たらんの蜘蛛日記/toriuta

蜘蛛好き息子との蜘蛛観察記

クモに寄生するクモタケ、クモを狩るオオモンクロクモバチ

2017-07-14 06:09:36 | 蜘蛛、その他
おつかれさまです。

昨日はS君と一緒にお寺に行ってきました。

悪ガキ落ち葉、にやり。




トタテグモの住処を観にいくと、

クモタケが生えてました。


クモタケは、キシノウエトタテグモに寄生する、キノコの一種です。


写真では表せませんでしたが、色は紫がかっていて、形は綿棒状です。


去年も梅雨明けあたりからニョキニョキ生え出しましたが、今年はなんだか数が多いです。

トタテグモの住処がバレバレ。
(今なら見つけやすい!)



蓋を少し開けてべろ~んとのびてます。


触ると胞子の煙がたちました。



クモタケを初めて観るS君と、そっと引き抜いてみました。


トタテグモはすっかりおおわれてました。


見やすい写真を撮ろうとしたのですが、

「あ!!ベッコウバチがクモを運んでる!早く来て!!」


緊急招集。



前回のクモバチとは違う種類のクモバチが、コアシダカグモを運搬してました。


たらん、捕獲。



オオモンクロクモバチだそうです。

脚が長くてうらやましいな。









その後、たらんとSくんはアシダカグモを求めて藪の中をガサガサ。





私は通路から見つかる蜘蛛だけを観察。


コガタコガネグモ。

近付きすぎて裏に逃げられてしまいました。



そういえば、、、

蜘蛛観察をはじめたころの私は、表裏さえ分かりませんでした。
(怖くてそこまでじっくり見られなかったですし)


このブログでも、最初のころの記事は、普通に裏側の写真を載せてたりしてます。

恥ずかしい。。。

でも、今でも観察眼は初級クラス。






こちらはコガネグモ?の幼体。

うまく撮れません、、、。

スマホだから、というより腕の問題かな。



西日を浴びるジョロウグモの幼体。





しばらくすると、


「初めてとれた!」

Sくんが嬉しそうにアシダカグモをつかまえてきました。

ついに触れるようになったようです。



コアシダカグモもゲット。

(このこは防火バケツ内にいました)



たらんはアシダカグモのメスと、、、


オスも。

「このオスは理想の色と模様だ」

確かに、なぜだかよくわかりませんが、今まで見たオスの中で、一番キレイに感じます。



最後に、、、



クモタケとならぶキノコ。



Sくん:「胞子が指についたからオレも寄生されるのか?」

たらん:「お前の指に毎日水スプレーかけてたら生えてくるかもな」

Sくん:「え……」




乞うご期待。


toriuta
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 蜘蛛観察と悪ガキ観察 | トップ | 憧れのデジカメ購入☆ »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL