はるみのちょっとTea-time

日々の暮らしのなかで感じたこと、市民運動のことなどわたしのことばで、つづります。

月に魅入られた秋・・・

2016-10-15 | 読書ナリー

今夜も月に付き合う・・・

    

もひとつ、月・・・

           

昔、中原中也が好き・・・という人がいた。

わたしは、寺山修司が好き・・・といった。

たりのあいだには、何もおこらなかった。

手の好きな詩人のことを、知ろうともしなかったから・・・

 

それでも

汚れちまった悲しみに・・・の詩を目にするたびに

その人のことを、唐突に思い出す。

 

「月蟲」をなぜか、買ってしまった。

作者は、敦賀出身の内池久貴さんである。

の帯に

『月(おんな)と蟲(ランボオ)に憑かれた詩人、

中原中也は生涯、一人の女を愛して、唄った。』

とある。

 

月に魅入られた秋・・・である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月14日(金)のつぶやき | トップ | 10月15日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。