🌸さらすな日記🌸

💖人生は楽しまなきゃね〜
あんまり片意地はらず
気楽にエンジョイしていきたいなぁ〜(*´﹃`*)💖

恋人たちの予感

2016年12月28日 | 日記(2016/11~2017/06)

「恋人たちの予感」/ロブ・ライナー(1989)

この映画を見た時、「えっ!」と思ったことがありました。
それはあの「スターウォーズ」のレイア姫のキャリー・フィッシャーが、とってもキュートなメグ・ライアンの、ある種のブス友として出演していたからです。(す、すいません (^-^;))
いわゆる、主役カップルの友達カップルの役でした。

この映画でのキャリーは、レイア姫の重い鎖から解き放たれて、とても自然体に、ちょっと世話焼きなアラサー女性の役をやっています。
どこかウッディ・アレンの映画に出てくるミア・ファローやダイアン・キートンみたいな雰囲気を漂わせています。
レイア姫をやっていなかったら、キャリーの女優人生はまた違っていたものになっていたのか、いなかったのか…。
それは誰にもわからないけど、私にとってキャリー・フィッシャーという女優さんは、ニューヨークを舞台にした洒落たコメディに出演された俳優さんです。
ご冥福をお祈りいたします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビクビク | トップ |  »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (薫風亭奥大道)
2017-01-01 16:25:57
キャリー・フィッシャーは『ブルース・ブラザース』でジョン・ベルーシを殺そうとする元恋人役で出てました。あれも立派なコメディエンヌぶりでした。
ご冥福をお祈りします。
Unknown (Sarasz)
2017-01-02 21:38:13
昔見た時は気付かなかった~!
今youtubeで見て確認。
ベルーシとキスしてた~ 笑。
私はね、「スターウォーズ」のオーディションと、ブライアン・デ・パルマの「キャリー」が同時に行われていて、レイア姫に落ちたナンシー・アレンが「キャリー」に出て、「殺しのドレス」に出て、デ・パルマと結婚し、やはり「キャリー」に出てデ・パルマが好きだったエイミー・アービングがスピルバーグと結婚し…、という有名な逸話が好きなんです。
人間の縁や運の不思議を感じて…。
映画監督って結婚した女優を自分の作品に出す人と出さない人に別れるけど、出さない大監督と結婚した女優にちょっとだけ同情しちゃうんです。
そういう意味で、エイミー・アービングの人生もいろいろ考えちゃって…。

あっと随分話題がズレちゃった(^-^;
大道さん、ありがとうございます~。

コメントを投稿

日記(2016/11~2017/06)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。