🌸さらすな日記🌸

    🎌

「リリーのすべて」/トム・フーパー

2017年12月11日 | 映画


親しげな二人の美女を写したこの写真。
実は二人は、夫婦なのです。
うつむいているのが妻のゲルダ、カメラ目線でこちらを見ているのが、夫のアイナー・ヴェイナーです。
彼は世界で初めて、性転換手術を受け、男から女になった実在の人物です。


1900年代のベルギー、画家のゲルダは、同じく画家のアイナーにモデルをしてもらいながら、創作活動に勤しんでいました。
しかし夫のアイナーは、ゲルダを愛しながらも、心の奥に「女になりたい」欲求を抱えていました。
そしてそれが、ゲルダの絵のモデルをする際、女装したことから、徐々にエスカレートしていきます。
初めはふざけ半分で夫の女装を手伝っていたゲルダは、ついにアイナーから、装いだけでなく、心も女であると打ち明けられます。



アイナーの心は、完全に「リリー」という女性に乗っ取られてしまったように、ゲルダには感じられました。
ある日ゲルダは泣きながらリリーに叫びます。
「お願いだから、私の夫を返して!」と。
しかしリリーは、悲しげなからも確信に満ちた顔で、ゲルダに答えます。
「アイナーはもう、いないのよ」

そしてリリーはついに、世界初の性転換手術を受けることを決意します…。
しかしそれは、リリーの求めた「男性と結婚して、子どもを持つ」という目標を、叶えてはくれませんでした…。


「自分の人生に責任を持つ」「苦労を引き受ける」とは、一体何なんでしょう…。
何が努力で、何が逃げなのか…。

少なくともゲルダは、それらすべてを引き受けた女性でした。
愛する人のために…。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加