はるみのちょっとTea-time

日々の暮らしのなかで感じたこと、市民運動のことなどわたしのことばで、つづります。

おとめ座のわたし

2016-12-13 | 医療と健康関連

左右交互に、足を運べるようになったとはいえ、

身体がかたむいた状態で、歩行を続けていると

ひざや腰に負担がかかるのである。

 

そこで、両足に均等に体重をかけ歩行するには

どうしたらいいのか? をいろいろと試してみた。

 

あ~・・・なんと!

ついに一番楽な姿勢で、しかもかなりのスピードで

歩行できる形を体得したのである。

 

両足を肩幅ぐらいに開き、

加えてつま先を120度ほどに開くのである。

ひざを少しまげて、歩幅は15センチぐらいで歩くのだ。

そのとき、腰の位置は一定に保つのである。

部屋の中で試してみたところ、すこぶる楽チン・・・

 

しかし、しかし・・・

いわゆるガニマタであることに、ふと気づいた・・・

いくら、世にはばかるわたしといえども、

外を歩くとき、他人さまがいる場所では

この歩行を試す度胸はない。

 

おとめ座に生まれついたわたしのなかの、

わずかに残る乙女心がそれを許さないのである・・・

 

せっかくの試行錯誤も、徒労であったのか・・・

でもね、明日、市役所の中をすごいスピードで

ガニマタ走行する美女がいたら、

それはわたしかもしれない・・・

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 看護師さんがおどろくほどの... | トップ | 12月13日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療と健康関連」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。