たらんの蜘蛛日記/toriuta

蜘蛛好き息子との蜘蛛観察記

ベッコウクモバチの狩り

2017-07-06 23:24:31 | 蜘蛛、その他
おつかれさまです。

仕事に虫事に母事に忙しい今日この頃。


先日、久しぶりに虫友Sくんと3人で、車で30分のところにあるお寺に行って来ました。



ここでもアシダカグモは活動的。夏だね。

大きなメスをつかまえてました。


私はオスを見つけました。

しかもこんな目立つ、、、
人通りの多い立て看板の柱に。





敷地内の石垣沿いを歩いていたらアシナガバチがいたので、たらんに注意するよう声をかけましたが、


「ちがう!これベッコウバチだ!!」


蜂は蜂でもベッコウクモバチでした。




※クモバチとは狩蜂の仲間の一種。
そして狩蜂とは……

『ハチ目のなかの細腰(ほそこし)亜目、細腰亜目のなかの有剣(ゆうけん)類、その有剣類からハナバチ類・アリ科・セイボウ科・アリバチ科を除いたもの』

だそうです。
※参考文献「狩蜂生態図鑑/田中義弘 著」

(分類ってめまいがします)





ともかく、たらんが大好きなクモバチの仲間に違いないのです。




「よしよしよしよしーー!!!」


小声で歓喜す、たらん。


願ってもないシチュエーションです。
こんな時は一瞬にして目の色が変わりますね。





たらんは、しばらくクモバチの動きを観察したのち、石垣から離れた砂利道に出てきたところで、つかまえたばかりのアシダカグモをクモバチの目の前に放り投げました。


何度もやり直してるうちに、クモバチはようやくアシダカグモに気付き、素早く飛びかかりました。


アシダカグモも抵抗しましたが、数秒後には麻酔をかけられ動作停止。





狩蜂は獲物に麻酔をして運動機能を停止させるのです。
(その麻酔をたらんにも、と何度願ったことか)

獲物は巣に運ばれ、タマゴを産み付けられ、幼虫の餌となるそうです。
(クモバチの育児も大変そう)




さて、動かなくなったアシダカグモを点検するかのように、まとわりつくクモバチ。

点検作業?が終わると運搬にとりかかりました。




画質が悪いのですがよかったら
動画「アシダカグモ運搬中のクモバチ」もご覧ください。

触肢を大アゴでくわえて、後退運搬しております。





このあと、アシダカグモをどこに運びこむのか追跡したいですよね?
(そう思いません?)


しかし、たらんは捕獲しちゃいました。

(あらま)


「見張ってて!!」

(はいはい)


その隙にたらんは何やらゴソゴソ。
そして、、、



「よし、準備OK! 」

準備が整うとクモバチを再び解放しました。
(なになに?まさか…:)




ファーブルの実験の始まりです。
(なるほど、、、)





①クモバチからアシダカグモをとりあげる。

クモバチは羽を震わせて威嚇。
アシダカグモをつまむと抵抗し、綱引き状態に。

たらん略奪成功。
クモバチは必死に周囲を探す。





②そこへ別の元気なアシダカグモを目の前に差し出す。

クモバチはすぐに襲いかかり、一匹目と同じく麻酔!


動画撮影できました。
「アシダカグモを狩るベッコウクモバチ」






実験はつづきます。



③麻酔をかけられた一匹目のアシダカグモも、再びクモバチのそばに置いてみる。

一瞬迷った?のち、2匹目のアシダカグモを選択しました。


写真、見にくいですが。

クモバチが近寄っているアシダカグモ(中)が1匹目、クモバチの上に転がってるアシダカグモ(大)が2匹目です。
この写真のあと、2匹目のほうを運び出しました。


「大きいほうを選んだんだ!」

(そうなの?)




クモバチは運搬の途中、何度も休憩。
獲物を置いて、身づくろいしたりしてました。



ようやく石垣を登ったところで、もう一休み。



たらん曰く、
「石垣のすき間に巣を作るんだよ」。



巣に持ち込まれる前に、たらんはクモバチからアシダカグモを取り上げ、ケースに入れてました。

クモバチに麻酔をかけられたアシダカグモが、今後どうなるかを観察するのだそう。



クモバチに限らず、いつも同じようなことをしてます。
イオウイロハシリグモに噛まれたコモリグモ、
アシダカグモに噛まれたクサグモ、ヤチグモなどなど。

いろいろ保管してます。
(ミイラ状態…)



ちなみにクモバチに麻酔をかけられたクモは、これまでの観察では、すぐには死なないけど元気にもなりませんでした。



真剣な眼差しで「死んでるように見えるでしょ?でもまだ死んでないんだよ」と、手のひらで観察し続けるたらん。

(言葉にできない、いろいろな感動を味わってそう)





去年はクモを運搬中のクモバチを手のひらに乗せて、刺されて腫れたりもしてました。


Sくん:「人間が刺されても動けなくなるかも」
たらん:「大丈夫だよ、刺されたけど大丈夫だったから」


(説得力ある)





またベッコウクモバチの狩りを一緒に観察したいのはやまやまですが、、、、、

今週もずっと仕事です。
(充実してます)


toriuta

※よい子はマネしないでください。
※母はあたたかく見守りつつも寿命が縮んでます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 男同士のクワガタ狩り | トップ | 蜘蛛観察と悪ガキ観察 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL