🌸さらすな日記🌸

    🎌

縄文土器

2017年08月31日 | 日記(2017/07~
縄文式土偶って、こんなに多様で凄かったんだ〜!(✽ ゚д゚ ✽)
縄文式土偶はぜんぶ女性型なんだそうです。


これはレプティリアン型とか言われてた〜。笑

永井豪さんの漫画に出て来そう。


これ女らしい〜♪


オバチャン風(笑)



                さらちゃんのお気に(^△^)↑

青森県出土。しかし凄い。
なぜ縄文人はこんなデザインの土偶を作れたんだろう〜??

ちなみにこちらはフランスで発見された土偶。

手に月を持っている「月の女神」土偶だそうな…。
月というより角笛に見えるが…。というか、生き物??
とにかくやっぱり土偶は女性型なのですねー。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オバケのQ太郎

2017年08月30日 | 漫画


ふ〜ん、もしかしたらオバケのQちゃんたちは、縄文人の霊なのかもしれないな〜。
武田鉄矢さんが動画で、縄文人は死者に花をたむけたり、縄文人は犬を飼っていたり、老人や障がいのある人の世話をしていたと考えられる、などと語っていた。
そうなのかぁ…。

縄文人は、国常立尊をどんなふうに祭っていたんだろう…?
大地に感謝するだけで、「クニトコタチノミコト!」みたいに人格化する概念もなかったのだろうか…?
ただナントナク、大自然の厳しい神様がおわします、みたいな「在る」だけの感応だったのだろうか?
巫女に託宣を受けさせたり、供物を捧げて願いごとをするわけでなく…。
ただ、「きっと、いる♪」と思って、崇敬の念を抱いていただけだろうか…。
神様のふところに抱かれて生きるとは、そんか感じだったろうか…。

信仰という言葉すらなく、ただ、在る神、とともに生きる…。




コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

夜だよ

2017年08月29日 | 日記(2017/07~

 (神戸の夜景)

夜もいいものです。
今日も平和に夜がやって来てくれた…。
そして、お布団で眠れる…この幸せ…。

安からに眠りたいけど、今日、会社で部署替えを言い渡されて、心はザワザワ…。

イギリス王室の血統が、ダイアナ妃(ユダヤ人)とキャサリン妃(ユダヤ人)によって、ウィンザー朝からロスチャイルドの血族に取って替わられたというようなブログを読んで…、またも心はザワザワ…。
というか、ここまで来ると、「本当にユダヤファミリーは、目的に向かって頑張ってやって来たんだなー」と、多少感心せざるを得ない…。
というか、結局はそういう形での支配権の奪取は、ある意味常套手段なんだろうなぁ…。
要するに…、「入植」というか…。
イスラエルの土地をパレスチナから奪うには大量のイスラエル人の入植、世界の支配権を奪うには、世界の支配者の血族への入植…。
しかも皮肉というかなんというか、入植の軋轢により差別されたり酷い目にあった「母」に育てられた「息子」は、母を苦しめた血族への復讐心を抱いていたりして、自ら元の王統を積極的に破壊しようとするかもしれない…。

そこまで見越していたかは知らないが、とにかく凄まじい差別と迫害を受けた歴史を背負い、もう二度とそんな目にはあってたまるかと、世界をほぼ牛耳ることに成功したファミリーのど根性はやっぱりすごい。
でもそんなファミリーの支配にあくまで対抗するプーもすごいし、ある意味初めて白人に対抗して頑張っている中国もすごいと思う。(ただし、日本に害がある場合は阻止するべく、こっちもど根性で対抗しなきゃいけないが)

とはいえ、そんなど根性のユダヤ勢力でも、イスラエル国内で裕福なアシュケナージと貧乏なスファラディの格差のデモが起きたり、スファラの厳格なユダヤ教政党やその支持者による、ロシアからの移民アシュケへの「お前らは本当のユダヤ人じゃない!」差別など、「内部対立」を避けることはできない…。
(差別を逃れて、「祖国イスラエル」に帰還したユダヤ人が、祖国でユダヤ人から「本当のユダヤ人じゃない!」と差別されるってすごい話…。
でもロシア系ユダヤ人は、キリスト教徒とわりと頓着せずに結婚したり、豚肉がタブーじゃなかったりして、厳格なユダヤ教徒からすると、許しがたい要素があるらしい…。
まぁ、イスラエル国内の対立も、ユダヤ支配層ファミリーは想定内なのかもしれないけど…。

みんな、安眠できているのかなぁ…?


