🌸さらすな日記🌸

    🎌

寄宿舎の少年愛「トーマの心臓」「寄宿舎〜悲しみの天使〜」

2017年12月10日 | 映画

萩尾望都さんの作品に「トーマの心臓」という漫画があります。
「ポーの一族」とともに、サブカル系少女漫画ファンたちの間で一世を風靡した作品です。
ストーリーは、寄宿舎(ギムナジウム)の中で起きた、トーマの自殺と、その遺言書を受け取ったユーリ、そしてトーマに生き写しの転校生、エリックの織りなす、観念的な罪と愛、そして赦しの物語です。
「観念的な」と書いたのは、同じ少年愛をテーマにした竹宮恵子さんの「風と木の詩」が、完全に「性愛と生活」を描いていたのに対し、「トーマの心臓」における少年愛は、精神的なものだったからです。

このことから、後に「トーマの心臓」のパロディギャグ漫画を描いたしりあがり寿さんのように、「萩尾望都は好きだが、竹宮恵子は下品だから嫌いだ」と語る男性クリエイターが多かったように記憶しています。
ただ下品と言われた竹宮さんも、パロギャクを描かれた萩尾さんも、しりあがり寿さんを作家として上品か下品かで云々してはいなかったように記憶していますが。
ただその後にしりあがりさんは「真夜中の弥次さん、喜多さん」という男色関係の二人の旅を描いた弥次喜多道中の漫画を描いているので、「男色を描く女の作家に対しては、当事者の男である作家は物申す資格がある」という思いがあったのかもしれません。

それはともかく、なんだかんだ言って女性が少年愛を描くということは、ある種自分たち少女が女に成長する過程での、ジェンダーがあやふやな思春期の心情を仮託するのに「使った」とも言えるし、多少なりとも「興味本位」の部分もあったのではないかと思います。
それこそ、当事者ではない人間が、当事者たちの苦しみを描くことに対しては。

そして、当時流行ったギムナジウム少年愛もののモチーフになったと言われているのが、ジャン・ドラノワ監督の60年代のフランス映画「寄宿舎〜悲しみの天使〜」です。



20世紀初頭、カソリックの寄宿学校に転入してきた侯爵家の嫡男ジョルジュは、下級生の美少年、アレクサンドルに友情以上の感情を抱いてしまいます。
ひとけのない温室で逢瀬を重ねる二人。
しかしそのうちに、そんな二人の関係を教師である神父たちは怪しむようになり…。



結果的にアレクサンドルは、帰省中の列車から飛び降り自殺してしまいます…。
ジョルジュへの愛を貫くために…。

しかしその後、ジョルジュはどうやって自分の気持ちに折り合いをつけたらいいのか…。

「悲嘆」だけで終わったしまったジョルジュの後日談を、彼の罪と愛と精神的な救いを、萩尾望都さんは自分の作品で創ろうとしたのかもしれません。


コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加