慰霊

2017å¹´08月13日 | æ”¿æ²»è€ƒï¸°ã•ã‚‰ã™ã®ç”Ÿãã‚‹å›½

最近、雲井龍雄という人物を知ったのですが、物凄い秀才で優秀であったにも関わらず、東北の人だったから必然的に旧幕府勢力となり、戦に敗れてしまう。
しかしその秀才ぶりから新政府にも認められ、要職に登用されますが、周囲に旧幕府軍の没落浪士などが多く集まったことから、彼らの新政府への帰順を嘆願したために謀反人と目されて、斬首刑に処されてしまった…。
確かに反薩摩の意識は強かったみたいだけど、当時の維新側vs旧幕府側の戦いは、東北にしてみればかなりの巻き込まれ型であったし、その中で米沢藩の雲井は調整役として動いたような人だった。
しかし新政府は雲井の同士13人をも斬首、22人を獄死させた正当性を主張するため、雲井のそれまでの功績を全て消し去っている…。

(廃れた雲井龍雄のお墓)

こういった人物の霊を政府が一切慰霊しないことが、日本に反政府、反国家勢力が強くなる要因になってしまってもいるんじゃないかなぁ…。
そこが皇族と違うところと言うか…。

従軍慰安婦問題も、実は陰にいるのは、まったく慰霊されていない日本人慰安婦の怨霊なんじゃないだろうか…。
河野氏にしろ、朝日にしろ、日本人慰安婦に対して、謝罪や補償をちゃんとすると言った要人は一人でもいるのか?
だから私は、韓国の少女像の横に、日本人慰安婦の像も建てればいいと思う。
もしそれに韓国が文句言ったら、「だってこれ、女性の人権を訴える像なんでしょう? 日本人女性には人権がないの?」って言って。
ややこしい物事は、もっとややこしくなるようにした方がいいと中島らもが言っていたし。

とにかく、安倍さんも一度、日本人慰安婦に対して謝罪し、その慰霊神社を建てるというのはどうでしょうか。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   ã“の記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« èµ¤é–“神社と安徳天皇 | ãƒˆãƒƒãƒ— | ãƒŠã‚¹ã¨ã‚­ãƒ¥ã‚¦ãƒªã®â€¦ »
最近の画像[もっと見る]

コメントを投稿

「政治考︰さらすの生きる国」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。