田中悟の片道旅団

関西で活動する舞台俳優 田中悟のブログです。

トークイベント、ちょっと追加で

2015年09月28日 | 日記
有栖川有栖さん原作ミステリーイベント『???』の余韻も徐々におさまりつつあります。

今日はトークイベントでは話せなかった個人的な思いを、
気ままに綴りながら気持ちや脳の整理をしようかと思います。

話せなかったと言っても、
話してはいけない理由があったり、言うに言われぬ思いがあったりした訳でなく、
単純に時間の問題だったり、そんな感じなので、
内容はトークイベントの延長みたいになりますけど、
良かったらお読みください(^-^)



【アリスを演じるにあたって】

去年のトークショーでもお話しましたが、
何はともあれ作家アリスを演じるなんて・・・大大大プレッシャーです(^^;

既に原作ファンの皆さんが全国にたくさんいらして、
P・T企画さんの火村シリーズにもご常連さんがいらして、
そんな中、途中から「アリスでーす」って僕が登場する訳ですから、
そのプレッシャーは凄かったです。
(※僕は名作選・火村シリーズ5作目『ブラジル蝶の謎』よりアリス役で出演しています)

でも役者としては敵前逃亡なんて有り得ないので、
やると決まれば一直線でしたけどね。
「ミステリー名作選のお客様をがっかりさせない。
そのために出来ることは全部する!」
と覚悟を決めました。

まずは役作りのために原作を読み漁ったのですが・・・
僕にはすぐにアリスの姿が掴めませんでした。
物語の語り手であるアリスの視界には、当然ですがアリスがいない。
アリスは主に火村を見て、火村を語っている訳ですからね。

しかし原作ファンの脳裏には、
アリスという人間像がちゃんと確立されている。

「役作りにひとつの正解はないけど、間違いはたくさんある」

と、去年のトークイベンで言ったのは大澤くん。
まさにその通り。
大きく間違ったアリスを登場させたら、
やっぱりお客さんはがっかりすると思うんです。

見た目のイメージとか、髪型とか、衣装とか、
PT企画さんとたくさんディスカッションしましたし、
アリスの人間像、その役作りに関しては演出のめぐさんに相当相談もしました。

でも、結局は雲を掴むがごとく。
散々考え抜いた結果、僕が名作選でアリスを演じるなら、こないになりますねん…
というアリスが皆様の前に登場したのでした。

今もまだ僕にとってアリスは空気のような存在です。
掴みどころがあるようなないような。
ただひとつ僕なりに拘っていることがあるとしたら、
僕にとってのアリスは…“強い人”だってこと。
強いと言っても彼は決してストロングじゃない。
むしろ誰にも勝てないし、誰にも勝たない。
でも負けないのである。
勝たないけど負けない。
何があってもへこたれないのである。
そういう意味においてアリスはとても強い人なんだと思います。
そして優しくて、ちょっとアイロニックで面白い。

事件がひとつ解決するたびに彼は涼しい風になって、
殺伐とした世界に最低限度の柔らかさを齎すのである。

でも、本人はそれを自覚していない。

それがアリスのいいところなんだと僕は思っています。



※トークイベントのひとこま。P・T企画さんのブログより。


【ミステリー名作選を演じるにあたって】

これがもし映像作品だったら、
これがもし通常の演劇作品だったら、
僕の演技も役作りもまったく違ったものになっていたと思います。

重要なのは、
ミステリー名作選が観客参加型のミステリーイベントであるということ。
お客様は演劇鑑賞のためだけにお越しになられているのではなく、
推理をするためにイベントに参加されている訳ですね。

名作選においてアリスが担う役割は、
参加者の皆さんと一緒に謎解きに取り組むこと。
イベントの『進行役』と言ってもいいかも知れません。

わりと大きな会場で一度に沢山の皆様とご一緒することが多いので、
必然的に声も大きくなりますし、身振り手振りも大きくなります。
あっちこっちに走り回ったりもします。
僕が読者の立場で原作を読む限りでは…田中のアリスはちょっと元気過ぎるかも(^^;
もうちょっと肩の力を抜いて飄々とした人物像を表現したい気持ちもあるのですが、
推理イベントを進行させていくには、
それなりのエネルギーが必要不可欠ですね。
ミステリー名作選でアリスを演じるのは体力勝負だと思っています。

それと参加者と名探偵火村を繋ぐパイプ役になるのも、
アリスの大切な役割だと感じています。
アリスが火村に質問をする時、それはお客様の代弁だし、
火村の説明をアリスが復唱する時、それはお客様への説明となります。
なので分かりやすく、はっきりと全ての台詞を口にする必要がありますね。

あと、アリスは名作選におけるドラマ部門の担当でもあると僕は思っています。

本格ミステリーとはなんぞや?というお話云々はさておき、
台本に少しでもヒューマンな要素がある限り、
僕は役者として登場人物の「心情」をユニークに表現したいのです。
アリスはとても人間味溢れるキャラクターですからね。

ただちょっと僕のアリスは笑いの要素が多すぎるかも知れませんね(^^;
これは田中悟の出自が喜劇にあるからだと思われますので、
どうか皆様にはお付き合いを願いたいところでございます。



※『幻坂』に先生のサインを頂きました(^-^)

正直なところ僕は推理がとても苦手です。
ロジカルな思考の持ち主ではなく論より感情を優先する性格ですから。
普段から根拠なき閃きを頼りに生きています。
そんな僕がミステリーイベントに長く関わっているのも、思えば不思議なご縁ですね。

有栖川作品に出会えたことは大きな大きな幸せです。

公演が終了してあらためて原作を読み直しました。
本格ミステリーにミステリー以外の付加価値を抱くことが許されるなら、
僕は有栖川作品に漂う人間味を何よりも愛したい。
そして登場人物達の心の揺れに同調しながら、
これからも可能な限りアリスを演じ続けたいです。

長くなりました。
まだまだ語り尽くせませんが…今日はここまで。
最後までお読み頂き有難うございます。


ではまた火村のフィールルドワークでお会いしましょう☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火村シリーズ『????』6日目 千秋楽

2015年09月26日 | 日記
有栖川有栖さん原作ミステリーイベント『???』を振り返る。

公演が終わり3日が経ちました。
今回はかなり体力を消耗しましたが・・・そろそろ元気になりつつあります。

ゆっくり余韻を楽しみつつ公演を振り返りたいです(^-^)


※公演中は天候に恵まれて有り難かったです♪

今回も名探偵火村の仕事量は多かったですね。
アリスは・・・運動量が多かった(^^;

でもそのへんの演技プランのほとんどは自分で考えてますから、
結局は自分で仕向けてるんですけどね。
あと運動量だけじゃなくエネルギー量も多かった。
アリスとしては題材が題材なだけに、
自然と熱を帯びてくるんですけどね。

という訳で体力勝負な面もあり、
公演期間中(2日目から)は毎朝6時半に起きて身体を起こしてから、
9時に会場入りして10時過ぎまでストレッチとアップをして、
そのまま11時に開演というルーチンを守りました。

大澤くんと野村だいちゃんとも、
毎朝解答編の通し稽古をしてから11時のステージに臨みましたよ。

殺陣やダンスがある訳じゃないけど、
やっぱり演劇って身体を使ってなんぼの世界ですね。
まだまだ鍛え上げていきたいです!!




※2010年初アリスの時も同じ楽屋で同じような写真を撮りました。やっぱり顔つきも変わりますね。田中悟


今回は急遽代役で竹ちゃんが登場したり、
色々ハプニングもありましたが、
何があっても幕は開きます。
皆の力でひとつの公演をやり遂げることが出来ました!

何より、会場まで足をお運び頂く皆様のご支援があってのお芝居です。
ネット上でもたくさん応援を頂き感謝しております。


次は火村のフィールドワークでしょうか?
これからも皆さんと事件の謎を解いていきたいです。

また楽しいひと時をご一緒しましょう☆


有難うございました!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火村シリーズ『????』5日目

2015年09月25日 | 日記
有栖川有栖さん原作ミステリーイベント『???』無事に全日程が終了致しました!
ご来場頂きました皆様、有難うございましたm(_ _)m

公演中もブログ更新・・・と思っていたのですが、
さすがに後半は疲れもたまり、今からゆっくりと振り返ってみたいです。


この日の15時の部には有栖川先生をお迎えにしてトークイベントも開催されました。

トークって楽しいです。
ぐだぐだになってしまいますが(^^;とにかく楽しかったです。
あ、この日のトークイベントは結構まとまりがあったかも?
出演者も有栖川先生の話が聞きたいから、
比較的に大人しくなるのでした。
(役者だけのトークイベントはボケ合戦ですが・・・)



出演者の特権?
有栖川先生にサインを頂きました。


※先生、お疲れのところすみません!楽屋でもサイン会が。

僕は持参した『幻坂』にサインをして頂きました。
火村シリーズも勿論好きなのですが、
『幻坂』が大好きなんです。
近々また七坂に行こうかな。ゆっくり小説を読む時間も欲しいところです。


この日は11時と15時のステージの間に資料用の舞台写真撮影もありました。







1日があっと言う間。
たくさん笑って、たくさん演じて、幸せな日々でした。

この日は有栖川先生とプチ打ち上げも開催され、
色んなお話が聞けて嬉しかったです。

トークイベントでお話したこと、
有栖川先生からお聞きしたこと、
そしてアリスを演じながら日々感じること、思うこと。

また後日ブログに書けたらな~と思います☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火村シリーズ『????』4日目

2015年09月21日 | 日記
今日は有栖川有栖さん原作ミステリーイベント『???』の4日目でした(^-^)

疲れが蓄積しているはずなのに、
なぜか昨夜はぐっすり眠れず0時頃に就寝して2時頃目が覚めて、
4~7時頃までまた眠るという変なリズムで1日が始まりました(^^;

それでも朝から妙に元気で、
定刻より30分早く会場入りして、
ウォーミングアップで一汗かいてからの本番2本とトークイベントに臨みました。
なんだこの中年パワーは?


さて、

今日は中学時代の同級生が観に来てくれました♪
会うのは20数年ぶりかな?
懐かしかったし、何とも言えぬ嬉しさがありました。
ちょっと照れなくもないですけどね(^^;

中学生の頃の自分を振り返ると、
まさか大人になって役者になるなんて想像もつきませんから、
なんだか不思議な気分です。


※並んで写真に写るとなんだかタイムスリップした気分です。

こうして旧友に観てもらえる日が来るとは…。
お芝居続けてきて本当に良かったです。



そして今日は役者によるトークイベントもありましたよ!

終始楽しく盛り上がり、とても有り難かったです♪


※P・T企画さんのfacebookよりコピーさせて頂きました。

トークイベントではお話をするだけでなく、
あれこれプレゼントなんかもご用意させて頂いているのですが、
皆様にもお喜び頂けたようで僕らも嬉しく思っています。

本当にお客様に支えられてここまで来れたんだなと実感しました。
楽屋にもたくさん差し入れを頂き感謝しております。

喜んで頂くために、
楽しんで頂くために、
自分達に何が出来るだろうか?
そんなことを考えて実行に移す人生の、
いかに素晴らしいことか。

幸せです。有難うございます(^-^)


明日も2ステージ。

そして有栖川さんをお招きしてもトークイベントもあります♪



素敵なひと時をご一緒しましょう☆






ミステリー名作選Vol.35 有栖川有栖原作 火村英生シリーズVol.7
『????』

【日程】9/18(金)~23(祝水)
【料金】通常料金:前売2800円 当日3000円 ※トークイベント付き公演:前売4000円 当日4200円
【会場】大阪木材会館 地図
【お問い合わせ】P・T企画 http://pt-kikaku.com/index.htm
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火村シリーズ『????』3日目

2015年09月20日 | 日記
今日は有栖川有栖さん原作ミステリーイベント『???』の3日目でした(^-^)


※木材会館の裏。ここから見上げる空が好きです。

3日目。

さすがに疲れも出て来ますが…やけに元気な今公演。

1本目のステージが11時なので、
6時頃には起床して身体や喉を起こして芝居に臨んでます。
夜は19時頃には会場を出られますし、
とても健康的なタイムテーブルですね。

