アラクレ魂厩舎、いざダービーへ!

ブライトエンブレム、レッドアヴァンセ、ラヴィエベール、レッドレイヴン、アルジャンテ等の一口愛馬情報をお届けします。

クライムメジャー、次走はNZT!

2017-03-06 16:38:39 | クライムメジャー
ひやひやながら2勝目をあげてくれたクライムメジャーの次走予定がでました!


3/5(日)阪神7R 3歳500万下〔芝1,400m・9頭〕優勝[1人気]

煽り気味にゲートを出ると、促しつつ2番手辺りを追走、内目から徐々に進出を開始し、勝負どころでは追い出しに時間が掛かったものの、上手く抜け出して脚を伸ばすと、ゴール手前できっちり差し切り、圧倒的な人気に応えてオープン入りを果たしています。

M.デムーロ騎手「池江調教師からじっくり脚を溜めて追走するように指示が出ていましたが、ここは絶対に勝たないといけないところでしたから、ある程度強気の競馬をしようと思っていました。ゲートの出がもう一つだったので、促しながら好位に取り付けていきましたが、位置を取りに行ってもムキにならずに我慢してくれましたから、だいぶレースを覚えてきたように思いました。直線でもっと楽に交わして行きたかったのですが、なかなか前が開かなかったので少し焦ったものの、この馬の能力を信じていたので、スペースができるのを待ちました。抜け出してからは期待通り末脚を活かして、着差以上に強い内容でしたね。今回の感じなら、マイルまで対応できると思いますし、これまで戦った相手を考えても、十分上のクラスで良い競馬をしてくれると思いますよ」

池江泰寿調教師「最後の直線はどうなるかと思いましたが、ジョッキーが焦らずに乗ってくれたこともあって、見事期待に応えてくれましたね。馬体重はプラス12㎏でしたが、決して太目ではなく、馬体に幅が出てとても逞しい馬体に成長してくれました。中団で脚を溜めて末脚を伸ばすように指示を出していましたが、ジョッキーの判断で好位に取り付ける形になってしまいました。位置を取りに行った割には、これまでの中ではだいぶムキになるところもなく、折り合いもこの馬なりに収まっていました。ただ、上のクラスに行くと、同じような競馬では通用しなくなりますから、もう少しレース経験は必要かもしれません。これまでの競馬を見ても分かるようにポテンシャルの高い馬ですから、次走に向けてしっかり修正していきたいと思います。普段は大人しい馬ですが、競馬に向かうと徐々に気持ちが入ってくるタイプですから、そのまま厩舎で調整して次走に臨むより、短期放牧を挟む方がいい状態でレースに臨めると思うので、1,2週間ほど放牧へ出そうと思います。状態が変わりなければ、4月8日の中山・ニージーランドトロフィーを本線として進めていこうと考えています」


短期放牧でリフレッシュさせてNZTが本線ですね!

阪神牝馬Sの日なので、あとはデムーロ騎手が中山にきてくれるかどうか。

ここまで4戦ともデムーロ騎手なので替わってほしくないよなぁ。

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 凹み中 | トップ | グローサーザール、出走回避 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

クライムメジャー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL