はるみのちょっとTea-time

日々の暮らしのなかで感じたこと、市民運動のことなどわたしのことばで、つづります。

なんで「子どもの日」は、5月5日なのか?

2017-05-05 | ジェンダー関連

「子どもの日」がくるたび、思い出す。

 

なんで「子どもの日」は、5月5日なのか?

端午の節句は男の子の祭りやろ・・・

 

女の子の節句のひな祭りは、なんで「子どもの日」に

ならんかったのか?

 

いったい誰が、「子どもの日」をつくったのか?

 

どうせなら3月3日と5月5日のあいだを取って

4月4日にすればいいのに・・・

と、先生に必死になって訴えたけれど、

日本の国で決めたことだから・・・

で、済まされてしまったのである。

 

たしか、小学校の1年生のときだった。

 

このころから、わたしは余計なことは言わない子どもになった。

表面上は、とってもいい子になった。

通知簿にも「温厚な性格」と書かれた。

 

まわりの大人たちや、学校、社会に対する不信感を

こっそり誰にも知られないように育てていたのだ。

 

やっぱり子どものころから、いやぁな性格だったんだね・・・

こんなわたしに誰がした!

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古代文字の不思議ワールド ... | トップ | 5月5日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ジェンダー関連」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。