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

朝だよ

2017年08月28日 | 日記(2017/07~

今日も平和に朝が来た。
嬉しいな。
今日もがんばろ。
今日は誰かの役に立てたりするだろうか?
誰かに喜ばれたりするだろうか?
自分の欲だけ追って終わるかな…。

でも朝だー。朝だよ、朝がちゃんと来てくれたんだよ。
全ての人に公平に、朝は訪れるんだね…。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

身代わり…?

2017年08月27日 | 日記(2017/07~

最近、メガネをなくしてしまった。
結局、電車の中とかでスマホを見るとき、メガネを外さなきゃならないのが問題なのよね。老眼だから。(^_^;)
しかも、私がメガネをなくしてしまったのは、ある意味、他人に席を譲ってあげたからなのよね〜😒
なんだか納得がいかないわ…。

でもそんな時、三年くらい前、携帯電話を洗濯機で洗っちゃった時のことを思い出すの。
あの時は介護施設に母親を見舞って、差し入れをして、いろいろ衣替えとかの雑事をして、自分なりに「出来る限りの親孝行をした」とか思って家に帰ってきた日のことだったから、すっごく納得がいかなかったの。
「私の人生、こんなことばっかりだ…!」って。
何をしたって、全部仇になって返ってくるって…。
それでも携帯はやっぱ必要だから、翌日すごいぶーたれた気持ちで仕方なく携帯電話売り場に行って、ものすごくやる気なく、「これを機会にガラケーからスマホにするか」と思って、格安スマホに替えたのよ…。
そのスマホにより、ようやく日常的にネットが見れるようになり、ある意味人生が激変して…。

だから今回メガネをなくした時も、「もしかしたらこれにより、何かメガネ環境が激変するのか!? この近視と老眼がからみあった、メガネをつけたり外したりしなければならない不便さが、新しいメガネにより劇的に改善されるのか!?」とかちょっと期待したりもしたんだけど、結果的には今までのと同じ度数のメガネで、なんにも変わらなかった…。
まぁ、いいんだけど…。

こういうのも、ひとつの身代わり厄払いになるのかあ…。
せめて自分のわからないところで、そうであって欲しいわ。
だって何度も言うけど席を譲ってあげたからこそなくしたのよー!!!
しかもお年寄りとかじゃなくて、ハングルで喋ってたカップルのために…!!!

うう〜ん…、そう考えると、やっぱり厄払いかな…。
ここ数年、人生で一番の嫌韓になっているのは確かだし…。
そういう私の悪感情を、悪感情を持っているがゆえに起こるかもしれない厄を、こんな形で身代わり浄化シてくれたのかあ…。
ご先祖さまが…。

だったらいいけどね〜。( ・ั﹏・ั)




コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

たまにはこんなの

2017年08月26日 | 音楽


暑い休日は、こんな音楽を聴きながら冷房の効いたショッピングモールでお買い物でもするか〜ヽ(^o^)丿

ただね〜、男性と共演するんだから、ビヨンセにはもうちょっと女性らしさを出して欲しかったな〜、
ある意味、「ド迫力」的にはちょっとお腹いっぱになるというか。笑
このあと女の子らしい日本アイドルの動画とかを見たくなっちゃいます。

でも面白いのでオススメです〜(*^。^*)



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

思い出の釜飯

2017年08月25日 | 日記(2017/07~

いわゆる「釜飯専門店」で、しゃもじでお釜からお茶碗に釜飯をよそって食するという、本当の釜飯を食べたのは、今までの人生で一回だけなんです。😄
おそらくもう二度とないかもしれない。
なぜかというと、同じ1,000円の外食なら、釜飯屋さんではなくて違うお店に入ってしまいそうだから…。
ご飯茶碗にして二杯半くらいの、炊き込みご飯のみを食事に選ぶということは、そうそうないような気がします。

だからこそ、小学二年生の時、外出先で大きな釜飯専門的に入り、母親と食べた釜飯が、唯一の釜飯体験として長く心に残っているのです。
子ども心に、自分で茶碗によそって食べるのが楽しかった…♡
そんなことが、やけに印象深い思い出になるって不思議ですね…。
姪っ子ちゃんたちにも、そんなどうってことない思い出をいっぱい作って欲しいなぁ〜。
それには、「いつも同じ」にしないことが大事なのかなぁ…。(^。^)
冒険が重要なんですかね。笑


Thanksgiving you (*˘︶˘*).。.:*♡


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

占いスキャンダル

2017年08月25日 | 日記(2017/07~

元レーガン大統領のファースト・レディ、ナンシー夫人にはおかかえの占星術師がいて、その人物が合衆国の重要な決定に影響力を及ぼしているというスキャンダルが当時あった。
一方で、スキャンダルというか、世界的な治世者なら誰でもおかかえの占い師がいるのは当たり前で、例えば湾岸戦争の開戦日のような重要な日取りを、戦略だけでなく占星術などで補完するのもむしろ常識である、みたいな意見もあった。実際に湾岸戦争当時、多くの占星術師たちがその開戦日を予測できたという…。

この話の真偽はわからないけれど、私も大企業のトップや国のトップは、多少なりとも占い師や霊能者などの「助言者」的な人物とのつながりはあるような気がする。
そんな中で、70年代から超能力研究に取り組んできた中国、ロシア(ソ連)の現代の治世者はどうしているんだろう?と思ってしまう。
占いとか霊能者とかは一切関わらず、頭脳戦略だけでやっているんだろうか?

なんか、知りたいなぁ…。

昨日、アメリカの霊能者さんが出演したテレビ番組をさわりだけ見た。(すぐやめてしまったけど…)
その霊能者さんがスタジオ観覧者に「亡くなった家族があなたを見守っている」と話をし、その観覧者が涙する、みたいなVTR…。
正直、見慣れた光景なのだけど、ただそのスタジオ観覧者が、みなアメリカ人というのが不思議だった。
キリスト教圏には、元来「死んだらあの世に行く。あの世から生者を見守っている」みたいな概念はないはずなのに…。
アメリカ人でも、死んだ後も魂だけでなく、個人の自我、自意識もまだ存続しているという話を信じる…。家族や親しい人の死を経験した人ほど…。

占い師や霊能者とつながりのある治世者たちも、あの世や、あの世でも自分自身が存続することを信じているのだろうか…?
昔読んだ美輪さんの本に、政治家たちの集まりに呼ばれ、「この世で私利私欲に生きたら、あの世で大変ですよ」みたいな講演をしたら、政治家たちは「おお、怖い」と笑っていた、との著述があったけど…。

治世者や企業のトップたちが「選挙に当選するか」「どこに工場を作れば成功するか」を霊能者に尋ねながらも、あの世については何も考えないということもあるのだろうか…?

治世者たちのあの世感を、死んだら自分はどうなると思っているのかを聞いてみたいなぁ…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国会議事堂に見学に行って来ました〜♪

2017年08月24日 | さらすの東京探訪
赤坂日枝神社から徒歩5分のところに、国会議事堂はあります。

無料で見学出来るので、小一時間の見学ツアーに参加してみました〜♪
ボディチェックを受けてから、中庭を通って議事堂に入ります。


傍聴席から撮影した衆議院議場です。大正から昭和にかけて建築されたので、やっぱり昭和レトロなムードがムンムンです🎶

椅子が小さくて狭いのは、当時の二本人の平均身長が、現代より10cm低かったからだとか。
そんな説明を聴いている間、なんだか妙な気配がしました。
誰かに見られているような…。
もしかしたら、歴代の議員さんたちの霊かも…。ナンチャッテ(;・∀・)

ステンドグラスの天井。イギリスから輸入したものだそうです。
もし何か天災あった際、ガラスの破片が議員さんたちに落ちないようにワイヤーが張ってあるそうです。


天皇陛下がいらした際の御休所(ごきゅうしょ)。

(こちらは撮影不可のため冊子から)
総ヒノキ造りに本漆塗りのお部屋に、お机と椅子が一つだけ。
このご休所は天皇陛下だけのご休所であり、皇族の方々のご休所はお隣りにあります。そちらは大テーブル。

議事堂の中央広間です。

伊藤博文、板垣退助、大隈重信の銅像が三方に立っています。
残りの一方は、「それにふさわしい大人物」が出た時のために、わざとあけてあるそうです。
「あえて完成」させない禅の精神ですね。(^^)

広間の天井は、国会議事堂のあのピラミッド型に出っ張った部分。

こうなっていたんですねー。

一時間のツアーを終えた後、最後に議事堂を撮影して終了です。
私は本当は議事堂の食堂のカレーが食べたかったのですが、食堂のシの字も出なかったのがちょっと残念でした。笑

とっても良い体験でした〜。
ありがとうございました〜😄


Thanksgiving you (*˘︶˘*).。.:*♡



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

翼をください

2017年08月23日 | 日記(2017/07~


数年ぶりに、「見たいな〜💖」って思ったテレビ番組。
ぶっちゃけ、感動して泣きたい。笑
感動出来るかな…?
泣けるかな…?
久々に、「やっぱテレビっていいな〜♪」って思えるかな…?
思いたいな…。(*´ω`*)


Thanksgiving you (*˘︶˘*).。.:*♡


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

愛しのドクター・リード💖

2017年08月22日 | 日記(2017/07~

マシュー・グレイ・ギャブラーさん演じる「クリミナル・マインド」のFBI心理分析官、ドクター・スペンサー・リードが大好きでした〜💖
博士号を持っているがゆえに「ドクター」の称号が付くリードは、まだ子供の頃に飛び級して大学に進学し、そこでイジメにあったトラウマを持つ天才捜査官です。

そんなリードは「連続殺人犯」の事件のみを扱うチームに所属しています。
チームはサイコパスの心理を分析し、その行動を正確に予測して、凶悪犯の逮捕に挑んでいきます。
このドラマの元ネタになっているのが、「犯罪サイコパス学」の基礎を築いたロバート・レスターの『FBI心理分析官』という本です。
彼は逮捕収監されている連続殺人犯たちと面会し、「連続殺人犯の特徴」や「連続殺人犯になる要因」などを探って行きました。
その中で、サイコパスの多くが幼少時に虐待を受けていたことが判明します。
そしてそれは、あまりにも残虐な犯罪を犯す者たちが「犯罪者になってしまった原因の一つ」として、一般庶民に「さもありなん」と思わせる要素がありました。

「クリミナル・マインド」でも、連続殺人犯たちはほぼ全員、虐待経験者です。
しかしこのドラマで連続殺人犯を追うFBI心理分析官もまた、虐待経験者が多いのです。
子供の頃に、心が破壊されてしまうような辛い経験をした者が、他者や社会を呪う犯罪者になり、また一方で、犯罪から人々を守ろうとする警察官になる。
私はこれこそが、「クリミナル・マインド」というドラマの真のテーマではないかと思います。

子供の頃にイジメにあったリードもまた、人間関係が苦手で引きこもりがちな性質、ひとつ間違えば連続殺人犯と同じ特徴を備えながらも、自分なりの正義のために働いています。
そんなリードは、連続殺人犯の全てを、「人間の心を失った怪物」扱いしません。
どこかで彼らを理解し、まだ救える段階ならば、救いたいと思っている。
リードには、慈悲の心があるのでした…。
(軽い)虐待のせいで、多少なりともサイコパスの要素を持ってしまった私は、「誰かに慈悲をかけて欲しい…」と願っていたのかもしれません…。

90年代にはヒーロー化すらしてしまった感のあるシリアル・キラーを心理分析しようとする動きは、ドラマや映画の隆盛を尻目に、実際の犯罪学では下火になったと言われています。
その理由は、いくらサイコパスの精神分析をしたところで、無駄ということが現実的に分かって来たからです。
サイコパス犯罪者には、あくまで「対処する(逮捕し、薬物治療をする等)」が現在の方針だそうです。
私見ですが、私もそれが常識的な態度だと思います。

サイコパスの心の解明をすることよりも、自分が少しでも明るく、社会や他人に感謝できるように、物事の「いいところを見れる」人になりたいです。😳




Thanksgiving you (*˘︶˘*).。.:*♡

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

I will follow Him/「天使にラブソングを」より

2017年08月21日 | 音楽


「何があっても、私は彼についていく…!」なんて、男の人に思うのは、「ええ〜、大丈夫〜?」なんて思ってしまうけれど、神様への信仰心なら安心ですね。(*´ω`*)
心の中のイエス様なら、浮気して他のひとのもとへ行っちゃったり、自分をおいてあの世へ旅立ったりしちゃうことはない…。

主イエスは、いつも私の心の中におわす…。
それがキリスト教の内在神なんだろうなぁ…。
自分自神かぁ…。
内在神を、それでも他者ととらえるか、自身自神ととらえるか…。
私は自分自神だと思っていたけれど、神様が自分の心に内在してくれているのはコノ世だけで、しんだら離れて行ってしまうということは、やっぱり他者的存在なのかな…?
あれ?
そうじゃなくて内在神を立派に育てられたら、内在神に乗せてもらってアノ世に帰れるんだっけ?
頑張って生きたら、内在神が霊界に乗せていってくれるんだっけ…?

キリスト教を本気で信仰して、貧しい人々のために社会奉仕活動をした修道士さんや修道女さんは、キリスト教の御使いがちゃんと迎えに来てくれて、キリスト教神界に帰れるものなのか…。
帰れるといいね…。
でも一番は、そんなことすら望まなくなるまでになれたらいいなぁ…。
他人の奉仕することが無上の喜び、そんなふうになれるといいなぁ…。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

テレビはこれからどうなるのかなぁ…

2017年08月20日 | 政治考︰さらすの生きる国

もうこんな時代は戻って来ないのかもしれないねぇ…。
ただ、家族団らんはテレビがなくても出来るもんね…(´ . .̫ . `)
50年くらい前までは、テレビなしでやっていたんだし…。

昨日書いた記事↓、なんか、こういうのでワーワーなっちゃう社会って、自分の心って、哀しいですね…。


「反日組織を実名で公開○刑!?」

日本のキー局の情報バラエティー番組は、ほぼ全て「泉製作放送」という会社一社により製作されている。
各局の報道バラエティーを、たった一社で作っていることも問題だが、もっと重要なのは、それを報道ニュース枠ではなく、報道バラエティー枠としてやっているということ。
ニュース番組には、放送倫理上の厳しい制約があるが、バラエティーにはそれがない。
それを利用して、報道バラエティー番組で、政権批判、ひどいプロパガンダをやっている。
これはある種の言論統制である。

そうだったんだ〜!!
これは本当に大問題だよーー!!😤😤😤
政府がガツンと取り締まらないのは、偏向した印象操作が「ニュース番組」じゃなく「バラエティー番組」でやっていたからなんだ…。
クメひろしさんの番組から、ニュースではなく報道バラエティー化が始まったらしいけど、単に「キャスターが自分の意見や感想を言い始めたから」じゃなくて、「法律上、ニュース番組は公平でなければならない」という倫理を守らなくていいという要素があったんですね…!
だから夕方のニュースも、グルメとかを入れとバラエティー化して、法律を守らなくてもいいような抜け道を作ってたんだ…。
ぐぬうう〜!😠😠😠
でもそれだからこそ、その抜け道を使い切れないNHKが一番落とし安いんだ…。

それと…、北朝鮮系の乗っ取り犯は、いくら自分たちが必死で日本で工作活動しても、トップは自分の身可愛さしか考えてないことが分かっても、モチベーションは全く衰えないのかしら…?
工作員たちの利益や夢って、本当のところ何なんだろう…?
もう自分の国なんてどうなったっていいけど、日本は絶対に潰したいという恩讐だけなんだろうか…?



Thanksgiving you (*˘︶˘*).。.:*♡


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏のおめざ13

2017年08月20日 | 日記(2017/07~

なんと今年お初の梨を食べました〜♪
やっぱ梨はみずみずしくっていいやね〜(≧∇≦)b

えっ!? 最近、梨トーストが流行ってる!?

わー! 梨のタルティーヌや〜💖
トーストしたパンにバター塗って、梨を乗っけてシナモンをふり、またちょっとオーブンで焼いたら出来上がりか〜。
美味しそ〜😄




Thanksgiving you (*˘︶˘*).。.:*♡

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お清め4

2017年08月19日 | 日記(2017/07~


( ´ー`)フゥー...
コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加