🌸さらすな日記🌸

😰これから数ヶ月間、多忙期に入ります〜😰
😉できる範囲でマイペースにやって行きますので
よろしくお願いします〜😉

いたちごっこ

2017年06月25日 | 日記(2016/11~2017/06)

ここ数日、まさに、「欲望」とのいたちごっこみたいなことをしていた。
「美味しいものを食べる」とか、「ダラダラする」「無駄遣する」とか…、生活内における快楽を追い、それを自分に与え、また飽きずに快楽を求める…。
果てしなく続く、虚しいものとのオニごっこ。
気づけばいつのまにか、欲望に追いかけられまくる側に…。

でもそんなことを繰り返しているうちに、思い至ったのは、「私って、ダメだなぁ…」という深い深い自分への絶望感…。
なんとなく、他人と違って「ちゃんと」生きられない、美しく生活できない自分へのガッカリ感…。
他の人はもっと、ちゃんと生きているんだろうなぁ、そして、ちゃんと生きているからこその、人生の果実をちゃんともぎ取っているんだろうなぁという羨望…。

私もちゃんとしたいのよ。😖
神社にどんなに参拝しても、なんとなく生活がちゃんとしてくるということはないもんですね…。
自分の意志でやるしかないんですね…。
人間のテーマとは、要するに「自制」なのだろうか…?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ヒトラーは生きていた!」 | トップ | 欲するもの »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たま♪)
2017-06-25 21:18:25
だんだん深い場所になってって、読みづらくなってきたからこっちに書こ☆

知らなかった!バトルロワイヤルってそんな意味があったのかあ。私は、ただのスプラッタな暴力映画としか思ってなくって。そんな社会風刺があるとは思っても見なかった。そういう視点もあったのね。

自制するさまが美しいというのはその通りなのだろうけど。
自堕落な私は、自制しないままドツボにハマって痛い目にたくさん遭ってきたので。
まあ、なんていうか、結局自制しといた方が、トータルでラクだよな~ていう感じ。
高校生の時に体重が52キロまで行ってしまった時、元の体重に戻すのに半年かかってとても大変だった^^;しかも元の体重に戻った時、全然知らない人とかから「良かったね」って言われたりして 笑 塾の先生にも「あの時”太ったね”、なんて言えないから我慢してたんだよ」とか言われたり^^;
自分ではバレてないつもりでも、周囲は体重が元に戻った時、みんな祝福(笑)してくれた。
自堕落に52キロまで行ってしまうよりかは、大台に乗りそうな時に気を付けた方が、ずっとエネルギー&時間が要らない。自制は美しいなんて言ってらんない☆やっぱり、トータルでラクしたいっていう、ちょっとセコイ思いもあるのにゃん☆
アレ?なんか話がズレましたね^^;

右胸の内在神は、その人の発露具合で認識具合が変わるのだという。一番良いのは、ただ暖かいとかそういうのらしいけど。私が感じたのは、昔はラマナマハルシさんを感じたりだとか、伊勢神宮を感じたりだとか、まだまだ認識具合が低いから具体的なイメージを感じてしまうのだと思う。
それでも、右胸に伊勢神宮を感じると、すごく気持ち良くって。夫様と自分はあの世で同じ場所にいられないとしても、できるだけ伊勢神宮に近い場所に行きたい、それが幸せ♪だ^0^って思うの。右胸に神様を感じてる時は、夫と離れることなんてどうだっていいや、みたいな気持ちまで湧き上がってしまう。
そうはいっても、現実生活で夫様が居なくなったら、猫が死んじゃった時以上に泣き続けて、わーわー騒ぐんだろうな、て思う。
うまく表現できないけど、内在する神様を感じてる時は、この世の幸せとは切り離された幸せを感じるのよね。それを感じたくって、右胸に感謝したり、先祖に感謝したり、大地に感謝したりもしてしまう。そういう不純な目的でも、感謝してると幸せ感を感じるんだから、感謝ってすごいなーて思う。
ついでにそれが来世での善徳貯金にまでなるなんて、なんてオトクなのぉ^0^と思ふ☆
でも、サラスちゃんの記事どおり、神社に参拝してても、日々の掃除をさぼらずに頑張るだとかいうのは、自分の努力次第ってわけで^^;
残業も減ったので、これから1時間お掃除してから寝ようと思いまする☆
Unknown (Sarasz)
2017-06-26 12:53:16
私はものすごく「休みたい」って気持ちが強くて…。
結局、「私は疲れ果てた」って思いがずっと長く続いているからだと思うの…。
他人がどれだけ人生に疲れているのか、特に疲れていないのか全く見当が付かないんだけど…、私自身はすごく疲れ感慨があって…。
なぜそんなに疲れているのかというと、社会生活自体が「性に合わない」みたいなところがあって…。

ただ某ブログ主が「死んだらいくらでも休める」って書いていたのど、「とりあえず死んだら休めるんだろう」っていう安心感は多少出来て…。

20代の頃、会社で働くのが辛くて辛くてたまらなかった。
イジメとか残業とか何にもないのに、ただ会社勤めが性に合わないと思っていて…。
でも今は昔ほど会社勤めが辛くない。
多少慣れて来たんだろうと思う、会社勤めに、社会生活に。
こうやって社会生活とか人付き合いとか、苦手なものに苦しくても慣れていかないと、来世も社会生活が苦手で辛いままかな…。
あ〜あ…。

コメントを投稿

日記(2016/11~2017/06)」カテゴリの最新記事