたが、前回のブログ「蜘蛛観察会」の翌日、またまた竜洋昆虫自然観察公園に行ってきました。


ただいま「かたつむり展」で賑わっております。

北海道から沖縄までの日本全国のかたつむりが約50種も!!
生きたかたつむりの展示では国内でも最大級だそうです。

左下はかたつむりの歯。
中下はかたつむり赤ちゃん。
右下はかたつむりの缶詰。(!)


キャプションも面白いです。
何が面白いかを面白い字で書いてあり面白いばかりです。




①アオミオカタニシ(西表島)
②ヒメマイマイ(北海道)
③オキナワヤマタカマイマイ(沖縄本島)


これらは本州では珍しいかたつむりですが、、、

身近なかたつむりにも、実はたくさんの種類がいることがわかり驚きでした。

でんでんむしむし、かたつむり展。
7/9まで開催中です♪




さてさて。

でんでん無視無視、たらんくん。
やっぱり蜘蛛以外ほとんど無視です。


スタッフのしずまさんにお土産(リュックの中でカサカサカサカサしていたアレ)を渡して、蜘蛛についていろいろ話してました。
(いつも貴重なお時間をさいていただきありがたいです♪)



この日も一緒に来てくれたYくんSくんは、ザリガニ釣りに挑戦。(100円)

近所の用水路でも釣れますが、子供にとってそれとこれとは別!
ココで、ココにいるザリガニを釣りたいのでしょうね。


私は子供越しに周辺の虫を観察。

イトトンボの仲間。


バッタの仲間。


ナナフシ。



日なたぼっこ中のサキシマキノボリトカゲ。

美しいグリーン。。。

赤ちゃんもいるのですが、これがまたすごくカワイイです♪




そして蜘蛛いろいろ。

イオウイロハシリグモたち。



オニグモの仲間。ヤマシロオニグモかな、、、

ドヨウオニグモかな?



卵のう抱えたアシダカグモ。

今まで見た卵のう付きアシダカグモのなかで、一番小さいサイズでした。
(若いお母さん?)


ウヅキコモリグモ。

池に追いつめると、忍者のごとく水面を逃げていきます。
一時的に潜ることもあるそうです。



たらん地元では希少なコガネグモ。



卵のうもゴミに覆う、ゴミグモ。

人間界なら社会問題になるゴミ屋敷も、自然界では生きる知恵と工夫の結晶?!



施設内のキモコワ展示。

近々、タランチュラも入るとか入らないとか??

楽しみだね♪



もう、相当、疲れていたので、早めに帰宅しましたが、子供たちは帰ってからも大盛り上がり。

さらに友達も呼んできて、

5人で何をしているのかと思ったら、、




庭の敷石(防犯用の軽石)を、ひたすらタイル上ですり下ろし、粉末状にしておりました。

あーでもないこーでもないとお喋りしながら、
ひたすらガシガシガシガシガシガシガシガシ……………。


みんな、手も服も真っ白け。
(お母さんたち、ごめんなさい)

楽しそうでした♪




ところで。

竜洋昆虫公園でカイコをいただきました。(希望者にプレゼント中でした)

イモムシ&蛾の好きな虫友へのお土産です。

もうすぐ繭を作るであろう、白い繭(シロマユ)の子と黄色い繭(キマユ)の子、それぞれ一匹ずつ。

エサとなるクワの葉もいただきましたが、、、

なんとその日のうちにシロマユさんが繭を作り出し、夕方にはキマユさんも繭つくろいを始めました。

繭を作る健気な様子を見せたくて、慌てて翌夜に虫友に渡し、なんとかキマユさんの作業は見てもらうことができました。

シロマユさんも、キマユさんも、エッグイン。

成虫になったらまた写真を送ってもらおうと思います。




先週から昨日まで、私はとてもハードでしたが、たらんの蜘蛛観察は年中無休。

また改めて近況をアップします♪


toriuta
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2017年度第2回蜘蛛観察会 | トップ | アシダカグモの子供たち »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL