はるみのちょっとTea-time

日々の暮らしのなかで感じたこと、市民運動のことなどわたしのことばで、つづります。

「オマーン港をなんと読む?」 PartⅡ

2017-05-14 | 日々の暮らし

「関西人の正体」井上章一さんの

朝日文庫版へのあとがきに、

嘉門達夫氏が「オマーン港」を自分の曲に

とりいれたい、つかわせてくれないか・・・

とオファーがあったというくだりがある。

 

さすが、嘉門達夫! ええとこ目ぇつけるわ!

で、「オマーン港」をとりいれた曲が出ていないか

検索した・・・

(じぶんでも、アホやなぁ、ヒマやなぁと思いつつ)

まだ「オマーン港」の曲は出ていないようだ。

 

嘉門達夫といえばなんといっても替え歌だ。

「おまんた囃子」(三波春夫の知ってる?)で

「オマーン港囃子」・・・

オマーン港~ソレソレソレソレ・・・

あ~・・・頭の中は、「オマーン港」一色!

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時には母のない子のように | トップ | 5月14日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々の暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。