🌸さらすな日記 感謝でやってこ♪ どこまでも〜 🌸

プラスの出来事にもマイナスの出来事にも、良い人間関係にも悪い関係にも、全てに感謝します💖 ありがとう〜💖

時代の中継ぎという役割2

2017年07月17日 | 日記(2017/07~
もし私が、在日半島人で、戦勝国の司令官より「これからはお前たちが日本民族の支配者となれ。しかもそれを日本民族には覚られてはならぬ。もちろん、我ら戦勝国の支配下における支配だが、お前たちの支配層としての身分、利益は補償する」と言われたら、どうするだろうか、と想像してみました。

伝統ある国の、支配権を得る。
とは言え、最初は敗戦ゆえの貧しさ、食糧難の解決、インフラの整備など、支配者であるといえどもやらなけばならない仕事はいっぱいあります。
そんな中で、徐々に発展する日本の経済力によって、自分の祖国が発展することにも力を注ぐ。日本国民から徴収した税金を、どんどん祖国へと投資する。

そんな時、もともと宗主国だった中国までもが日本の乗っ取りを企み始めます。
ここなんです。この時点で、普通だったら在日支配層は「なんで中国が出張ってくるんだ! 中国人に日本の支配権を奪われてなるものか!」と思うはずじゃないかと思うんです。
そしてなんとかして日本を自治区にしようとするな外国(自分たちを支配層からひきずり下ろそうとする勢力)を躍起になって追い出そうとするはずなんですが、それをやってないように見えるのは何故なのか…?
それともやっているのか…?
長年の宗主国だから「捧げもの」をするのは当たり前、的な思い込みがあるのでしょうか…?
その辺が不思議なんですよね、個人的には。

在日半島人支配層は、日本の支配権を中国に譲っても「いいや」って思っているんでしょうか? 「どうせこんな幸せは長くは続かないものだろうし」みたいな。
または、とにかく今、自分が中国から賄賂をたくさんももらえればいい、自分の子孫に日本の支配権を相続させることが出来なくても別にいい、そう思っているのでしょうか?

在日支配層は出身地域的に、南北両方がいるので、ある意味南北両方に日本のカネを供給することができています。日本の支配権を在日南北半島人が持っているからこそ、南北の祖国にカネが行くのです。
しかし、もし日本の統治権を中国が握ったら、中国の支配層は半島にこれまでのようにカネを流してくれるでしょうか?
小学生でも、「くれない」と思うはずです。
なのにどうしてマスコミは、中国叩きを必死でやらないんでしょう?

結局は、どうせいつかは支配権が「日本人に戻る」のならば、大国中国の手に渡ることで、自分たちを差別した憎き日本人が苦しんだ方がまだいい、ということなんでしょうか。
自分のたちの手から離れてしまうものは、破壊してしまえ!ということなんでしょうか…?


ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時代の中継ぎという役割 | トップ | 夏のおめざ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Sarasz)
2017-07-17 19:16:59
要するに、今、主に日本は誰と誰が戦っているのか、よくわからなくなっている、ということなんです、私。(^^;
・日本 vs 中国&韓国&北朝鮮
・日本 vs 中国&北朝鮮&ロシア
・日本&米国&英国 vs EU他

・日本民族 vs 在日朝鮮人
・日本民族 vs 元部落民
・日本民族 vs 反日ユダヤ勢力

・日本国体制 vs 維新時幕府側だった勢力
・日本国体制 vs 共産主義者
・日本国内体制 vs マスコミ(GHQの傀儡)
・韓国系日本支配層&韓国 vs 北朝鮮系支配層&北朝鮮
・半島系日本支配層 vs アメリカ(GHQ系、反日ユダヤ勢力)
・    〃   vs 親日ユダヤ精力

あ~、こんがらかる~
Unknown (たま♪)
2017-07-18 18:16:14
日本は、というか、人は皆、自分の中の悪魔と戦ってる時があるとは思うー。
でも、日本人だって色々なように、中国韓国北朝鮮ロシアも、住んでる人は色々だと思うの。
誰とも戦わなくて良いんだと思う。
ただ、攻め込まれないように、できることをすればそれでOKだと思うわ~^0^
Unknown (Sarasz)
2017-07-18 21:02:54
>誰とも戦わなくて良い

そうかもねえ…。
逆に,戦おう、戦おうとする側が自滅して行ってしまうのかもねえ…。😔

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。