今日の15時のステージのあとは出演者によるト-クイベントがありました。
いや~楽しかったです♪

なかなか芝居以外でお客様の前に出る機会はありませんし、
舞台裏の話や、役に対する気持ちや考え、ミステリーに対する思いなど、
それぞれにお話させて頂きました。

役者なんて生き物は公演中になると、
演技や芝居のことで頭も気持ちも身体もいっぱいいっぱいになります。

それでも人間ですから、
絶えず色んなことを思い、
色んなことに心を揺らし、
色んなことを感じながら生きています。

なかなか全てを言葉にして伝えることが出来ず、
ただ黙々とお芝居を通じてお客様と心を通わせることが出来たら、
普段はそれで本望だったりします。

なので、

ひとたび語り出すと止まらない止まらない。
(このメンバーの場合はほとんどが爆笑トークでしたけど(^^;)


明日も同じ。


思いっきりお芝居を頑張ります。
そしてトークイベントも思いっきり楽しみたいです(^-^)


21日、2ステージともまだ当日券があるそうです!
是非、ご来場下さいませ☆


現場【フィールド】にてお会いしましょう☆






ミステリー名作選Vol.35 有栖川有栖原作 火村英生シリーズVol.7
『????』

【日程】9/18(金)~23(祝水)
【料金】通常料金:前売2800円 当日3000円 ※トークイベント付き公演:前売4000円 当日4200円
【会場】大阪木材会館 地図
【お問い合わせ】P・T企画 http://pt-kikaku.com/index.htm
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火村シリーズ『????』2日目

2015年09月19日 | 日記
今日は有栖川有栖さん原作ミステリーイベント『???』の2日目でした(^-^)

地下鉄も間違えず、降りる駅も間違えずに無事に会場入り出来ましたよ!


※地下鉄西長堀駅①号出口を上がり、


※そのまま真直ぐ。信号をひとつ渡り暫く歩くと左手に木材会館があります。


今日から11:00と15:00の1日2ステとなります。

本日はどちらのステージも多数ご来場頂きまして、
出演者・スタッフ一同感謝しておりますm(_ _)m
15時の部終了後は原作者である有栖川有栖さんのトークイベントもあり、
大盛況でした。

有栖川さんのファンサービスって本当に凄いです。
本当~~~に、凄いんです。
一緒にトークイベントに出させて頂いてる僕らまでもが感動しちゃいますから。
22日の回にご予約の皆様、どうぞお楽しみに♪

それ以外の全てのステージにも、
今回は色々と仕掛けが用意されています。

何があるのか?

それは前もってお伝えで出来ません。
これはミステリーイベントですからね!

まだまだ予約受付中です。
我こそは思われる名探偵様は、
下記のお問い合わせ先より残席情報をご確認の上、是非ご予約くださいませ(^-^)




明日も頑張ります☆






ミステリー名作選Vol.35 有栖川有栖原作 火村英生シリーズVol.7
『????』

【日程】9/18(金)~23(祝水)
【料金】通常料金:前売2800円 当日3000円 ※トークイベント付き公演:前売4000円 当日4200円
【会場】大阪木材会館 地図
【お問い合わせ】P・T企画 http://pt-kikaku.com/index.htm
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火村シリーズ『????』初日

2015年09月18日 | 日記
今日は有栖川有栖さん原作ミステリーイベント『???』の初日でした。

朝6時起床で昨夜の『第三木曜部』の余韻を消化して、
午後からの小屋入りとなりましたが、

…やっちまいました。

まさかの地下鉄乗り間違え!!
なんと、かつおの遊び場に行くルートを無意識にチョイスしてました。
恐るべし『第三木曜部』。

でも地下鉄なんてどのルートを使っても,
ある程度の範囲なら行きたい駅に行けるんですけどね(^^;
ささっと乗り換えてルート変更しましたのですが、

…またやっちまいました。

せっかく乗り換えたのに、
なんとひと駅手前で降りてしまいまったのでした。

正しい最寄り駅前は『西長堀』。
なのに『西大橋』で下車。
駅のホームに降りたつと隣の車両から見慣れた長身の影が…

山本直匡くんでした(笑)。

二人ともホームでキョロキョロ。
「この駅で良かったっけ?」
という顔で。

実はこの二人、2年前のエラリー・クィーンの初日の朝にも、
同じく『西長堀』と間違えて『西大橋』で下車。
今日、偶然にもまったく同じことをしでかしてしまったのでした。

正しい最寄駅は『西長堀』です!!
詳しい情報は直匡くんのブログに鮮明に書かれておりますので、是非ご覧下さい!!


