はるみのちょっとTea-time

日々の暮らしのなかで感じたこと、市民運動のことなどわたしのことばで、つづります。

新制度に移行した核燃料税・福井県の取り分60%

2016-11-11 | 脱原発

    タグ付き「せいこがに」が・・・

    八新のおでんの種になったそうな。

        こちらがそのタグ

    

        敦賀港って見える?

           

さて、福井県が原発事業者から徴収し、

10日から新制度に移行した核燃料税については、

県と原発の立地・周辺の県内8市町の

配分割合を従来通りの「県60%、市町40%」にするという。

 

また、全国に先駆けて導入する

廃炉原発に対する課税の市町分は、

廃炉原発のある敦賀と美浜のみに配分する。

 

そもそも原発事業者から徴収するってことは、

国民の払う電気料金に上乗せして電力会社が

国民から徴収しているってことになる。

で、だれが一番もうかるのか・・・

そう! 

60%も上前はねてる福井県である。

核燃料税だけではない。

国からの三法交付金だって60%、

ちゃっかり先取りしてるんだから・・・

 

嶺北にお住いのみなさま・・・知ってましたぁ?

恐竜博物館もエンゼルランドも福井駅前の整備も

み~んな、県がピンハネしてきた財源で賄われてるってことを!

 

そやし嶺南のこと、

「のくといの~」

「じぇん(銭)もろて、ええの~」

って言わんといてね。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わたしゃ凸凹・・・ | トップ | 11月11日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

脱原発」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。