🌸さらすな日記 感謝でやってこ♪ どこまでも〜 🌸

プラスの出来事にもマイナスの出来事にも、良い人間関係にも悪い関係にも、全てに感謝します💖 ありがとう〜💖

時代の中継ぎという役割

2017年07月17日 | 日記(2017/07~

↑Click Here
「風の谷のナウシカ」の映画版を、高校生の時に劇場で観ました。
その時は思春期の生意気ざかりだったので、「なに?この"おキレイな話"は」って思いました。
その当時、2巻くらいまで出版されていた漫画版も読んでいましたが、映画は複雑そうな漫画版をかなり「口当たりよく、子供向けに、そしておキレイに」作られている」と感じました。
しかし、それから、ナウシカの漫画版を買うことがなくなってしまって…。

先日、上のユーチューブを見つけ、その内容に驚愕しました。
この動画により漫画版は、「地球の支配層は人類の欲(による戦争気質)に絶望し、一度人類を全て滅ぼし、そのうえで地球環境の浄化をさせ、それが終わった時点で、「卵」として保存してある新人類を育て、新たな時代を創ろうとしていたのです。そしてナウシカは、環境汚染が広がった地球でも生きているように作られた人造人間だったのです。漫画版でその事実を知ったナウシカは、自分が新人類時代への「ただの中継ぎ役」だったことに怒り、その新人類の卵のシステムを破壊してしまう」ということを知りました。

ある種の聖人、聖なる乙女だった映画版のナウシカと違い、漫画版のナウシカには自己犠牲的精神はなかったのかと、地球全体のことを考える器の大きさはなかったのかと、いささか悲しくなってしまいました…。

しかし、これはあくまで一人の作家が創作した物語です。一人の作家が描いた一人の主役の選択を描いた物語です。
「風の谷のナウシカ」という物語や、この作品を創作した作家個人にはまったく関係なく、私はこのエピソードを読んで、ある空想にふけってしまいました。

それは、太平洋戦争で負けた日本において、日本を支配し、二度と日本が白人世界に楯突いてこないよう、日本人の力を封滅しよとした支配層に、「日本人のかわりに、お前たちが日本を管理しろ」と命じられた外国人たちの気持ちです。

続く

ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほくさい美術館 | トップ | 時代の中継ぎという役割2 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たま♪)
2017-07-18 18:28:51
いやはや。私、漫画持ってるんだけど☆
サラちゃんが貼ってくれたユーチューブを全部見たわけじゃないけど(長いし、内容が気に入らないわ^^;)その解釈は大分違うと私は思うー☆
卵を破壊するのは、「中継ぎだった事を怒って」ではない。
なんていうのかなあ。生命を司るのは神様の領域であって、人類が簡単にそんなことに手を出してはいけない、っていうエゴを嫌って という理由に見えたけど。
ただ、ね。はやおさんもあとがきに書いてたけど、すごく悩んだ結末だったと思うわ~。
そもそも、はやおさんは、平安時代の虫好きの姫様の話を読んで、「変わり者扱いされて大変だったろうな」と思ってナウシカを書き始めたわけなので。
最後は本当に苦労されて、苦し紛れの結末だったろーなーって、漫画読みながら思った。けっこう無理のある設定だったもん。最後の方なんて特に。
7巻もある作品を、あんな簡単にユーチューブで語られたらたまらんわ、て思ってしもたわ^^;
Unknown (Sarasz)
2017-07-18 20:10:08
えっ! 本当に!?
それはトンデモないことをしてしまったわ!
責任持って近日中に漫画を実際に読んでから、この件は再び論じさせていただきます。

すみません…。
えっ? (たま♪)
2017-07-18 20:49:43
ごめん、そんなに真面目にうけとるとは思わなかった☆
そんなん、やめといた方がいいかも。
ナウシカ、そこまで面白くないし^^;
読むの大変だよぉ
Unknown (Sarasz)
2017-07-18 21:46:25
キャッ! たまちゃん、「面白くない」って言っちゃう? 笑
そう言われると読みたくなくなるなあ…。(←いい加減)(^_^;)

全然関係ないんだけどさ、ナウシカって「鉛筆描き」なんだよね。
普通の漫画ってペン入れって作業があるじゃない?
でも宮崎さんが連載先の「アニメージュ」に、「ペン入れする時間がないから描けない」って言ったら、印刷会社と実験みたいなことして、「鉛筆でも問題ないです!」ってことになったんだよね。

でもさ、それ以降も他の漫画家はみんなペン入れしてるじゃない? 普通だったら、「鉛筆でいいんなら、ボクも鉛筆でやりたいんですが」って人が出てきてもいいのに、出てこないのは、やっぱり宮崎さんは特別扱いだったというこだったんでしょうかね。
余談ですが…。
そおなんだ (たま♪)
2017-07-18 22:03:21
私~、アニメージュとか詳しくないから
その時代はみんなそういう絵なんだと思ってた🐔
ナウシカ買ったのって、大分大人になってからなの。
ナウシカが映画化されたのって小学生か中学生の頃だったんだけど、漫画って、それよりずっと前なわけでしょ?その時代の漫画は、ああいう画風だと思ってたわ。
ビレッジバンガードを夫様とうろついていて、なんとなく買ったの。あの頃は、漫画読んだりとか、まだ暇があったんだよなあ。
暇だったら読んでも面白いけどね、
忙しい中読むほどは面白くはないのさあ^^;
Unknown (Sarasz)
2017-07-18 23:42:14
漫画は1982年開始で、映画は1984年製作だから、2年くらいしか差はないかな〜。

私はある意味今ナウシカの漫画の絵を見ると、諸星大二郎的だな〜と思ってしまう。笑
意外に宮崎さんの方が影響されているんじゃないかと。ただの推測ですが。

暇かぁ…。
ただね、二時間の映画を、漫画なら15分で読むことが出来るのよね〜。
モノにもよるけど。
漫画は比較的時短かと。(*^。^*)
Unknown (Sarasz)
2017-07-18 23:52:21
あ、いけね、また推測でテキトーなこと書いちゃった。
イカン、イカン💦
気をつけまーすまm(_ _;)m
Unknown (たま♪)
2017-07-19 19:58:29
漫画は時短っていう一般論にはさんせーだけど☆

ナウシカの漫画は複雑怪奇でむつかしいのよぉ。だから時間かかるからおススメしない。そこまで時間かける価値を感じないー。
ラストがテキトーというか、宮崎さんって、悪党をコミカルに描くのはラピュタからそうだけど、さあ。
重くて難解な種明かしの後に、悪党の嘘めいたコミカルな反省もウザいというか。
1、2巻で読むのやめたのは正解だと思うのにょん☆
Unknown (Sarasz)
2017-07-19 21:15:55
そ、そんなラストなんだ?(^^;
じゃあやっぱり、ナウシカは老後にひまな時間があったら読むことにします。笑

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。