あ、でも『西大橋』からもそんなに遠くありませんよ。
万が一間違っても慌てることなく地上を歩いてお越し下さいませ。


という訳で、

『西大橋』も間違って降りてしまった直匡くんのレポートをご覧下さいませ。



ちゃんと定刻までに小屋入り出来た二人でした♪
明日は間違えずに来るぞ!!



さて肝心のミステリーイベントですが、
多数の名探偵様にご来場頂き、無事に初日の幕が上がりました(^-^)
出演者・スタッフ一同心よりお礼申し上げますm(_ _)m

明日からは暫く1日2ステージが続きます。
午後の部にはトークイベントも♪


皆様のご来場、お待ちしております☆




ミステリー名作選Vol.35 有栖川有栖原作 火村英生シリーズVol.7
『????』

【日程】9/18(金)~23(祝水)
【料金】通常料金:前売2800円 当日3000円 ※トークイベント付き公演:前売4000円 当日4200円
【会場】大阪木材会館 地図
【お問い合わせ】P・T企画 http://pt-kikaku.com/index.htm
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『第三木曜部』#9(その2)

2015年09月18日 | 第三木曜部
今日はミステリー名作選 火村シリーズ『????』の初日なのですが、
9月『第三木曜部』の翌日でもあり…

只今、脳内整理を頑張っています。
「気持ちを切り替えるためにも、昨日の余韻をちゃんと消化したい!」
なんて思う訳です。



自分の弾き語りについて。


【8/20のセットリスト】
1 ビードロ
2 ラブ
3 田園(カバー)
4 君のそばに


新曲の「ビードロ」歌いました。
この歌は自分としては新境地なんです。
長年追いかけていた理想に1歩近づくことが出来たような…
そんな手応えを感じる曲です。
心境地とは言っても曲調や歌詞の内容とかコードの雰囲気は、
いつもの僕の歌と何も変わりませんけどね。

では何が心境ちなのかと言うと…
僕の歌い方に変化をもたらしてくれそうな曲なんです。

まだまだもっと先になるかも知れませんが、
この歌によって自分のボーカルスタイルが変わるんじゃないかな?
それもかなり理想的なスタイルに到達出来るんじゃないかな?
という予感がするんです。
そしてそのことにより、
今までの歌に対するボーカルのアプローチにも変化が出るのでは?
なんて期待もあります。


ただ、実際に昨日初めてライブで歌って、
「まだまだ理想には遠いな…」
というのが正直な手応えでした。
「自分の理想が必ずしも自分にとって正しい訳じゃない…そこに落とし穴がある可能性もあるぞ」
なんて自分に苦言を呈したりもして。
これは芝居の世界で生きて来た経験から来る警鐘ですね。
でも、
それでもやっぱり理想に突き進んでこそなんですよね。
とにかく今までの歌も、新しい歌も、徹底的に歌い込んでいきたいです。

精神状態にもまだまだムラがあるので、
歌うことに対するメンタルを鍛えたいですね。


作詞作曲、ギター、ボーカル、ライブの組み立て、ステージ上のパフォーマンス…
やるべきことはいっぱいです。
ひとつひとつと向き合って、
ひとつひとつに取り組んで行きたいです。

敢えてもうちょっと頑固に…「ビードロ」にて理想を追求したいと思います。


うん、前進するのみです。

ほんとに歌が好きになってきたようです。



頑張ります!




ことぶきつかさ・田中悟の『第三木曜部』

【日時】10月15日(木)19時オープン19時半スタート
【料金】1500円(1ドリンク付き)
【会場】かつおの遊び場 
【出演】ことぶきつかさ 田中悟 ゲスト:亀井澄夫
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『第三木曜部』#9

2015年09月18日 | 第三木曜部
昨日は9回目の『第三木曜部』でした(^-^)

ゲストは久家順平くんと…シークレットゲストのYukkoちゃん。

告知では『ゲスト:久家順平』という表記で、
本番でもまずは久家くんが単独で登場し、
本編中に突然客席からYukkoちゃんがステージに現われて歌いだす…という演出でした。
なるほど!


※リハーサル風景。リハから本息のクオリティ!動画をお楽しみに☆


今回ゲストの久家くんとはかなり長い付き合いでして、
初めて会ったのは15年ほど前かな?

昔僕が所属していた事務所の後輩ということになるのですが、
当時は直接面識はなかったんです。
彼と出会ったのは僕がその事務所を退所してから。
何かと不思議な縁があって、
僕が作・演出をしていた舞台に彼が出演したり、
イベントなんかの仕事場で偶然一緒になったり、
何度か朗読会を共同で企画したり。

とは言え、

今回はかなり久しぶりの共演となりました。
同じステージに立ったのは10年ぶりぐらいかも?

この空白期間に彼はたくさんの高いスキルを身につけていたようです。
そのひとつがミュージカル俳優としてのキャリア。
昨日は宗右衛門町の小さなライブハウスのステージで全力のミュージカル。
圧巻でした、色んな意味で。

Yukkoちゃんもきれいな声で、
これがまた何とも良いキャラクターでした。
『第三木曜部』歴代ゲストの平均年齢を彼女一人がグンと下げてもくれましたしね(^-^)
トークは苦手だと本人は言ってましたが、
僕としてはむしろ面白くて、
実際に本番では臨機応変に絡んでくれましたし、
おかげで会場がとても和やかになりました。
ミュージカルを演じている時とのギャップもまた魅力のひとつですね。

そんなこんなで9月『第三木曜部』も無事に終了しました。
とても優しくてきれいな時間でした。
二人に感謝です♪


毎回ゲストの皆さんのお力を借りて『第三木曜部』もここまで続けることが出来ました。
歴代ゲストの皆様に対しても、あらためて感謝の気持ちでいっぱいです。

次回はまた雰囲気がガラリと変わり、
ゲストに日本妖怪研究所 所長 亀井澄夫さんをお迎えしての開催となります。

どうぞお楽しみに☆




ことぶきつかさ・田中悟の『第三木曜部』

【日時】10月15日(木)19時オープン19時半スタート
【料金】1500円(1ドリンク付き)
【会場】かつおの遊び場 
【出演】ことぶきつかさ 田中悟 ゲスト:亀井澄夫
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火村シリーズ『????』リハーサル10

2015年09月17日 | 日記
昨日はミステリー名作選 火村シリーズ『????』の最終リハーサルでした。

1ヶ月10回のリハーサルもこれにて全日程を消化。
でも何かが終わった訳じゃない。
そりゃそうですね、本番はこれから。
むしろまだ何も始まっていませんからね。

今回は大胆にもタイトルを伏せての公演。
勿論、演目は有栖川有栖先生の原作。
「何も聞かんと、この事件の謎を解いてくれ!!」
このキャッチコーピーで、
もしかすると多くの人が原題を予想出来るかも知れませんね。

しかし全ては現場にて明らかになります。

果たしてどのように展開していくのか?

どうぞお楽しみに。


※最終通しリハ。問題編を終え、解答編に入るつかの間のインターバル。


今回はいつもより稽古期間がとても短く感じました。

毎回さっと集まって、さくさくっと稽古して、さささっと散会して。
でも日々クオリティが上がって、
でもぎりぎりまで仕上げずに、
あれこれ試して、ディスカッションして、アイデアを持ち寄って。

火村シリーズ10周年ということもありますが、
今の環境、この人達(今回のキャスト以外の役者さん達も含め)と出会ってお芝居をして、
どれぐらいの年月が経ったのだろうか。

幸せですのひとことにつきます。

そして、

たくさんのお客様に出会えました。

今回も全てのお客様と喜びを分かち合いたいです(^-^)


名探偵の皆さん、お待ちしております☆





ミステリー名作選Vol.35 有栖川有栖原作 火村英生シリーズVol.7
『????』

【日程】9/18(金)~23(祝水)
【料金】通常料金:前売2800円 当日3000円 ※トークイベント付き公演:前売4000円 当日4200円
【会場】大阪木材会館 地図
【お問い合わせ】P・T企画 http://pt-kikaku.com/index.htm
コメント
この記事をはてなブックマークに追加